• 兵庫県臨床心理士会

【会員向け】2020年度第1回医療保健領域委員会研修会

最終更新: 2020年9月9日

 新型コロナウィルス感染予防のために、新しい生活様式を取り入れていくことが余儀なくされている中で、対人援助職として臨床心理士は、今後どんな工夫をしていくことが出来るでしょうか。

医療保健領域委員会の今年度第1回目の研修会では、出来るだけ多くの会員の皆さまとの情報交換出来る時間を作ろうと考えました。今回は、オンラインで開催しますので、PCでもスマホでも参加可能です。 これまで遠方のため研修会に参加出来なかった方や、子育て中の方、介護をされている方も、数時間の時間をやりくりして集まって頂けませんか?

同じ地域の医療機関で勤めていても、なかなかつながりにくかった心理士同士のネットワーク作りを進めていければと考えています。 是非、ご参加くださいませ。


日時:2020年9月20日 日曜       

9:45 待機    

10:00 情報提供:兵庫精神保健福祉センター 中谷恭子先生    

10:30 地域ごとに分かれてグループディスカッション

11:00 休憩

11:15 共有

13:00 終了

*申込の方には、zoom meetingのID は前日にご登録いただいたメールアドレスにお送りします。

*接続の確認のために、9:45からミーティングを開設します。 接続する前に必ず、zoomのアプリを最新バージョンに更新してください。接続できない原因となります。

*Wi-Fi環境に不安のある方はご相談下さい。兵庫県臨床心理士会事務局の会議室をご利用頂けるよう準備します。事務局にお越しの方も、各自端末(PC、スマホ、タブレットなど)ご持参ください。


参加者: 兵庫県臨床心理士会会員(今年度の年会費振り込み完了の方)で、医療保健領域で勤務されている方、もしくは医療保健領域で働きたいと考えておられる方

*新管理システムで年会費振り込み手続きがうまくいかない方は事務局・中谷までご連絡ください。

参加費:無料

*今回は半日研修のため臨床心理士更新ポイントは付きません

申込手続き:会員マイページの【イベント情報】タブから申し込みが可能です。

必要事項を入力し、最後にどの地域の方と繋がりたいかをお選びください。

申込締め切り:2020年9月15日 火曜 23時まで

最新記事

すべて表示

こども思春期精神分析セミナー

こども思春期精神分析研究会 コロナ禍の中の精神分析 現在私たちは、世界規模で目に見えない脅威に晒されています。2020年1月頃中国から始まったCovid-19は、瞬く間に全世界に広がり、私たちの生活と取り巻く環境は否応なしに変化を強いられました。臨床実践に携わっている私たちにとっても、クライエントにとっても、様々な影響を及ぼすことになったと言えるでしょう。そして、今も尚、「コロナ禍」の中に私たちは

サリヴァン・フォーラム

サリヴァン・フォーラム 対人関係精神分析の基礎となる対人関係論を創始した、米国の精神科医ハリー・スタック・サリヴァン(1892-1949)の思想と臨床について語り合う広場を開催します。 はじめに、川畑が、スペイン風邪流行後の大恐慌時代の福祉に関するサリヴァンの思想を踏まえ、遠心的な心理支援のパラダイムについてお話しします。続いて、村澤は、中井久夫による仕事を参考にしつつ、生命と環境を結ぶエコロジカ

KIPPセミナー特別編「鑪幹八郎 『森有正との対話の試み(第二弾):アモルファス

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局です。 本年1月21日にオンライン開催しました、鑪幹八郎先生による2020年度KIPP対人関係精神分析セミナー「森有正との対話の試み」の第二弾を急遽開催する運びとなりました。今回は、前回のセミナーで十分に時間を割くことができなかったアモルファス自我構造と日本の精神分析を中心にお話しいただきます。指定討論は、KIPPの川畑直人先生が担当されます。指定討論の

© 2021 兵庫県臨床心理士会