• 兵庫県臨床心理士会

【案内】日本認知・行動療法学会第46回大会

日本認知・行動療法学会第46回大会をオンライン学会として開催することとなりました。

本大会ではテーマを「基礎研究と臨床応用の協働と新たな展開」とし、これまで以上に基礎研究と臨床現場の協働を図り、認知行動療法の新たなる展開を模索する内容となる予定です。そのために多彩な企画シンポジウムやワークショップ、教育講演、シンポジウム、一般演題等の準備をしております。

特に、大会の目玉として、「笑顔はぐくむ眠育(睡眠教育)と家族の健康~睡眠改善の重要性と実際の睡眠マネジメント~」と題して市民公開講座を企画しております。これは学会員でない方、大会への参加申し込みをされていない方でも自由に視聴いただけるプログラムです。

また、うつ病の脳研究者として著名な岡本泰昌先生(広島大学大学院医系科学研究科教授)に脳科学と認知行動療法に関する講演をお願いしております。

詳細は下記に記しております大会ホームページをご参照ください。



日時:2020年9月11日(正午)~9月30日(正午)

事前参加登録期間:7月1日(水)正午~9月7日(月)

当日参加登録期間:9月11日(金)正午~9月23日(水)

※詳細は大会HPをご参照ください。

大会HP:http://www.cs-oto.com/jabct2020/index.html


日本認知・行動療法学会第46回大会
.pdf
Download PDF • 496KB
日本認知・行動療法学会第46回大会:市民公開シンポジウム
.pdf
Download PDF • 1.47MB

最新記事

すべて表示

【案内】心と体でつながる「新しい」共感実践 ◆オンラインワークショップ

◇【心と体でつながる「新しい」共感実践 ◆オンラインワークショップ◆】のご案内◇ 今回、【心と体でつながる「新しい」共感実践】オンラインWSが10月25日(日)に開催されます。セラピストに必須の「共感」能力の飛躍的な向上に繫がる内容となっています。 講師は心理療法ブレインスポッティング(BSP)の国際トレーナー鈴木孝信氏です。 ブレインスポッティング(BSP)は、EMDRのエキスパートであったD.

【案内】第14回心理臨床ワークショップ~トラウマ治療の実際~

【第14回心理臨床ワークショップ~トラウマ治療の実際~のご案内】 今回は石島洋輔先生(刈谷病院)と道免逸子先生(関西国際大学)をお招きして、近年ニーズの高まっているトラウマ治療のさまざまなテクニックをご講義いただきます。具体的には、トラウマ反応を低減させる方法、あるいはトラウマと併発して生じることの多い解離性同一性障害への対応法として、ナラティブ・エクスポージャーやEMDR TS(=チャンスE

【案内】大阪・京都こころの発達研究所 葉 研修の案内

1,描画を読む 基礎力 向上 描画テストを解釈するとき、多くの臨床家や学生は、専門書を広げるのではないでしょうか。しかしながら、専門書のどこを読めば解釈ができるのか、複数の要素をどのようにまとめあげれば良いのかがわからず、「これで合っているのだろうか・・」と不安になることも多いでしょう。本研修では、描画を実施したことがない、あるいは実践し始めたばかりの初学者の方を対象に、バウムテストとHTPPにつ

© 2020 兵庫県臨床心理士会