• 兵庫県臨床心理士会

【案内】愛育相談所 2020年度オンライン研修セミナー

愛育相談所では、毎年8月に子どもと家族に関わる専門家の方を対象とした研修セミナーを開催しておりますが、今年度は新型コロナウィルス感染拡大予防の観点から、オンラインでの研修セミナーを実施することになりました。


テーマ:「乳幼児期のこころの育ちとそれに対する逆境的体験の影響」

子どもの心の動きや内容、とりわけその問題を理解しようとすると、私たちはついついその横断面にだけ注目しがちです。しかし実際には、出生から始まる発達の過程、すなわち心の縦断面をとらえることなしには子どもの心の全体像を得ることはできません。今回は乳幼児の心理的発達におけるアタッチメント、メンタライジング(心の理論を含む)、そして分離-個体化過程という3つの観点とその相互作用の意義について考えてみたいと思います。さらに、こうした乳幼児の心理的発達に、児童虐待をはじめとする逆境的養育環境での育ちが与える影響についても考えてみたいと思います。 児童精神科医による講義(2時間)の動画配信とその内容に関してZoomでの質疑応答の機会を設けます。


対象者:小・中学校・幼稚園教職員、養護教諭、心理士、看護師、保健師、福祉士、保育士、支援員など子どもに関わる専門職の方。また、上記資格取得を目指している大学生・大学院生。


参加費:4,500円 詳細はリンク先の〔研修セミナーのご案内について〕をご確認ください。 http://www.boshiaiikukai.jp/research_soudan.html

恩賜財団母子愛育会  愛育相談所

最新記事

すべて表示

愛着の視点から子ども支援を学ぶ-迷わない支援を目指す研修会-

「支えている人を,じゃあ誰が支えたらいいんでしょうね」本研修会の打ち合わせで,樋口先生はこう語られました。 少子化社会での虐待数増加,保護者/支援者の心理的孤立化など,子ども支援現場の課題は尽きません。今回は概念が一人歩きしがちな愛着について,専門性のある正しい知識,そして,先駆者の知恵と工夫をテーマにし,これまで学ぶ機会の少なかった支援職の方々に広く届けることを目的としています。児童養護施設の現

強迫症および強迫スペクトラム障害への認知行動療法~アセスメントと課題の作り方

◆タイトル 強迫症および強迫スペクトラム障害への認知行動療法~アセスメントと課題の作り方~ ◆内容 重症な強迫症だけでなく、日常に潜む強迫的な行動の癖の治し方がテーマです。 強迫症の治療技法と思われている曝露反応妨害法、また抜毛やチックの治療はハビットリバーサルという固定観念をやぶって、その応用についてわかりやすく提示してもらいます。 応用を知ることで基本を学ぶのが楽しくなります。繰り返すうつ病や

2021年度 第2回キンダーカウンセラー研修会

2021年度 第2回キンダーカウンセラー研修会 今年度2回目の研修では、「私立幼稚園の“現場教諭のリアル”と“経営者のリアル”を知ろう!」をテーマに、幼稚園教諭、私立幼稚園経営者を講師にお迎えし、お話しいただきます。KCの先生方の多数のご参加をお待ちしております。 <日時>2021年10月24日(日)13:30~16:30 <対象>県内在勤のキンダーカウンセラー <申し込み方法>※9月24日から受