• 兵庫県臨床心理士会

【案内】オンラインシンポジウム「公認心理師」という資格を若手が考える

2017年に「公認心理師」という国家資格が誕生し,臨床心理士の多くが資格試験を受け、資格保持者になられたと思います。この資格に求められる役割や知識は公認心理師法に明記されていますが、臨床現場で求められる専門性とはどのようなものでしょうか。臨床心理士とはどのように異なるので しょうか。これまでに同様に国家資格化した専門職の一つに、社会福祉士や精神保健福祉士があり ますが、有資格者の方々には、資格成立以前のソーシャルワーカーとしての専門性と、国家資格とし て求められるものとの間で葛藤があることをお聞きします。今回、若手ながらも「臨床」を大切にしてき た臨床心理士が、同じく若手のソーシャルワーカーの意見も交えながら、参加される皆さんともディスカッションをし、公認心理師の専門性について考えてみたいと思います。


・日時 : 2020年6月14日(日) 10:00~16:00 (休憩1時間)

・シンポジスト(あいうえお順) :

 安藤佳珠子(日本福祉大学講師)

 浜内彩乃(京都光華女子大学講師/大阪・京都こころの発達研究所 葉)

 星野修一(京都大学大学院博士後期課程、大阪・京都こころの発達研究所 葉)

・参加要件: 医療、福祉、教育分野でご活躍されている方、公認心理師に興味のある方

・参加費 : 2000円(下記よりチケット購入にて事前にお支払いください。)

・定員  : 100名(開催後は動画配信で繰り返しご視聴いただけます。)


▼詳細・お申し込みはこちらから

https://00m.in/5q7ZZ


大阪・京都こころの発達研究所 葉(よう)

ホームページ:https://kokoro-you.com/

最新記事

すべて表示

こども思春期精神分析セミナー

こども思春期精神分析研究会 コロナ禍の中の精神分析 現在私たちは、世界規模で目に見えない脅威に晒されています。2020年1月頃中国から始まったCovid-19は、瞬く間に全世界に広がり、私たちの生活と取り巻く環境は否応なしに変化を強いられました。臨床実践に携わっている私たちにとっても、クライエントにとっても、様々な影響を及ぼすことになったと言えるでしょう。そして、今も尚、「コロナ禍」の中に私たちは

サリヴァン・フォーラム

サリヴァン・フォーラム 対人関係精神分析の基礎となる対人関係論を創始した、米国の精神科医ハリー・スタック・サリヴァン(1892-1949)の思想と臨床について語り合う広場を開催します。 はじめに、川畑が、スペイン風邪流行後の大恐慌時代の福祉に関するサリヴァンの思想を踏まえ、遠心的な心理支援のパラダイムについてお話しします。続いて、村澤は、中井久夫による仕事を参考にしつつ、生命と環境を結ぶエコロジカ

KIPPセミナー特別編「鑪幹八郎 『森有正との対話の試み(第二弾):アモルファス

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局です。 本年1月21日にオンライン開催しました、鑪幹八郎先生による2020年度KIPP対人関係精神分析セミナー「森有正との対話の試み」の第二弾を急遽開催する運びとなりました。今回は、前回のセミナーで十分に時間を割くことができなかったアモルファス自我構造と日本の精神分析を中心にお話しいただきます。指定討論は、KIPPの川畑直人先生が担当されます。指定討論の

© 2021 兵庫県臨床心理士会