• 兵庫県臨床心理士会

【案内】からだにたずねる【共感の扉】~ 人とつながる対話のコツ ~フォーカシング対話法・研修のお知らせ

◆からだにたずねる【共感の扉】~人とつながる対話のコツ~◆ <テーマ>  からだの感覚に耳を傾けるフォーカシング対話法・研修 <概要>  わたしたちにとって“からだ”の感じは、人が生まれたときから身にそなわっている感覚ですが、社会の日常生活では、この身体感覚に目を向け「活用」することが少なくなってきています。

この研修では、身体感覚に今いちど目を向けて、“からだ”との対話を通して自分自身を理解することを試みます。そして、コミュニケーションにおいて身体感覚が重要であり、人と人とのつながりを促進するプロセスを体験します。その「対話」法のひとつとして、《フォーカシング》の世界へとご案内します。

フォーカシングのなかでも特に重要な「フェルトセンス」との関わりを通して、相手の身体感覚を理解し、実感として相手のことが分かる(共に感じる)感覚をつかんでいただければと思います。 <講師>  内田利広(京都教育大学教育学科教授、国際フォーカシングインスティテュート・コーディネーター)

<スケジュール> 【2020年】  第1回:11月22日(日) 身体感覚へのいざない~フェルトセンスとは?~ 【2021年】  第2回:1月24日(日)身体感覚への関わり1~ショートフォーム~  第3回:3月21日(日)身体感覚への関わり2~リスニングについて~  第4回:5月23日(日) 日常生活(仕事と家庭での生活)における身体感覚との

            付き合い方  ゲスト講師:永野浩二(追手門学院大学教授)  第5回:7月25日(日) 身体の感じを通した共感と傾聴~ビデオの分析~  第6回:9月26日(日) からだにたずねる面接の実際~共感のトライアル~ <参加費>  ・一般30,000円(原則6回通し参加) 24,000円(前半1~3回のみ)

 その他、大学生・大学院生、日本フォーカシング協会会員の参加費についてはwebサイトでご確認ください。 https://kodachino.co.jp/seminar-school/focusing-1/ <定員> 20名(最少催行人数:9名) <お申込方法・詳細案内>  木立の文庫webサイト特設ページよりhttps://kodachino.co.jp/seminar-school/focusing-1/

最新記事

すべて表示

大阪・京都こころの発達研究所 葉 研修会

1,自尊感情を支える・育む~自分との「つきあい方」の再考を促すアプローチ ~ クライアントが抱える問題は多岐に渡りますが,多くの方は共通して自尊感情が低いという問題,すなわち「自分をこのままでいいと思えない」状態を抱えて来訪します。そのため,セラピストはクライアントの主訴と向き合うことに加えて,自尊感情を高めるという視点も持つことができれば,より丁寧かつ前向きな心理支援が可能になります。 今回は認

研修会「児童思春期の摂食障害-基礎から臨床まで-」

「児童思春期の摂食障害-基礎から臨床まで-」 【会場参加】 2021年1月9日(土)、10日(日)10:00~16:30 ピアザ淡海207会議室 【録画視聴】 2021年1月30日(土)10:00~3月31日(水)20:00 【研修内容】 1日目:児童思春期の摂食障害の基礎知識 2日目:Family Based Treatmentの理論と実践 【講師】 井口 敏之(星ヶ丘マタニティ病院 副院長)

【専門職のための 産業メンタルヘルス通年セミナー】◆◇第8回セミナーのご案内◇◆【仕事と介護の両立に役立つ基礎知識】

総合力を高める!11のステップ 【専門職のための 産業メンタルヘルス通年セミナー】    ◆◇第8回セミナーのご案内◇◆ 【仕事と介護の両立に役立つ基礎知識】  働きながら介護をする労働者は急増し、家族の介護を理由とした離職者は年間 10 万人に及んでいます。 ご自身もお母様の介護をしながら全国を飛び回って介護離職防止を啓発する和氣先生をお迎えして、 「介護離職ゼロ」の現状と取り組みについて学び

© 2020 兵庫県臨床心理士会