• 兵庫県臨床心理士会

【案内】日本認知・行動療法学会第46回大会

日本認知・行動療法学会第46回大会をオンライン学会として開催することとなりました。

本大会ではテーマを「基礎研究と臨床応用の協働と新たな展開」とし、これまで以上に基礎研究と臨床現場の協働を図り、認知行動療法の新たなる展開を模索する内容となる予定です。そのために多彩な企画シンポジウムやワークショップ、教育講演、シンポジウム、一般演題等の準備をしております。

特に、大会の目玉として、「笑顔はぐくむ眠育(睡眠教育)と家族の健康~睡眠改善の重要性と実際の睡眠マネジメント~」と題して市民公開講座を企画しております。これは学会員でない方、大会への参加申し込みをされていない方でも自由に視聴いただけるプログラムです。

また、うつ病の脳研究者として著名な岡本泰昌先生(広島大学大学院医系科学研究科教授)に脳科学と認知行動療法に関する講演をお願いしております。

詳細は下記に記しております大会ホームページをご参照ください。



日時:2020年9月11日(正午)~9月30日(正午)

事前参加登録期間:7月1日(水)正午~9月7日(月)

当日参加登録期間:9月11日(金)正午~9月23日(水)

※詳細は大会HPをご参照ください。

大会HP:http://www.cs-oto.com/jabct2020/index.html


日本認知・行動療法学会第46回大会
.pdf
Download PDF • 496KB
日本認知・行動療法学会第46回大会:市民公開シンポジウム
.pdf
Download PDF • 1.47MB

最新記事

すべて表示

発達障害児者の情動調整への支援ー社会性と情動の学習(SEL)プログラムー実践・研究

本研修では、発達障害児者への効果も研究されており、発達障害児者の心理的支援等に関わる専門職としては、知っておくべき知識・技法である認知行動療法について、複数回に渡ってさまざまな先生をお迎えし、研修を行っていただきます。 第4回は2021年8月21日(土)に開催させていただき、発達障害児者の情動調整への支援ー社会性と情動の学習(SEL)プログラムー実践・研究をテーマに、山根 隆宏先生(神戸大学大学院