• 兵庫県臨床心理士会

【案内】国際力動的心理療法学会 第26回年次大会 市民公開プログラム

「国際力動的心理療法学会 第26回年次大会 市民公開プログラム」 【テーマ】 阪神・淡路大震災から25周年:危機と震災トラウマからの回復 【日時】 2020年11月22日(日)9:30-12:00 【会場】 Zoomを用いてオンラインで開催いたします。 インターネット環境さえあれば、どこからでもご参加いただけます。 【参加費】 ・ディスカッションへの参加(コメント、質問などができます):1,000円 ・視聴のみ参加:無料 【参加申し込み】 大会ホームページの参加申し込みフォームよりお申し込みください。 https://www.26annual.iadp.info/ 【お問い合わせ】 国際力動的心理療法学会 第26回年次大会 事務局 E-mail:office26@26annual.iadp.info プログラムの詳細は、当大会のホームページからもご確認いただけます。 https://www.26annual.iadp.info/ *Twitter、Facebookもございますので、ぜひチェックをお願い申し上げます。 ▼Twitter https://twitter.com/iadp26annual?s=03 ▼Facebook https://www.facebook.com/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%8A%9B%E5%8B%95%E7%9A%84%E5%BF%83%E7%90%86%E7%99%82%E6%B3%95%E5%AD%A6%E4%BC%9A-%E7%AC%AC26%E5%9B%9E%E5%B9%B4%E6%AC%A1%E5%A4%A7%E4%BC%9A-106317527810178/ 今回のプログラムでは、阪神・淡路大震災から学び、コロナ危機に立ち向かうにあたり、心の育ちと回復の鍵に焦点を当てます。 当日は、阪神・淡路大震災で「震災ストレスほっとライン24時間」を開設し、PTSD発症予防に貢献されてきた「精療クリニック小林」院長の小林和先生、 NPO法人「阪神・淡路大震災1・17希望の灯り」理事で語り部の菊地いつか様にご講演いただくとともに、東日本大震災や熊本地震、 そしてまさに今、コロナ危機の心の支援に携わっている専門家も加わり、市民の皆様からのお声も聞かせていただきながら、 阪神・淡路大震災を軸に危機からのトラウマ/PTSD予防(教育)、初期対応、中長期対応の現状、直面する問題、回復の鍵を明らかにしたいと思います。 添付のチラシをご高覧いただくとともに、先生方のご参加を心よりお待ち申し上げております。 また、子育て中のお父さん、お母さん、教育関係者、地域の方々、医療関係者の方々、どなたでもご参加いただけます。 ぜひご家族や職場、地域の方々を誘っていただき、ご参加ください。 実践知から学びながら、新たな一歩を共に踏み出しましょう。 ご不明点など、どうぞ遠慮なくご連絡をいただけましたら幸いでございます。

市民公開プログラムチラシ 完成�版 (1)
.pdf
Download PDF • 932KB

最新記事

すべて表示

リカバリ―全国フォーラム2021『今こそ考えるピアサポート ~人と人とが支え合うことの意味~』

●~●~●~●~●~●~●~●~●~● リカバリ―全国フォーラム2021 『今こそ考えるピアサポート ~人と人とが支え合うことの意味~』 2021年10月16日(土)& 17日(日) オンライン開催 ●~●~●~●~●~●~●~●~●~●  リカバリー全国フォーラムは、当事者・家族・精神保健医療福祉関係者・市民などが、 立場の違いを超えて全国から集い、活発な議論を行う場として定着しています。  近

第13回 松木邦裕セミナー on the Web「精神分析は憎しみ(Hate)をどう考え、向き合うのか?」

第13回 松木邦裕セミナー on the Web 「精神分析は憎しみ(Hate)をどう考え、向き合うのか?」 今年も引き続き松木先生に学ぶセミナーを企画しました。コロナ禍は終わる気配を見せず、見通しのきかない不安な生活が続いています。その影響の実態をまだ私たちは見極めることはできません。 昨年の第12回セミナーでは「精神分析はネガティブ(負)とどのように向き合うか?」と題してセミナーを行いました。

愛着の視点から子ども支援を学ぶ-迷わない支援を目指す研修会-

「支えている人を,じゃあ誰が支えたらいいんでしょうね」本研修会の打ち合わせで,樋口先生はこう語られました。 少子化社会での虐待数増加,保護者/支援者の心理的孤立化など,子ども支援現場の課題は尽きません。今回は概念が一人歩きしがちな愛着について,専門性のある正しい知識,そして,先駆者の知恵と工夫をテーマにし,これまで学ぶ機会の少なかった支援職の方々に広く届けることを目的としています。児童養護施設の現