• 兵庫県臨床心理士会

【案内】からだにたずねる【共感の扉】~ 人とつながる対話のコツ ~フォーカシング対話法・研修のお知らせ

◆からだにたずねる【共感の扉】~人とつながる対話のコツ~◆ <テーマ>  からだの感覚に耳を傾けるフォーカシング対話法・研修 <概要>  わたしたちにとって“からだ”の感じは、人が生まれたときから身にそなわっている感覚ですが、社会の日常生活では、この身体感覚に目を向け「活用」することが少なくなってきています。

この研修では、身体感覚に今いちど目を向けて、“からだ”との対話を通して自分自身を理解することを試みます。そして、コミュニケーションにおいて身体感覚が重要であり、人と人とのつながりを促進するプロセスを体験します。その「対話」法のひとつとして、《フォーカシング》の世界へとご案内します。

フォーカシングのなかでも特に重要な「フェルトセンス」との関わりを通して、相手の身体感覚を理解し、実感として相手のことが分かる(共に感じる)感覚をつかんでいただければと思います。 <講師>  内田利広(京都教育大学教育学科教授、国際フォーカシングインスティテュート・コーディネーター)

<スケジュール> 【2020年】  第1回:11月22日(日) 身体感覚へのいざない~フェルトセンスとは?~ 【2021年】  第2回:1月24日(日)身体感覚への関わり1~ショートフォーム~  第3回:3月21日(日)身体感覚への関わり2~リスニングについて~  第4回:5月23日(日) 日常生活(仕事と家庭での生活)における身体感覚との

            付き合い方  ゲスト講師:永野浩二(追手門学院大学教授)  第5回:7月25日(日) 身体の感じを通した共感と傾聴~ビデオの分析~  第6回:9月26日(日) からだにたずねる面接の実際~共感のトライアル~ <参加費>  ・一般30,000円(原則6回通し参加) 24,000円(前半1~3回のみ)

 その他、大学生・大学院生、日本フォーカシング協会会員の参加費についてはwebサイトでご確認ください。 https://kodachino.co.jp/seminar-school/focusing-1/ <定員> 20名(最少催行人数:9名) <お申込方法・詳細案内>  木立の文庫webサイト特設ページよりhttps://kodachino.co.jp/seminar-school/focusing-1/

最新記事

すべて表示

研修:一般社団法人 読み書き配慮

【河野俊寛先生による URAWSSⅡ講習(3月開催)】 ■参加費:25,000円(テキスト代・検査キット・送料等含む) ■日程2日間(3月12日(土)10:00~16:00・3月13日(日) 10:00~16:00) ■お申込み:http://ptix.at/ilE8NI ■開催方法:オンライン開催(Zoomウェビナーによるライブ配信&後日アーカイブ配信) ■イベント詳細 読み書き困難の発生率は8

少人数制 実践型認知行動療法トレーニングワークショップ

少人数制 実践型認知行動療法トレーニングワークショップ 本ワークショップは、書籍などで認知行動療法(以下、CBT)を学んだが、実戦経験が乏しい支援者が実際にCBTの体験を通して実践力を養うWSです。CBTを上手くなるためには、まず自身で体験してみることが大切です!   少人数制のグループで、初回から終結までの流れを様々なワークを通じて身に着けていきます。CBT実施にあたりご不明な点等は、京都CBT

東京大学「職域・地域架橋型-価値に基づく支援者育成」第4回公開シンポジウム

■TICPOC 価値に基づく支援者育成第4回公開シンポジウム 「当事者中心の時代の専門性」 講演者:安田菜津紀/熊谷晋一郎/國分功一郎/東畑開人/富樫公一(敬称略) ■東京大学 医学のダイバーシティ教育研究センター キックオフシンポジウム 「医療と医学における構成員の当事者性と専門性」 講演者:綾屋紗月/白澤麻弓/宮本有紀/熊谷晋一郎/星加良司/柳下祥(敬称略) 詳細はこちらをご覧ください。 ht