• 兵庫県臨床心理士会

【案内】国際力動的心理療法学会 第26回年次大会 市民公開プログラム

「国際力動的心理療法学会 第26回年次大会 市民公開プログラム」 【テーマ】 阪神・淡路大震災から25周年:危機と震災トラウマからの回復 【日時】 2020年11月22日(日)9:30-12:00 【会場】 Zoomを用いてオンラインで開催いたします。 インターネット環境さえあれば、どこからでもご参加いただけます。 【参加費】 ・ディスカッションへの参加(コメント、質問などができます):1,000円 ・視聴のみ参加:無料 【参加申し込み】 大会ホームページの参加申し込みフォームよりお申し込みください。 https://www.26annual.iadp.info/ 【お問い合わせ】 国際力動的心理療法学会 第26回年次大会 事務局 E-mail:office26@26annual.iadp.info プログラムの詳細は、当大会のホームページからもご確認いただけます。 https://www.26annual.iadp.info/ *Twitter、Facebookもございますので、ぜひチェックをお願い申し上げます。 ▼Twitter https://twitter.com/iadp26annual?s=03 ▼Facebook https://www.facebook.com/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%8A%9B%E5%8B%95%E7%9A%84%E5%BF%83%E7%90%86%E7%99%82%E6%B3%95%E5%AD%A6%E4%BC%9A-%E7%AC%AC26%E5%9B%9E%E5%B9%B4%E6%AC%A1%E5%A4%A7%E4%BC%9A-106317527810178/ 今回のプログラムでは、阪神・淡路大震災から学び、コロナ危機に立ち向かうにあたり、心の育ちと回復の鍵に焦点を当てます。 当日は、阪神・淡路大震災で「震災ストレスほっとライン24時間」を開設し、PTSD発症予防に貢献されてきた「精療クリニック小林」院長の小林和先生、 NPO法人「阪神・淡路大震災1・17希望の灯り」理事で語り部の菊地いつか様にご講演いただくとともに、東日本大震災や熊本地震、 そしてまさに今、コロナ危機の心の支援に携わっている専門家も加わり、市民の皆様からのお声も聞かせていただきながら、 阪神・淡路大震災を軸に危機からのトラウマ/PTSD予防(教育)、初期対応、中長期対応の現状、直面する問題、回復の鍵を明らかにしたいと思います。 添付のチラシをご高覧いただくとともに、先生方のご参加を心よりお待ち申し上げております。 また、子育て中のお父さん、お母さん、教育関係者、地域の方々、医療関係者の方々、どなたでもご参加いただけます。 ぜひご家族や職場、地域の方々を誘っていただき、ご参加ください。 実践知から学びながら、新たな一歩を共に踏み出しましょう。 ご不明点など、どうぞ遠慮なくご連絡をいただけましたら幸いでございます。

市民公開プログラムチラシ 完成�版 (1)
.pdf
Download PDF • 932KB

最新記事

すべて表示

【案内】前頭葉・実行機能プログラム(FEP)を活用した認知機能改善のための実践トレーニング

研修主催団体: 新興医学出版社 内 容:紙とペンを中心とした簡易なバラエティに富んだ課題で人気の前頭葉・実行機能プログラム(FEP)は、認知機能改善療法(CRT)の1つとして利用されてきました。このたび、概要から各モジュールの解説、臨床でどのように活用されているのか具体的な症例をもとに具体的にレクチャーします! 1.認知リハおよびFEPの総論(松井三枝先生): 15分 精神疾患やその他の高次脳機能

解決志向アプローチ初級研修

今年はオンライン形式で開催します! 進化し続けるロングセラー研修*『解決志向アプローチ初級研修』*のご案内です。 2日間でSFAの基本的な考え方、具体的な質問方法等、実習や体験を通じて学べるプログラムです。 SFAの魅力がぎゅぎゅっと盛り込まれております。 再受講枠も設けております。 復習を兼ねつつ、さらにステップアップするためのヒントを持ち帰っていただけることでしょう。 研修初日の夜には、リ

【案内】LGBTへの理解を深める SOGIハラってなに?

総合力を高める!11のステップ 【専門職のための 産業メンタルヘルス通年セミナー】 ★★第7回セミナーのご案内★★  【LGBTへの理解を深める SOGIハラってなに?】  LGBTへの社会的な関心、取り組みは年々高まっています。 法制化されたパワハラ対策にも「性自認・性的指向」に配慮するよう記載されました。 今回のセミナーでは,用語の理解から企業での対応まで、基礎を押さえます。 午前は,専門職

© 2020 兵庫県臨床心理士会