• 兵庫県臨床心理士会

【案内】有限会社ケーアイピーピー第4回ウェブセミナー<特別セミナー>

遠隔心理療法の挑戦-テクノロジーを越えて-

エシッグ氏は、このパンデミック状況において、テクノロジーを用いた遠隔心理療法 にどのような特徴と限界があるかを考察し、対面による心理療法にできるだけ近いも のとして機能させる戦略を提案しています。それは、クライエントとセラピストがお 互いの不在の中でお互いの存在に出会おうとする逆説的な状況をどのように経験する かという挑戦です。 エシッグ氏の提案されるガイドラインやいくつかの概念は、第2回・第3回のセミナー でも紹介されました。今回は、それらを、提案者のエシッグ氏との直接対話を通し て、さらに発見的に検討していきます。 参加費の入金確認がとれた方へ、8月末頃に、エシッグ氏の講義動画(日本語翻訳付 き)を配信します。視聴された方から質問や意見を募集し、英訳してエシッグ氏に伝 えます。セミナー当日は、英日通訳付きでライブによる討論を行います。また、予め 準備した日本での臨床素材について検討する時間も設ける予定です。 【日時】 2020年9月13日(日)9:00-10:30 【講師】 Todd Essig(ウィリアム・アランソン・ホワイト精神分析研究所/米国精神分析協会 APsaA’s COVID-19 Advisory Team ) 【参加費】 5,000円 (第4回のみ) 【定員】 80名 【申込方法】 ホームページの申込フォームよりお申し込みください。 https://www.kipp-u.co.jp/webseminar.html 【申込締切】 2020年8月25日(火)

最新記事

すべて表示

【案内】第14回心理臨床ワークショップ~トラウマ治療の実際~

【第14回心理臨床ワークショップ~トラウマ治療の実際~のご案内】 今回は石島洋輔先生(刈谷病院)と道免逸子先生(関西国際大学)をお招きして、近年ニーズの高まっているトラウマ治療のさまざまなテクニックをご講義いただきます。具体的には、トラウマ反応を低減させる方法、あるいはトラウマと併発して生じることの多い解離性同一性障害への対応法として、ナラティブ・エクスポージャーやEMDR TS(=チャンスE

【案内】大阪・京都こころの発達研究所 葉 研修の案内

1,描画を読む 基礎力 向上 描画テストを解釈するとき、多くの臨床家や学生は、専門書を広げるのではないでしょうか。しかしながら、専門書のどこを読めば解釈ができるのか、複数の要素をどのようにまとめあげれば良いのかがわからず、「これで合っているのだろうか・・」と不安になることも多いでしょう。本研修では、描画を実施したことがない、あるいは実践し始めたばかりの初学者の方を対象に、バウムテストとHTPPにつ

【案内】『新型コロナウイルス感染症に際して、どのような心のケアが求められているか?』

兵庫県臨床心理士会 被害者支援専門研修(ひょうごHEART研修) 『新型コロナウイルス感染症に際して、どのような心のケアが求められているか?』 オンライン研修ですので、ご自宅や職場から、パソコンやスマホがあれば、だれでも参加できます(Wi-Fi環境での通信をお勧めします)。臨床心理士資格更新ポイントの申請を予定しており、長丁場となります。話題提供は40分間と短めに設定し、チャットによる質問の書き

© 2020 兵庫県臨床心理士会