• 兵庫県臨床心理士会

【案内】大阪・京都こころの発達研究所 葉 研修の案内

1,描画を読む 基礎力 向上 描画テストを解釈するとき、多くの臨床家や学生は、専門書を広げるのではないでしょうか。しかしながら、専門書のどこを読めば解釈ができるのか、複数の要素をどのようにまとめあげれば良いのかがわからず、「これで合っているのだろうか・・」と不安になることも多いでしょう。本研修では、描画を実施したことがない、あるいは実践し始めたばかりの初学者の方を対象に、バウムテストとHTPPについて、参考図書である高橋依子著『描画テスト』(北大路書房)を共に開き、描画テストの解釈をどのように練り上げていくのか、その過程を学びます。 バウムテスト 2020年11月20日.12月4日.12月18日 隔週金曜 20:00~22:00 3回で6,000円 HTPP 2021年1月15日.2月5日.2月19日 隔週金曜 20:00~22:00 3回で6,000円 ★実際の事例は取り扱いません。 講師紹介(敬称略) 岸本和子(医療法人西浦会 京阪病院)臨床心理士・公認心理師 保健センターや教育センター、老人保健施設などで臨床実践を行っている。長年心理アセスメントの研鑽を積み、心理検査のSVや学会発表を行っている。 参加要件: 臨床心理士、公認心理師、心理検査業務に従事している専門職、臨床心理士養成の大学院生 (事前に参考図書である高橋依子著『描画テスト』(北大路書房 )を用意することができること) 落ち着いて受講できる環境で受講してください。 開催場所: ZOOM(開催前日までにURLを送信します)。録画視聴はありません。録画・録音・撮影やインターネットへの掲載はお断りします。 詳細やお申し込みは下記URLへ。 https://kokoro-you.com/%e6%8f%8f%e7%94%bb%e3%82%92%e8%aa%ad%e3%82%80-%e5%9f%ba%e7%a4%8e%e5%8a%9b-%e5%90%91%e4%b8%8a/


描画を読み取る基礎力向上
.pdf
Download PDF • 330KB

2、オンライン研修 当研究所では、毎月1日にオンライン研修の動画をアップしています。 いくつかをご紹介させていただきます。 9月1日公開 トラウマの安定化 60分 約1500円 https://vimeo.com/ondemand/torauma 長岡病院で心理職として活躍されている河上雄紀先生に講義いただきました。 トラウマを抱えたクライエントは、その圧倒される体験のため気持ちが不安定になったり、症状が強く突発的に生じたりします。 そのため気持ちを安定させ、自身の安心・安全を確保するためのスキルが必要となります。 この動画では、トラウマ治療初心者に対しトラウマを抱えるクライエントへの心理教育の方法、リラクゼーション法等についてお伝えします。 リラクゼーション法は、実際に実践している場面も見ることができ声掛けの方法なども学ぶことができます。 7月1日公開 摂食障害を抱える女性のインテークロールプレイ 35分 約1000円 https://vimeo.com/ondemand/eatingdisorder 神戸学院大学の竹田剛先生は、長年、摂食障害の臨床や研究に携わってこられました。 摂食障害の方にインテークを実施する際に、どのような情報収集をどのように実施することが望ましいのか実際にロールプレイで場面を提示しつつ、摂食障害の病理についての解説をされています。ロールプレイでは10代で拒食から過食に移行し、過食嘔吐を繰り返している女性を対象に、具体的な聞き方を学ぶことができます。 1月1日公開 不登校生の保護者に対する面接法 72分 約1500円 https://vimeo.com/ondemand/hutoukou 兵庫教育大学の上田勝久先生は、SCとして十数年、臨床を続けておられ、多くの不登校児童・生徒やご家族の支援に携わってこられました。 増え続ける不登校児童・生徒に対して、SCにできることは何があるのでしょうか。 不登校の子どもたちの心のあり方について概観し、それぞれの子どもと保護者の状態に応じた面接の方法について解説していただきます。 また、教育現場での臨床では欠かすことのできない教師との連携についても語っていただきます。 その他のオンライン研修一覧に関しては下記のURLをご参照ください。 https://kokoro-you.com/professional/kensyuukai/


オンライン研修チラシ
.pdf
Download PDF • 803KB

最新記事

すべて表示

大阪・京都こころの発達研究所 葉 研修会

1,自尊感情を支える・育む~自分との「つきあい方」の再考を促すアプローチ ~ クライアントが抱える問題は多岐に渡りますが,多くの方は共通して自尊感情が低いという問題,すなわち「自分をこのままでいいと思えない」状態を抱えて来訪します。そのため,セラピストはクライアントの主訴と向き合うことに加えて,自尊感情を高めるという視点も持つことができれば,より丁寧かつ前向きな心理支援が可能になります。 今回は認

研修会「児童思春期の摂食障害-基礎から臨床まで-」

「児童思春期の摂食障害-基礎から臨床まで-」 【会場参加】 2021年1月9日(土)、10日(日)10:00~16:30 ピアザ淡海207会議室 【録画視聴】 2021年1月30日(土)10:00~3月31日(水)20:00 【研修内容】 1日目:児童思春期の摂食障害の基礎知識 2日目:Family Based Treatmentの理論と実践 【講師】 井口 敏之(星ヶ丘マタニティ病院 副院長)

【専門職のための 産業メンタルヘルス通年セミナー】◆◇第8回セミナーのご案内◇◆【仕事と介護の両立に役立つ基礎知識】

総合力を高める!11のステップ 【専門職のための 産業メンタルヘルス通年セミナー】    ◆◇第8回セミナーのご案内◇◆ 【仕事と介護の両立に役立つ基礎知識】  働きながら介護をする労働者は急増し、家族の介護を理由とした離職者は年間 10 万人に及んでいます。 ご自身もお母様の介護をしながら全国を飛び回って介護離職防止を啓発する和氣先生をお迎えして、 「介護離職ゼロ」の現状と取り組みについて学び

© 2020 兵庫県臨床心理士会