• 兵庫県臨床心理士会

【案内】兵庫県臨床心理士会第54回研修会

今回はzoomを用いたオンライン研修会ですので、日頃会場に足をお運びいただけない地方にお住いの会員の皆さまも、この機会に奮ってご参加ください。

研修会開始前に、情報の取り扱い等の守秘義務に関する誓約書にweb上でご回答をいただきます。

ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


○研修テーマ

「新型コロナウイルス感染拡大という災害下におけるこころのケア~コロナ発生から五ヶ月経った今、私たちにできることは何か?~」


○日時 2020年7月19日(日)

  9:30~  受付→待合室に入室出来ます

10:00~12:30 全体会

12:30~13:20 総会

新理事会体制の紹介、前年度事業報告・決算報告及び会計監査、今年度事業計画案・予算案の報告をします。会員の皆様は必ずご参加ください

13:20~14:00 休憩

14:00~16:30 全体会

本研修はzoom というアプリを使ったweb上で行います。

今回手話通訳はありません。必要な方は音声入力等のアプリをご用意願います。


○午前の全体会

「震災支援から考える感染症におけるこころのケア」

話題提供:

「震災支援から考える感染症におけるこころのケア-教育と医療におけるオンラインとリアル」 

  冨永 良喜 氏(当会理事、兵庫県立大学) 

「被災の恐怖に向き合いながら支援を行うこと ~阪神淡路大震災における支援の経験から~」 

  高橋 哲 氏(当会理事、芦屋生活心理学研究所所長) 

「見えない不安との再会と共生:福島での支援活動から」 

 髙橋 紀子 氏 (福島大学)

司  会 : 中村 有生 氏 (当会理事、清水が丘学園)

新型コロナウイルス感染症が発生してから5か月たちました。

生命・健康、生活、社会活動など多岐にわたる影響が出ています。

国民全体の心理的な負担も大きく、このような状況に対して臨床心理士は何ができるのかが問われています。

このような生活状況全般にわたる広範囲・長期間の生活基盤の揺らぎ、心理的負担が大きい状況は震災による被災時の状況やその心理的影響との共通点が多くあります。

兵庫県ではこれまで阪神淡路大震災、東日本大震災、福島での支援の経験などがあり、それらの災害支援の在り方から感染症における支援について学ぶことが多くあります。

今回のシンポジウムでは、これまでの震災支援の経験、感染症下における必要な支援の在り方についてシンポジストから報告してもらい、

参加者の皆さんと現在、我々ができることについて共に考えたいと思います。


○午後の全体会

「オンライン・カウンセリングについて:新型コロナウイルス感染拡大という災害下における心理支援」

「今なぜオンライン・カウンセリングなのか?」 

 講 師:杉原 保史 氏(京都大学学生総合支援センター)

「ニューヨークでの新型コロナウイルス感染拡大期における遠隔心理臨床の現況」 

 講 師:辻河 昌登 氏(ウィリアム・アランソン・ホワイト精神分析研究所)

司  会:伊藤 俊樹 氏(当会理事、神戸大学)


新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、私たちが日常で行う心理臨床の現場においても、さまざまな制約が課されており、心理支援活動に苦慮されている方も多いのではないでしょうか。

この“コロナ禍”において注目されているのが、ZoomをはじめとしたWEB会議システムやLINEなどのSNSといったオンラインによるコミュニケーションです。

そこで午後の部では、「オンライン・カウンセリング」を大きなテーマとした研修を企画いたしました。

 まず、“コロナ禍”以前からSNSを用いた相談支援などに携わっておられる杉原保史先生より、オンライン・カウンセリングに関してご講演をいただきます。

次に、ニューヨークでZoomを用いた遠隔心理臨床を実践されている辻河昌登先生より、オンライン・カウンセリングの最新の現況について、事例紹介などを通してご講演をいただきます。

その後、お二方と参加者の皆様を交えて、今後のオンラインを用いた心理支援の可能性等についてディスカッションの時間を設けております。

皆様のご参加をお待ちしております。


〇zoomについて

zoomアプリをお持ちでない方は、事前にお手持ちのパソコン、スマートフォンにアプリのダウンロードをお願いします。

このアプリはzoom のホームページから無料でダウンロードできます。

みなさまの利用できるデバイス(PC、スマホ)にzoomアプリ(最新バージョン)をインストールしてお待ちください。

研修会開催日の前日に必要なID及びパスワードをメールで配信いたします。

<注意事項>

★当日は、安定した通信環境が確保された場所でのご利用をお願いいたします。

★zoomの利用方法や通信状態の不具合の問い合わせについては、当会事務局は対応できません。

 zoomの利用方法の確認などは、あらかじめご準備ください。

★通信の利用状況などは、インターネット契約通信会社などにお問い合わせ下さい。

★参加申し込みを頂いていない方の視聴は固くお断りいたします。

★URLを申込者以外に提示することは絶対にお止めください。

★zoom画面をSNSやブログ、動画配信サイトなどに掲載するなど、外部に発信することを固く禁じます。

★当日、zoomミーティングというシステムを利用いたします。

 参加者の画像・名前が参加者同士で確認できる状態となります。

 必要のない場合は映像ミュート設定等ご利用ください。

★当日は音声ミュートにした状態での参加にご協力ください。

 音声ミュートになっていない場合は、スタッフが操作いたしますことをご了承ください。


○申し込み要領

今回の研修申し込みはイベントペイというシステムを利用しております。下記サイトにアクセスし手順に従ってお申し込みください

https://bit.ly/2Z5ZJjR

お支払いには、クレジットカード、コンビニエンス決済、ペイジー決済が利用可能です。

zoomミーティングのURLは研修会前日にお申し込みの際に利用されたメールアドレス宛にイベントペイのシステムからお送りいたします。

メールの受信環境が整っているかを今一度ご確認ください。



○参加費(Web研修にて通常価格より千円割引しました)

兵庫県臨床心理士会会員 2,000円

※お申し込み後、会員資格があるかどうかを確認いたします

兵庫県臨床心理士会会員以外の臨床心理士及び心理臨床学会会員(含準会員) 4,000円

(ただし、臨床心理士養成大学院の大学院生は2,000円)


○研修ポイント

 全日程参加者には研修ポイントが付与されます。

 研修開始前に「守秘義務に関する誓約書」に署名、終了後のアンケートに回答することで、研修会に参加したとみなします。

 なお、今回はWeb研修のため、研修参加証明書は発行しません。

 資格更新手続きの際、前述の方法で参加確認が取れた方については、証明書の送付は必要ありません。


〇研修についてのご希望ご意見を研修委員までお寄せください

(伊藤俊樹、中村有生、石河倫美、三木伸子、春原千夏)

© 2020 兵庫県臨床心理士会