top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

「子どもとその親に初回面接で何を聞くか」研修会

【研修概要】  

クライエントと初めてお会いするのは「初回面接」がほとんどだと思います。子どもとの面接の場合、もしくは子どものことで対応に困っている保護者との面接の場合、どういった内容をどれぐらいの時間配分で聞いていくかは難しいのではないかと思います。特に、子どもは「困っていない」場合も多く、主訴について何も話してくれないこともあります。  

そこで、本研修会では、限られた時間の中で、何を聞き、どうアセスメントするか、そして継続面接(2回目以降の面接)にどのようにつなげていくか、についてお話したいと思います。興味のある方は、ぜひご参加ください。


【日程】  2023年6月3日(土)20:00~22:30


【講師】  重野 桂(臨床心理士・公認心理師:びわこカウセリングオフィス)  

2022年3月まで児童精神科の心理士として、発達障害児支援や子どものトラウマケア、親のトラウマケア、乳幼児の早期療育などを専門に勤務。2022年4月に滋賀県にてオフィスを開業。子どもの発達支援、トラウマケア、心理職支援の3つをテーマにしている。


【会場】  オンラインシステムZoom


【定員】  30名程度


【対象】  臨床心理士、公認心理師(資格取得見込み含)、 その他対人援助職の方で臨床経験が10年未満の方、  心理学専攻の大学生、臨床心理士指定大学院の方


【参加費】  4000円


【申込期間】  4月6日(木)~6月1日(木)



【問い合わせ先】 びわこカウンセリングオフィス(fika.kokoro@gmail.com)

最新記事

すべて表示

【認知行動療法実践者養成研修2024③】デモンストレーションで学ぶ、セルフ・コンパッションの臨床実践

【認知行動療法実践者養成研修2024③】デモンストレーションで学ぶ、セルフ・コンパッションの臨床実践 【内容】 セルフ・コンパッションをご存知ですか? 「自分自身に思いやりを向けること」を意味し、CFT(コンパッション・フォーカスト・セラピー)で用いられている手法です。うつ病、不安症、PTSD、双極性障害など幅広く効果が実証されています。 本セミナーではCFTの創始者であるポール・ギルバート博士か

Comentarios


bottom of page