top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

【チームアプローチによる地域精神科医療の実践と展望】

『地域精神科医療の展望』について、シースリー株式会社が無料オンラインセミナーを開催します。


精神障害を抱えながら地域で生活を送るために必要な支援は何か?精神障害にも対応した地域包括ケアを、一緒に考えてみませんか!


5疾病の現状と地域連携への期待  テーマ:精神疾患

【チームアプローチによる地域精神科医療の実践と展望】


精神疾患を抱えながらの地域生活で必要となるサポートは多種多様です。医療だけでなく障害福祉・介護、住まい、社会参加(就労)、地域の助け合いや教育といった様々な側面からのサポートで成り立っています。

コロナ禍で人々の心が活力を失いつつある中、今後の地域精神科医療、心の健康はどうなるのか?多職種チームアプローチを実践している医師の目線から、医療サービスを越えた地域支援サービスの展望についてお話いただきます。お見逃しなく!


スピーカー

国立精神・神経医療研究センター病院

こころのリカバリー地域支援センター

センター長 坂田 増弘 医師


講演後、質疑応答で参加者の皆さまとも意見交換ができれば幸いです。

今後も、地域が抱える医療課題についてさまざまな方面からスピーカーをお招きし、ご講演いただきます。

そこで得られた気付きをもとに、新たな地域医療の取り組みについて共に考え、実行していきませんか?

ぜひご参加ください。


日時:2021年10月4日(月) 18:30 - 20:00

開催方法:オンライン(ウェビナー)

参加費用:無料

ご参加には事前登録が必須です。

また、後日オンデマンド再生URLをご案内いたしますので、当日の都合がつかない方もぜひご登録ください。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

シースリー株式会社

東京都渋谷区西原3-6-5 MH代々木上原3F

Tel: 03-6804-8138 Fax: 03-5465-0368

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*--

最新記事

すべて表示

「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」

神戸学院大学心理臨床カウンセリングセンター主催フォーラムのご案内 テーマ「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」 テーマを「中長期的被災地支援について考える」とし、シンポジストに髙橋紀子先生 (臨床心理士・公認心理師)を迎えます。 髙橋先生は大学勤務を経て、臨床心理士として福島県で被災地支援活動を開始。 南相馬ひきこもり支援センター、非営利団体「桃の駅」を立ち

WISC-Ⅴオンライン研修会~ⅣからⅤの変更ポイントをおさえ、よりよい支援につなげよう~

研修主催団体: NPOフトゥーロ 研修内容: ●S.E.N.S更新2ポイント(Ⅵ 領域)対象研修 ●臨床心理士ポイント申請予定 臨床心理士のポイントについては臨床心理士教育・研修委員会規程別項 第2条(4)、およびオンライン研修にかかる運営要項(ガイドライン)に則って申請予定です。 *ただし、2024年6月現在、本オンライン研修が臨床心理士ポイント付与の要件を満たすかは明確ではないことをご了解いた

2024年度第1回日本ユング心理学会オンライン事例検討セミナー

研修主催団体: 日本ユング心理学会 研修内容: 【2024年度第1回日本ユング心理学会(JAJP) オンライン事例検討セミナー】 日時:2024年8月18日(日)12:00~17:00 会場:オンライン(Zoom) 講師:河合 俊雄(京都こころ研究所)、田中 康裕(京都大学教育学研究科) テーマ:「心理療法場面における夢の扱い方」 事例発表:2名「夢分析」というはっきりした形でなくても、面接経過の

Comments


bottom of page