• 兵庫県臨床心理士会

「こういう時代だから知ろう、災害とメンタルヘルス」第1回

【主催】 誠信書房


【研修会名】 誠信書房オンラインセミナーシリーズ「こういう時代だから知ろう、災害とメンタルヘルス」

【開催日時】 第1回:2022年8月27日(土)13:00~15:00

【会場】 オンライン

【概要】

 このたび、『災害精神医学ハンドブック』(誠信書房)の原著者のお一人であり、監訳者でもある重村淳先生らによるセミナーシリーズをオンラインで開催いたします。2回シリーズですが、各回完結ですので、どちらか1回のみのご参加も可能です。

詳細と申し込みフォームは下記URLからご覧ください。

https://peatix.com/event/3262795

演題1「こういう時代だから知ろう、特殊災害・パンデミック・戦争」重村淳

演題2「ニュース報道が視聴者のメンタルヘルスに及ぼす影響」新井陽子


■第1回は精神科医の重村淳先生と臨床心理士・公認心理師の新井陽子先生にご登壇いただきます。重村先生には、福島第一原発事故・COVID-19、ウクライナ侵攻など、通常の自然災害モデルでは対応できない、複雑なメンタルヘルス支援について、ご解説いただきます。

新井先生には惨事報道に触れることの影響と対応について、臨床的な知見を踏まえてご解説いただきます。


■講師

重村 淳(しげむら・じゅん)

目白大学保健医療学部教授。精神科医師、精神保健指定医。『災害精神医学ハンドブック』監訳者。

新井陽子(あらい・ようこ)

公益社団法人被害者支援都民センター相談員。臨床心理士、公認心理師。『災害精神医学ハンドブック』翻訳者。


最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒