• 兵庫県臨床心理士会

【案内】心理検査を現場にどう活かすか シリーズ① WISC・WAIS(基礎編)『心理検査の導入から結果・所見の活かし方』

研修主催: 兵庫県公認心理師会

心理検査を現場にどう活かすか シリーズ① WISC・WAIS(基礎編)

『心理検査の導入から結果・所見の活かし方』

公認心理師の大きな役割の一つである「支援対象者の心理状態の観察・分析」のための重要なツールである「心理検査」に焦点を当てた研修を企画しております。 クライエントが自身の特性を理解し、家庭・学校・職場等で理解してもらいながら特性を活かすために、心理検査の導入時期や方法、そこでのポイント、結果や所見の伝え方などを一緒に学んでいければと思います。 大変な時期ではございますが、ふるってご参加いただきますようお願い申し上げます。

[日時] 2020 年 10 月 11 日(日) 10:00-12:00(入室9:30~可能) 

[内容] 

話題提供① : 香川葉月 氏(一般社団法人パーマネント・クリエイティブ・マインド)

      『児童福祉領域・教育領域における WISC の活かし方 』 

話題提供② :中谷真弥 氏(明石こころのホスピタル)

      『医療領域におけるウェクスラー式知能検査フィードバックの実際』 

指定討論者 : 佐伯文昭 氏(関西福祉大学) 

[場所] オンライン(Zoom) 

※スマートフォンからでもパソコンからでも、インターネット環境があればご参加いただけます(Wi-Fi環境でのご利用をお勧めいたします) 。 

※申し込み後に、ミーティングID・パスワードをお知らせします。

[参加資格] 今回は、初級者(検査の構成や実施方法を学んだ方)向けの内容となります。そのため、ウェクスラー式知能検査についての基礎的なトレーニングの経験がある方で、 1. 公認心理師有資格者 2. 心理系大学院修了者で公認心理師資格取得予定者 3. 心理系大学院にて公認心理師資格取得を目指している学生 4. 心理系関連資格保有者(学校心理士、産業カウンセラー、特別支援教育士、臨床心理士、臨床発達心理士(※50 音順))の方が対象となります。 

※公認心理師資格をお持ちの方は登録番号の入力が必要となります 

※各種有資格者は資格の種別・資格証の登録番号の入力が必要となります 

※学生は大学名・学部(専攻)・学籍番号の入力が必要となります 


[定員] 100 名(先着順)

[参加費] 2,000 円(税込・手数料込) 

[申込方法] 10/8(木)23:59までに、 

https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=2913048985267887&EventCode=P423452682 から、お申し込み・お支払いをお済ませください。  

※質問等ございましたら、申し込み時に所定の欄にご記入ください。当日も質疑応答の時間はございますので、その際にご質問いただくことも可能です。  

※申込者の事情でキャンセルされました場合には、参加費の返金ができません。ご了承ください。

[問合せ先] 兵庫県公認心理師会 研修班( hyogocpp.kensyu@gmail.com )

[主催] 兵庫県公認心理師会 ホームページ http://hyogocppkensyu.jimdosite.com/

Twitter @hyogocpp_kensyu Facebook 

兵庫県公認心理師会 Instagram hyogocpp  

最新記事

すべて表示

【第3回近畿認知療法・認知行動療法学会のご案内】 第3回近畿認知療法・認知行動療法学会事務局でございます。平素は学会活動にご理解とご協力を賜り、心より厚く御礼申し上げます。 この度、第3回近畿認知療法・認知行動療法学会の開催日程が決定し、大会ホームページ(参加登録サイト)を開設致しましたのでお知らせ致します。下記URLより内容をご確認いただければ幸いです。多数の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げて

主催:対人支援職向け団体Assemble クライエントとの信頼性(ラポール)の築き方、思うように支援が行き届かないこと、様々な背景(家族関係、発達障がい等)の理解など、依存症支援には、特有の難しさに出会うことが多くあります。 今回は、依存症当事者運営の回復施設と協働する、ゲーム障害等嗜癖行動支援施設「カウンセリングスペースやどりぎ」の谷川芳江先生をお招きし、福岡市の委託事業「ゲーム依存等に対応した