• 兵庫県臨床心理士会

『セクシュアル・マイノリティについて考えるートランスジェンダーの視点から』

【研修のご案内】

『セクシュアル・マイノリティについて考えるートランスジェンダーの視点から』

この度、仙台錦町カウンセリングルームでは、セクシュアルマイノリティに関する研修会「セクシュアル・マイノリティについて考えるートランスジェンダーの視点から」を企画いたしました。

現在、多様な性の在り方が社会的に認知され、周縁化されやすい性の在り方、所謂セクシュアル・マイノリティの当事者が、自身のセクシュアリティ、ジェンダーを隠すことなく対人支援を利用する機会も多くなってきました。

そのため、対人支援職もそうした動向に合わせて、多様な性の在り方について学ぶことが喫緊の課題だと言えます。

以上から、今回は多様な性の中からトランスジェンダーにスポットを当て、当事者とトランスジェンダー研究者をお招きし、セクシュアル・マイノリティ当事者をめぐる社会生活、親密性、コミュニティ支援、そして対人支援専門家は何を提供できるのか、といったテーマを扱う、オンライン連続セミナーを開催します。

当事者の語りや、ヒストリーを通して学び、当事者と共に支援について考えるための研修会です。

入門的な内容から踏み込んだ内容まで扱いますので、ご興味・ご関心のある方は奮ってご参加ください。

<参加対象>心理職、医師、看護師、ソーシャルワーカー、保健師。その他、行政、教育関係者 等

< 日時・講話内容>

2022年10月23日(日)13:00~

第1回目:「当事者が生きる上で出会う日常的・社会的・就労上の困難について」

講師:佐藤みどり(LGBTQライフコーチ)

10月30日(日)13:00~

第2回目: 「当事者を取り巻く人間関係 - 夫婦・家族・親子関係」

講師:櫻木 彩人(元なでしこリーガー、ちふれLGBTQ+アンバサダー) / 櫻木杏奈 (アライ)

11月27日(日) 13:00~

第3回目: 「当事者を支える社会的資源」

講師:小野寺 真 (にじいろCANVAS共同代表)/ にじいろCANVAS

12月4日(日)13:00~

第4回目: 「当事者のリアリティに沿った対人支援」

講師:日野 映(臨床心理士・公認心理師)

<参加費>各回3500円 

(1回のみ参加:3500円・2回参加:7000円・3回参加:10000円・4回参加:12000円)

*2回以上のご参加で減額 *学生は各回 2000円

*臨床心理士更新ポイント申請予定(2回以上の参加の方に限ります)

<申し込み>

フライヤーのQRコードを読み込んでフォームに進んでいただくか、メールからのお申し込みも受け付けております。

sendai.nishikicho.c.room@gmail.com

*その他記載事項については添付したファイルをご覧ください。

【主催・事務局】:仙台錦町カウンセリングルーム

〒980-0012 宮城県仙台市青葉区錦町1丁目1-9 三徳ビル303

TEL:080-5818-2149 Mail:sendai.nishikicho.c.room@gmail.com



最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒