top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

「学校現場で精神分析的観点を生かすためのスクールカウンセラー向けワークディスカッション・グループ」の案内

「学校現場で精神分析的観点を生かすためのスクールカウンセラー向けワークディスカッション・グループ」の案内

この度、学校現場の中で精神分析的観点を生かしていくための共に学び合う場として、スクールカウンセラーを対象としたワークディスカッション・グループを立ち上げます。ご興味、ご関心のある方、一緒に学びたい方、是非ご参加ください。

4月から始動するグループとなっておりますので、3月中お早目にお申し込みください!

ワークディスカッションとは臨床家が自らの心を用いて観察し考える力を育むための方法です。

・観察者は自らの臨床場面における心を使った詳細な観察記録を作成する。

・その場で生じている相互作用や情動経験についてグループ内で討議する。

・参加者は知的な理解や答えを見つけるのではなく、心を用いて内省する。

■募集内容・スケジュール

■対象:スクールカウンセラー

※精神分析的な観点を生かした学校臨床に関心がある方

■定員:10名

■日程:2022年4月より、第2水曜日(8・2月休み)[全10回]

■時間:19時30分~21時30分

■料金:全10回35,000円(1回3,500円)※分割払い可

■開催方法:Zoomによるオンライン開催

■内容:【前半30分】指定文献についてのフリーディスカッション

【後半90分】臨床素材のワークディスカッション

※指定文献については、参加者が確定しましたら別途お知らせします。

■申込方法・支払方法

以下のURLより、お申込みください。

グループリーダーより参加の可否についてメールでご連絡致します。

※料金の支払い方法については別途お知らせ致します。

■グループリーダーの紹介

小笠原 貴史(おがさはら たかふみ)

臨床心理士、公認心理師、サポチル認定子どもの精神分析的心理療法士。

現在、こうぬま心理相談室、および公立小学校スクールカウンセラー。

共編著『子どもの精神分析的セラピストになること』金剛出版。

■お問い合わせ先:tkfm.ogasahara@live.jp

最新記事

すべて表示

【対面開催】ワークと事例で学ぶ カウンセリングの見立てと方針

研修主催団体: 株式会社創元社 研修内容: 【概要】 カウンセリングにあたって、見立てと方針を立てることは簡単ではない。 そんな心理職の方々のために、実践的なワークと、具体的な事例のグループ検討を通じて、カウンセリングにおける「見立て」と「方針」を適切に身につけるためのセミナーを開催します。 登壇されるのは、ロングセラー『100のワークで学ぶ カウンセリングの見立てと方針』著者の竹内健児先生。 参

第21回神戸市認知症疾患医療センター合同研修会

主催者:甲南医療センター認知症疾患医療センター 研修会名:第21回神戸市認知症疾患医療センター合同研修会 日時:8月24日 (土)14:00~16:00 場所:神戸市中央区文化センター1F多目的ホール 参加費:無料 対象: どなたでも参加頂けます 内容: ~2025年問題となりの隣も認知症の社会をどう生きる?~ 2020年下半期1番売れた認知症の本『マンガ認知症』の著者である佐藤眞一先生とニコ・ニ

現場で役立つSC養成セミナー2024 統合的アンガーマネジメントonedayセミナー

研修主催団体: てだのふあカウンセリングルーム 研修内容: セミナータイトル:現場で役立つSC養成セミナー2024 第1回 統合的アンガーマネジメントonedayセミナー 【日時】2024年8月25日(日) 【時間】10時~18時 うち休憩1時間30分(目安) ※開場は9時40分~となります。 【場所】大阪市北区浪花町14-33 OMビル 2F 会議室 ※最寄り駅:天神橋筋六丁目駅 10番出口をあ

Comments


bottom of page