• 兵庫県臨床心理士会

【案内】子どもと若者の睡眠覚醒リズムに対する認知行動療法:実践ワークショップ

京都CBTセンター主催

「子どもと若者の睡眠覚醒リズムに対する認知行動療法:実践ワークショップ」


昨今、さまざまな相談場面で生活リズムの訴えが当事者や家族から寄せられています。睡眠―覚醒リズムの問題は、就学期の子どもから社会人の若者まで、多くみられる睡眠の困りごとです。生活と睡眠-覚醒リズムが不規則となると、学校や社会への復帰の困難にさせます。

本ワークショップでは、認知行動療法で睡眠―覚醒リズムの扱い方を講義と演習形式で実際的に学ぶことができます。「明日から使える」睡眠覚醒リズムに対する認知行動療法を、講義と演習を通して学んでみませんか?

※臨床心理士研修ポイント申請予定です。


【配信期間】2020年5月31日(日)〜6月30日(日)


【受講料】オンライン録画視聴(YouTube限定公開):10,000円

なお、録画はお好きな時間に繰り返し何度でも御覧いただけます。


【講師】 中島俊(国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター 臨床技術開発室長)

プロフィール:博士(医学)。臨床心理士/公 認心理師、認定行動療法士、Motivational Interviewing of Network of Trainer(MINT)登録動機づけ面接トレーナー。北海道医療大学、東京医科大学大学院修了。北海道メンタルケアセンター常勤心理士、北海道スクールカウンセラーを経験ののち、東京医科大学睡眠学寄付講座専任助教、睡眠総合ケアクリニック代々木主任心理士、帝京大学文学部心理学科専任講師を経て、現職。NHK『ためしてガッテン』等にも出演し、臨床・研究から得られた知見 の一般啓発にも力を入れている。


【対象】子どもと若者に関わる医療、保健、福祉、産業、教育、司法の有職専門 (認知行動療法初心者の方も歓迎です)


【申込フォーム】

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf3wGIuW8yLwryXGgP-EftbJcIObeoGrDy-Uw0UG5P8KvYAdQ/viewform?usp=send_form

〆切:2020 年 5 月 31 日


【チラシ】

https://drive.google.com/open?id=1pCitmQzt4GmE7Ryb7wcCEthjxgWUS_pj


【お問い合わせ先】mail: kyotocbt01@gmail.com

最新記事

すべて表示

大阪・京都こころの発達研究所 葉 研修会

1,自尊感情を支える・育む~自分との「つきあい方」の再考を促すアプローチ ~ クライアントが抱える問題は多岐に渡りますが,多くの方は共通して自尊感情が低いという問題,すなわち「自分をこのままでいいと思えない」状態を抱えて来訪します。そのため,セラピストはクライアントの主訴と向き合うことに加えて,自尊感情を高めるという視点も持つことができれば,より丁寧かつ前向きな心理支援が可能になります。 今回は認

研修会「児童思春期の摂食障害-基礎から臨床まで-」

「児童思春期の摂食障害-基礎から臨床まで-」 【会場参加】 2021年1月9日(土)、10日(日)10:00~16:30 ピアザ淡海207会議室 【録画視聴】 2021年1月30日(土)10:00~3月31日(水)20:00 【研修内容】 1日目:児童思春期の摂食障害の基礎知識 2日目:Family Based Treatmentの理論と実践 【講師】 井口 敏之(星ヶ丘マタニティ病院 副院長)

【専門職のための 産業メンタルヘルス通年セミナー】◆◇第8回セミナーのご案内◇◆【仕事と介護の両立に役立つ基礎知識】

総合力を高める!11のステップ 【専門職のための 産業メンタルヘルス通年セミナー】    ◆◇第8回セミナーのご案内◇◆ 【仕事と介護の両立に役立つ基礎知識】  働きながら介護をする労働者は急増し、家族の介護を理由とした離職者は年間 10 万人に及んでいます。 ご自身もお母様の介護をしながら全国を飛び回って介護離職防止を啓発する和氣先生をお迎えして、 「介護離職ゼロ」の現状と取り組みについて学び

© 2020 兵庫県臨床心理士会