• 兵庫県臨床心理士会

【案内】愛育相談所 2020年度オンライン研修セミナー

愛育相談所では、毎年8月に子どもと家族に関わる専門家の方を対象とした研修セミナーを開催しておりますが、今年度は新型コロナウィルス感染拡大予防の観点から、オンラインでの研修セミナーを実施することになりました。


テーマ:「乳幼児期のこころの育ちとそれに対する逆境的体験の影響」

子どもの心の動きや内容、とりわけその問題を理解しようとすると、私たちはついついその横断面にだけ注目しがちです。しかし実際には、出生から始まる発達の過程、すなわち心の縦断面をとらえることなしには子どもの心の全体像を得ることはできません。今回は乳幼児の心理的発達におけるアタッチメント、メンタライジング(心の理論を含む)、そして分離-個体化過程という3つの観点とその相互作用の意義について考えてみたいと思います。さらに、こうした乳幼児の心理的発達に、児童虐待をはじめとする逆境的養育環境での育ちが与える影響についても考えてみたいと思います。 児童精神科医による講義(2時間)の動画配信とその内容に関してZoomでの質疑応答の機会を設けます。


対象者:小・中学校・幼稚園教職員、養護教諭、心理士、看護師、保健師、福祉士、保育士、支援員など子どもに関わる専門職の方。また、上記資格取得を目指している大学生・大学院生。


参加費:4,500円 詳細はリンク先の〔研修セミナーのご案内について〕をご確認ください。 http://www.boshiaiikukai.jp/research_soudan.html

恩賜財団母子愛育会  愛育相談所

最新記事

すべて表示

一般社団法人 兵庫県公認心理師会 主催 心理検査を現場でどう活かすか シリーズ3 『神経心理学の視点で拡がる知能検査の解釈と実践』 [内容] 第1部:講 演 「神経心理学を活かした知能検査の解釈と実践」 花園大学社会福祉学部 小海 宏之 先生 第2部:検査事例の講師解説 話題提供① 「精神科臨床における成人のWAIS実施事例」 明石こころのホスピタル 高寄 誠 先生 話題提供② 「発達に課題を有す