• 兵庫県臨床心理士会

「学校現場で精神分析的観点を生かすためのスクールカウンセラー向けワークディスカッション・グループ」の案内

「学校現場で精神分析的観点を生かすためのスクールカウンセラー向けワークディスカッション・グループ」の案内

この度、学校現場の中で精神分析的観点を生かしていくための共に学び合う場として、スクールカウンセラーを対象としたワークディスカッション・グループを立ち上げます。ご興味、ご関心のある方、一緒に学びたい方、是非ご参加ください。

4月から始動するグループとなっておりますので、3月中お早目にお申し込みください!

ワークディスカッションとは臨床家が自らの心を用いて観察し考える力を育むための方法です。

・観察者は自らの臨床場面における心を使った詳細な観察記録を作成する。

・その場で生じている相互作用や情動経験についてグループ内で討議する。

・参加者は知的な理解や答えを見つけるのではなく、心を用いて内省する。

■募集内容・スケジュール

■対象:スクールカウンセラー

※精神分析的な観点を生かした学校臨床に関心がある方

■定員:10名

■日程:2022年4月より、第2水曜日(8・2月休み)[全10回]

■時間:19時30分~21時30分

■料金:全10回35,000円(1回3,500円)※分割払い可

■開催方法:Zoomによるオンライン開催

■内容:【前半30分】指定文献についてのフリーディスカッション

【後半90分】臨床素材のワークディスカッション

※指定文献については、参加者が確定しましたら別途お知らせします。

■申込方法・支払方法

以下のURLより、お申込みください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeUDR62Mq--HB8RqgRsvxp_daT-LnlhuTO97LxOnKaBbbI6Kg/viewform

グループリーダーより参加の可否についてメールでご連絡致します。

※料金の支払い方法については別途お知らせ致します。

■グループリーダーの紹介

小笠原 貴史(おがさはら たかふみ)

臨床心理士、公認心理師、サポチル認定子どもの精神分析的心理療法士。

現在、こうぬま心理相談室、および公立小学校スクールカウンセラー。

共編著『子どもの精神分析的セラピストになること』金剛出版。

■お問い合わせ先:tkfm.ogasahara@live.jp

■募集案内PDF: https://drive.google.com/file/d/1AxOrYiaw7ipV_wJMncxCEQjtIxfJY9LM/view?usp=sharing

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒