• 兵庫県臨床心理士会

【オンライン開催】IPPOオープンセミナー2022【全3回】

【オンライン開催】IPPOオープンセミナー2022【全3回】


●精神分析的心理療法における「アセスメント・転機・終結(中断)」をテーマに臨床セミナーを開催いたします。

●開催方法はZOOMを用いた全面オンラインです。


第1回 6/12(日) 13:00~18:00 「アセスメント」助言者:平井正三氏

第2回 7/24(日) 16:00~21:00 「転機」    助言者:西村理晃氏

*第2回のみ時間が異なります*

第3回 8/28(日) 13:00~18:00 「終結(中断)」 助言者:衣笠隆幸氏


対象:医師、臨床心理士、公認心理師、それに準ずる専門家、大学院生、研修生で守秘義務を厳守いただける方

参加費:18000円(単回参加8000円)

お申込み方法:ipposeminar@gmail.com、もしくはチラシ記載のQRコード(http://ippo2017.com/training)よりお申込みください。

件名に「オープンセミナー参加申し込み」とご記載の上、 1氏名(ふりがな)、

2電話番号、3所属・職種、4臨床心理士の方は、臨床心理士番号(研修ポイント申請用)をお知らせください。


講師による各回のテーマについてのミニレクチャー:30分

事例検討①:1時間45分

休憩 30分

事例検討②:1時間45分

振り返り(全体討議):30分


*各回2名ずつ、事例提供者を募集します。希望される方は、4月末までに、お申し込みの上、メール本文もしくはメールフォーム「お問い合わせ」欄に何回目の発表を希望されるか、ご記載ください。


皆様のご参加を心よりお待ちしております。


主催:精神分析的サイコセラピーインスティチュート・大阪(IPPO)

HP:https://ippo2017.com


IPPOオープンセミナー 2022チラシ
.pdf
Download PDF • 1.80MB

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒