• 兵庫県臨床心理士会

【案内】学校メンタルヘルス学会 zoomセミナー

新型コロナウィルス感染症が流行し始めて、約半年。感染についての不安や、それに伴う生きづらさを感じている大人や子ども達の心をめぐり、学校現場や家庭などで、今、起きている大切なことについて、オープンダイアローグで著名な斎藤環先生よりご講演をいただきます。また指定討論には市川宏伸先生、小林正幸先生にもご登壇頂きます。皆様のご参加をお待ちしております。 日時:2020年9月21日(月)祝日10:00~12:30 (受付開始 9:30~)  講演 10:00~11:00 指定討論11:00~12:00 質疑応答12:00~12:30 ◇講演「コロナ時代の学校メンタルヘルス」 斎藤環先生 

◇指定討論 斎藤環先生・市川宏伸先生・小林正幸先生  


≪対象≫ 教師、養護教諭、医師、臨床心理士、公認心理師、学生等学校メンタルヘルスに関心がある、または近接領域の方 

≪定員≫ 450名 

≪参加費≫ 学会員2,000円 非学会員3,000円 学生2,000円

     詳しいことは,ファイルをご覧ください。 ≪締切日≫ 2020年9月11日 定員になり次第締め切らせていただきます。 

≪お問合せ先≫ jasmh.kikaku@gmail.com


学校メンタル46回セミナー220200921
.pdf
Download PDF • 284KB

最新記事

すべて表示

こども思春期精神分析セミナー

こども思春期精神分析研究会 コロナ禍の中の精神分析 現在私たちは、世界規模で目に見えない脅威に晒されています。2020年1月頃中国から始まったCovid-19は、瞬く間に全世界に広がり、私たちの生活と取り巻く環境は否応なしに変化を強いられました。臨床実践に携わっている私たちにとっても、クライエントにとっても、様々な影響を及ぼすことになったと言えるでしょう。そして、今も尚、「コロナ禍」の中に私たちは

サリヴァン・フォーラム

サリヴァン・フォーラム 対人関係精神分析の基礎となる対人関係論を創始した、米国の精神科医ハリー・スタック・サリヴァン(1892-1949)の思想と臨床について語り合う広場を開催します。 はじめに、川畑が、スペイン風邪流行後の大恐慌時代の福祉に関するサリヴァンの思想を踏まえ、遠心的な心理支援のパラダイムについてお話しします。続いて、村澤は、中井久夫による仕事を参考にしつつ、生命と環境を結ぶエコロジカ

KIPPセミナー特別編「鑪幹八郎 『森有正との対話の試み(第二弾):アモルファス

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局です。 本年1月21日にオンライン開催しました、鑪幹八郎先生による2020年度KIPP対人関係精神分析セミナー「森有正との対話の試み」の第二弾を急遽開催する運びとなりました。今回は、前回のセミナーで十分に時間を割くことができなかったアモルファス自我構造と日本の精神分析を中心にお話しいただきます。指定討論は、KIPPの川畑直人先生が担当されます。指定討論の

© 2021 兵庫県臨床心理士会