top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

「ポリヴェーガル理論から学ぶトラウマケア」

研修主催団体: 心理オフィスK( https://s-office-k.com


■概要

 トラウマ症状やメンタル疾患は、「心の問題」と捉えられることが多いですが、心療内科の現場からみると「体、特に自律神経との付き合い方」という視点があるほうが、回復しやすいと経験上感じています。その視点を得ることに役立つのが「ポリヴェーガル理論」です。ポリ(多重)ヴェーガル(迷走神経)理論は、自律神経と迷走神経の複合理論です。  トラウマ症状の苦しい点のひとつに「思うように動かせない体や、自分の症状が理解できない」が挙げられます。理解できないので、自分の体がさらに嫌いになり対立してしまい、悪循環になるのです。しかし、ポリヴェーガル理論を知っていると「体との付き合い方の地図が手に入った」ように感じるクライアントさんが多いです。

 本セミナーでは、トラウマやメンタル疾患からの回復に役立つようにポリヴェーガル理論をどのように臨床で役立てているか、クライアントさんに役立つ「ソマティックナラティブ(カラダさんの物語)」とは何か、ということを紹介していきます。


■本セミナーで学べること

・ポリヴェーガル理論の基礎知識

・トラウマを含むメンタル疾患とポリヴェーガル理論の関連性

・ポリヴェーガル理論をわかりやすく伝える方法(心理教育)

・ポリヴェーガル理論を日常的に使う方法

・ポリヴェーガル理論と心理療法


■講師 吉里恒昭 先生

 所属:fortune village consultation  資格:臨床心理士、公認心理師、医学博士(臨床薬理学)  臨床現場:心療内科の勤務歴20年(心理療法と集団療法担当)、学生相談(看護学校)、刑務所(薬物離脱プログラム担当)、医学部生(医療コミュニケーション担当)、オンラインセミナー及びスーパーヴィジョン(オンラインでは「吉里心理士」として活動中)

 主に携わっている疾患など:うつ病、依存症(薬物、盗癖、性犯罪など)、発達障害、愛着障害、PTSD、復職支援(リワーク)など  研究テーマ:ソマティックアプローチ(マインドフルネス、ポリヴェーガル理論、パーツ心理学、自律訓練法など)、ブリーフサイコセラピー(社会構成主義)、臨床催眠、交流分析など


■日時 ライブ配信:2022年9月20日(火)18:30~21:30

アーカイブ視聴:2022年9月21日(水)~11月28日(月)


■参加費 3,700円

・振り込み後のキャンセルは可能です。参加費の返金に応じます。

・システムの問題、急用、体調不良などで当日十分に視聴できない時でも返金します。

■オンライン開催  ライブ配信はZoomを用いておこないます。また、セミナーの様子は録画しますので、アーカイブで視聴できます。


■参加資格  臨床心理士、公認心理師、医師、心理職、カウンセラー、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、看護師、保育士、教師などの資格をもつ対人援助の専門家、大学院生など。ポリヴェーガル理論やトラウマケアなどに興味を持っていればどなたでも参加可能です。


■問い合わせ・申し込み 参加希望者は以下の申し込みフォームから必要事項を記入して送信してください。 https://s-office-k.com/professional/seminars/pro-sem-contact


■臨床心理士更新ポイント 臨床心理士の更新のために必要な要件を満たしてないので、ポイントは取得できません。


■申し込み期日

ライブ配信に参加の方:2022年9月15日(木)まで

アーカイブ視聴を希望の方:2022年11月24日(木)まで


■主催 心理オフィスK( https://s-office-k.com )


最新記事

すべて表示

ロールプレイで学ぶ、子供支援のコンサルテーション~必要な情報の聴き取りと、介入プランシートを活用した支援方法~

【セミナータイトル】 ロールプレイで学ぶ、子供支援のコンサルテーション~必要な情報の聴き取りと、介入プランシートを活用した支援方法~ 【概要】 本セミナーでは子供支援における保護者や教師へのコンサルテーションについて、大切な姿勢や聴き取りの流れをロールプレイでご覧頂く事で学んで頂けます。また、コンサルテーションで聞き取った情報を介入プランシートを活用した支援方法の方策の立て方を一緒に練習して頂ける

「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」

神戸学院大学心理臨床カウンセリングセンター主催フォーラムのご案内 テーマ「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」 テーマを「中長期的被災地支援について考える」とし、シンポジストに髙橋紀子先生 (臨床心理士・公認心理師)を迎えます。 髙橋先生は大学勤務を経て、臨床心理士として福島県で被災地支援活動を開始。 南相馬ひきこもり支援センター、非営利団体「桃の駅」を立ち

WISC-Ⅴオンライン研修会~ⅣからⅤの変更ポイントをおさえ、よりよい支援につなげよう~

研修主催団体: NPOフトゥーロ 研修内容: ●S.E.N.S更新2ポイント(Ⅵ 領域)対象研修 ●臨床心理士ポイント申請予定 臨床心理士のポイントについては臨床心理士教育・研修委員会規程別項 第2条(4)、およびオンライン研修にかかる運営要項(ガイドライン)に則って申請予定です。 *ただし、2024年6月現在、本オンライン研修が臨床心理士ポイント付与の要件を満たすかは明確ではないことをご了解いた

Comentários


bottom of page