• 兵庫県臨床心理士会

【案内】兵庫県臨床心理士会 福祉領域委員会 オンライン研修

「福祉領域における新型コロナウィルス感染症状況における対応についての情報交換」


兵庫県臨床心理士会の福祉領域委員会による令和2年度の最初の企画として、現在の新型コロナウィルス感染症状況における対応について情報交換のためのミーティングを企画しました。感染拡大防止のための取り組み、その状況における利用者に対するケアや相談の維持や継続の苦労や工夫、またすでに利用者・職員に濃厚接触・疑い・感染の方がおり対応していることなどについて、情報共有できる機会になればと思います。

児童福祉施設(社会的養護関連や保育所)、療育センターや児童発達支援事業所、高齢者施設、相談機関(児童相談所、障害者更生相談所、女性相談所、精神保健福祉センター等)などでお勤めの心理職の方が対象です。

Webミーティングで行いますので、インターネット環境があれば、参加できるので、ぜひご参加ください。


・主催:兵庫県臨床心理士会 福祉領域委員会

・日時:5月24日(日)10時~12時(9:30からZoom参加開始)

・Webミーティング:Zoomを利用して行います。

 パソコン・スマホなど、インターネット環境があればご参加いただけます。

・定員:100名

・参加申込み:こくちーずプロ

 イベント名:兵庫県臨床心理士会 福祉領域委員会 オンライン研修「福祉領域における新型コロナウィルス感染症状況に おける対応についての情報交換」

(URL:https://www.kokuchpro.com/event/dadfe56f08c416e0604a1dc5dc003c97/)

 申込いただいた方に、ZOOMのURLをお知らせします。

・参加要件/

○守義務を守れる方(ミーティング中に知りえた情報を他に漏らさないこと。Webミーティング参加中は職場・家庭などにおいて他の方に視聴されない設定(個室利用、イヤホン利用など)ができること)

・問い合わせ:兵庫県臨床心理士会 福祉領域委員会(hcpfukushi@gmail.com)

・参加費:無料

・参加対象:福祉領域で働く臨床心理士・公認心理師有資格者

最新記事

すべて表示

大阪・京都こころの発達研究所 葉 研修会

1,自尊感情を支える・育む~自分との「つきあい方」の再考を促すアプローチ ~ クライアントが抱える問題は多岐に渡りますが,多くの方は共通して自尊感情が低いという問題,すなわち「自分をこのままでいいと思えない」状態を抱えて来訪します。そのため,セラピストはクライアントの主訴と向き合うことに加えて,自尊感情を高めるという視点も持つことができれば,より丁寧かつ前向きな心理支援が可能になります。 今回は認

研修会「児童思春期の摂食障害-基礎から臨床まで-」

「児童思春期の摂食障害-基礎から臨床まで-」 【会場参加】 2021年1月9日(土)、10日(日)10:00~16:30 ピアザ淡海207会議室 【録画視聴】 2021年1月30日(土)10:00~3月31日(水)20:00 【研修内容】 1日目:児童思春期の摂食障害の基礎知識 2日目:Family Based Treatmentの理論と実践 【講師】 井口 敏之(星ヶ丘マタニティ病院 副院長)

【専門職のための 産業メンタルヘルス通年セミナー】◆◇第8回セミナーのご案内◇◆【仕事と介護の両立に役立つ基礎知識】

総合力を高める!11のステップ 【専門職のための 産業メンタルヘルス通年セミナー】    ◆◇第8回セミナーのご案内◇◆ 【仕事と介護の両立に役立つ基礎知識】  働きながら介護をする労働者は急増し、家族の介護を理由とした離職者は年間 10 万人に及んでいます。 ご自身もお母様の介護をしながら全国を飛び回って介護離職防止を啓発する和氣先生をお迎えして、 「介護離職ゼロ」の現状と取り組みについて学び

© 2020 兵庫県臨床心理士会