• 兵庫県臨床心理士会

「こういう時代だから知ろう、災害とメンタルヘルス」第2回

【主催】 誠信書房


【研修会名】 誠信書房オンラインセミナーシリーズ「こういう時代だから知ろう、災害とメンタルヘルス」第2回


【開催日時】 第2回:2022年9月28日(水)18:00~20:00

【会場】 オンライン

【概要】

 このたび、『災害精神医学ハンドブック』(誠信書房)の原著者のお一人であり、監訳者でもある重村淳先生らによるセミナーシリーズをオンラインで開催いたします。2回シリーズですが、各回完結ですので、どちらか1回のみのご参加も可能です。

詳細と申し込みフォームは下記URLからご覧ください。

https://peatix.com/event/3296819

演題1「こういう時代だから知ろう、災害での要配慮者:支援者を中心に」重村淳

演題2「災害における子どもの心の理解と支援」細金奈奈


■第2回は精神科医の重村淳先生と細金奈奈先生にご登壇いただきます。重村先生には、災害時の要配慮者、特に支援者のメンタルヘルス上の課題についてご解説いただき、関連するCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)やウクライナ侵攻についてもお話しいただきます。

細金先生は子どものこころ専門医としてご活躍しておられます。本セミナーでは、災害における子どもの反応と支援について、発達段階や環境要因といった欠かせない視点を踏まえたご解説をしていただきます。


■講師 >重村 淳(しげむら・じゅん)

目白大学保健医療学部教授。精神科医師、精神保健指定医。『災害精神医学ハンドブック』監訳者。

細金奈奈(ほそがね・なな)

総合母子保健センター愛育クリニック小児精神保健科副部長。精神科専門医、子どものこころ専門医。『災害精神医学ハンドブック』翻訳者。

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒