• 兵庫県臨床心理士会

「精神分析ベーシックセミナー2022」

「精神分析ベーシックセミナー2022」

NAPI精神分析ベーシックセミナーの基本的な方針は、「初心者にわかりやすく、しかし、重要なポイントをしっかりと押さえる」ことです。受講生の中には、個人心理療法だけでなく、親ガイダンスやプレイセラピー、スクールカウンセリングなど様々な臨床に携わり、悪戦苦闘している方もいると思います。皆さんそれぞれの臨床実践が「どうすれば精神分析的になるか」についてレクチャーします。オンライン講義形式を採用し、どこからでも受講が可能です。

講師:

  • 富樫 公一(甲南大学教授/TRISP自己心理学研究所ファカルティ/米国NY州精神分析家免許)

  • 小林  陵(横浜市立大学附属病院)

  • 山崎孝明(こども・思春期メンタルクリニック)

開講形式: 一回90分 全6回 ウェブビデオ会議形式

開講日程: 隔月第2月曜日19:30 – 21:00(1月のみ第3週)

スケジュール:

第1回 5 / 9  精神分析らしさとは:他の心理療法と何が違うのか?

第2回 7 /11 精神分析的心理療法を始める:初回面接

第3回 9 /12 「枠」の理解:初心者が自信を持ってセラピー行うために

第4回 11/14 精神分析的心理療法に取り組む:何を聴き、伝えるか

第5回 1 /16 精神分析的心理療法を深める:転移と逆転移

第6回 3 /13 解釈を超えて:精神分析的心理療法の最新アプローチ

受講料: 20000円 *欠席の場合も、受講料の返金はありません。

受講資格:

① 大学院修士課程で臨床心理学を学んでいる学生あるいは、同程度の教育課程の中で臨床業務を学んでいる学生。

② 教育課程を修了し5年以内の臨床家。ただし、他の領域で臨床実践は経験があるが、精神分析は初学者という方も対象に含みます。

定員: 40名程度を予定 *定員に達し次第、受付を締め切ります。

申込方法: 下記のURLの申込フォームに必要事項を記入の上、送信ください。

https://forms.gle/wfqd83shoLLCWBSP7


受付後、自動返信メールが送信されます。受信できない場合、事務局までご連絡ください。

申込フォームから申込ができない場合は、別の方法で受け付けます。事務局までご連絡ください。

締め切り: 2022年4月30日(土)

問合せ: NAPI事務局 napi.jimu@gmail.com

HP: https://napi.localinfo.jp/pages/1629987/page_201603171106


ベーシックセミナー2022チラシ �修正版
.pdf
Download PDF • 586KB
2022年度 精神分析ベーシックセミナー案内文
.pdf
Download PDF • 442KB

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒