• 兵庫県臨床心理士会

『子どもの問題という「窓」からカップルの葛藤 を理解する』

ACTA【2022春の3DAYSオンラインワークショップ】ワークショップのご案内

ACTAでは今春、香港大学のリー博士をお迎えして『子どもの問題という「窓」からカップルの葛藤を理解する』3日間のオンラインワークショップを開催します。

リー博士は家族療法の場面で、症状や問題を呈する子どもたちがいかに両親の目に見えない葛藤に反応しているのかを示す生理学的反応のプロトコルを作成し、両親が子どもたちの症状を理解するための手助けとしていきます。リー博士のバイオフィードバックを用いた家族療法の技から、専門性の高い客観的データをどのように子どもや家族のダイナミクスを理解し変化を導くための効果的な介入につなげていくのかを学べる貴重な機会となります。 ACTAではここ数年、子どもと家族そしてカップルに関するダイナミクスを学んできました。これまでのACTAワークショップに参加された皆さんはもちろん、初めて参加される方も、家族療法を専門とする皆さまも、是非ご一緒にリー博士とリモートで3日間存分に学びましょう!

・全日程同時通訳が付きます。

・参加者の皆様には申し込み後、関連する参考文献をご案内します。

・臨床心理士の資格更新ポイントを申請予定です。


2022ACTA_春WSチラシ
.pdf
Download PDF • 733KB

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒