top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

「慢性痛」にアプローチする認知行動療法ーQoL回復を目指す心理的支援の基礎と実践を学ぶ―

研修主催団体: 対人支援職向け団体Assemble

研修内容: 【「慢性痛」にアプローチする認知行動療法ーQoL回復を目指す心理的支援の基礎と実践を学ぶ―】

◎本研修会について◎

QoL(生活の質)低下や就労困難といった社会的損失をクライエントにもたらすとされる「慢性痛」。 慢性痛患者のQoLは,統合失調症や腎不全患者よりも低いことが研究で示されています。

今回は、慢性痛への認知行動療法的アプローチの臨床研究/啓蒙活動を精力的に行う「JaCC_Painプロジェクト」メンバーの先生方5名をお招きし、慢性痛への心理的アプローチについて見識を深める時間にしてまいります。

◎概要◎

日時:

基礎編1h30m 2023年9月17日(日)14:00-15:30(録画視聴期間 9/27~10/25迄)

実践編3h30m 2023年10月1日(日)14:00-17:30(録画視聴期間 10/8~11/5迄)

料金:

当日参加 7500円

録画視聴 8000円

当日参加&録画視聴 8500円

対象: 対人支援職(福祉/教育/心理等)や当該領域を学ぶ学生で守秘義務が守れる方

場所:zoom 申込締切:9/10(日)

詳細とお申込

最新記事

すべて表示

オンライン精神分析研究会-トラウマ再考-

研修主催団体: 心理オフィスK 研修内容: ■概要 精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。11年目となる2023年度は精神分析とトラウマを取り上げることにしました。フロイトは元々はトラウマ論から出発し、ヒステリーの治療を行ってきました。ヒステリーの原因は性的トラウマがある、という考えでした。しかし、その後、フロイトはトラウマは空想の産物であると転換し、内的空想

bottom of page