• 兵庫県臨床心理士会

【オンライン研修会】 スクールカウンセラーのためのシステムズコンサルテーション-伝えたいことを伝えるために「聴いて話す」技法-

【オンライン研修会】

スクールカウンセラーのためのシステムズコンサルテーション

-伝えたいことを伝えるために「聴いて話す」技法-

講師 大河原 美以 先生​ 臨床心理士・公認心理師​ 大河原美以心理療法研究室 室長

日時:2021年11月23日(火・祝)10:00~16:00

講師プロフィール  臨床心理士・公認心理師,博士(教育学)  元・東京学芸大学 教育心理学講座 教授(2021年3月まで)  専門は、親子の心理療法・家族療法・EMDR療法  1997年9月より、東京学芸大学 助教授。  2007年4月より、東京学芸大学 教授。  2021年3月、23年7ヶ月勤務した東京学芸大学を(3年早く)早期退職。  2021年4月、「大河原美以心理療法研究室」を開設。  主要著書  「いやな気持ちは大事な気持ち」(絵:山本実玖) 日本評論社 2021年  「子育てに苦しむ母との心理臨床 EMDR療法による複雑性トラウマからの解放」 日本評論社 2019年  「子どもの感情コントロールと心理臨床」 日本評論社 2015年  「子どもたちの感情を育てる教師のかかわり-見えない「いじめ」とある教室の物語」 明治図書 2007年  「怒りをコントロールできない子への理解と援助 教師と親のかかわり」 金子書房 2004年


講師から  

スクールカウンセラーにとって、教員に対して「コンサルテーション」を行うことは、重要な仕事の1つです。「コンサルテーション」とは、「教師役割に対する支援」を行うために対話をし、教師との連携を可能にするための関わりです。この「コンサルテーション」がうまくいくかどうかは、スクールカウンセラーが学校に勤務する上での「元気を維持できるかどうか」にも関わる重要な課題であるといえるでしょう。

 この研修会では、システムズアプローチの考え方に基づく「システムズコンサルテーション」の技法を学びます。伝えたいことを伝えるためには、「相手が話していることを聴く」技法が必要です。常識的ないつもの聴き方では、聴けていないことが多いのです。「ちゃんと聴いてコンテクストを把握する」ことができると、「相手に伝わる話」をすることができます。講義とシナリオロールプレイをあわせて行うことで、対話の技法をお伝えしたいと思っています。シナリオロールプレイは、Zoomのブレイクアウトルームの機能を利用することで、少人数での実施が可能です。

内容 前半:LIVE講演(約2時間)  

10:00~12:00  システムズアプローチの考え方に基づく「システムズコンサルテーション」について解説 後半:シナリオロールプレイと振り返り、解説  

13:00~16:00  事例の見立てと援助の方法をスクールカウンセラーの視点から体験

参加費 8,800円

※臨床心理士または公認心理師の有資格者限定です。 以下の点にご留意ください

※臨床心理士または公認心理師の有資格者限定です。

※この研修は、資格認定協会の条件を満たした場合、臨床心理士の資格更新ポイントを申請する予定です。

※zoomを活用したオンライン研修会として開催します。

※zoomのブレイクアウトルームを使用します。

※オンライン会議室へのアクセスについてのサポートは行いません。

※事後の録画視聴はございません。

※ZOOMへの接続不良の場合などにも、一切のご返金は行いません。


お問い合わせ お問い合わせは、下記お申し込みページ「主催者に連絡する」というアイコンからお願いいたします

お申し込み https://peatix.com/event/1989101/

主催 子育てカウンセリング・リソースポート

https://www.resource-port.net/

茨城県守谷市薬師台1-7-5

最新記事

すべて表示

リカバリ―全国フォーラム2021『今こそ考えるピアサポート ~人と人とが支え合うことの意味~』

●~●~●~●~●~●~●~●~●~● リカバリ―全国フォーラム2021 『今こそ考えるピアサポート ~人と人とが支え合うことの意味~』 2021年10月16日(土)& 17日(日) オンライン開催 ●~●~●~●~●~●~●~●~●~●  リカバリー全国フォーラムは、当事者・家族・精神保健医療福祉関係者・市民などが、 立場の違いを超えて全国から集い、活発な議論を行う場として定着しています。  近

第13回 松木邦裕セミナー on the Web「精神分析は憎しみ(Hate)をどう考え、向き合うのか?」

第13回 松木邦裕セミナー on the Web 「精神分析は憎しみ(Hate)をどう考え、向き合うのか?」 今年も引き続き松木先生に学ぶセミナーを企画しました。コロナ禍は終わる気配を見せず、見通しのきかない不安な生活が続いています。その影響の実態をまだ私たちは見極めることはできません。 昨年の第12回セミナーでは「精神分析はネガティブ(負)とどのように向き合うか?」と題してセミナーを行いました。

愛着の視点から子ども支援を学ぶ-迷わない支援を目指す研修会-

「支えている人を,じゃあ誰が支えたらいいんでしょうね」本研修会の打ち合わせで,樋口先生はこう語られました。 少子化社会での虐待数増加,保護者/支援者の心理的孤立化など,子ども支援現場の課題は尽きません。今回は概念が一人歩きしがちな愛着について,専門性のある正しい知識,そして,先駆者の知恵と工夫をテーマにし,これまで学ぶ機会の少なかった支援職の方々に広く届けることを目的としています。児童養護施設の現