• 兵庫県臨床心理士会

【案内】治療的アセスメント:オンラインケースコンサルテーションのご案内

研修主催団体: 治療的アセスメント・アジアパシフィックセンター(ACTA)

この11月、 ACTAでは初の『ACTA2020オンラインケースコンサルテーション』を行うことになりました。1つの成人のケースを毎週2時間ずつ計5回かけて学びます。

 アメリカからはMMPI の大家であるスティーブン・ E ・フィンが、イタリアからはEMP(早期記憶回想法)をイタリアで広めたエキスパートのフランチェスカ・ファンティーニが、そして東京からは中村紀子がロールシャッハを担当し、皆様のご自宅のパソコンで連続講義を行います。心理テストがクライアントに対する「共感の拡大鏡」としていかに活用できるかを学べる絶好の機会です。ご自宅でコンサルテーションを受ける貴重なこの機会をぜひご活用ください。

 治療的アセスメントのこれまでのワークショップへの参加経験は問いません。治療的アセスメントについてよく知りたい方、治療的アセスメントをもっと深めたい方、日本のケースが治療的アセスメントではどのように見立てられるのか知りたいという方も是非ご参加ください。

・講義は全て逐次通訳が付きます。

・参加者の皆様には、オンラインケースコンサルテーションの事前資料として各講師からテストについてのイントロダクションのVTRをお届け致します(youtube予定)添付の案内をご覧いただき、ぜひご参加下さい。


 なお、9/18迄のお申し込みにはお得な早割料金が設定されています。学生割引もあります。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

<ACTA2020オンラインケースコンサルテーション日程>

① 11/6(金) 21:00~23:00 『オリエンテーション (事例概要と検討点の共有: WAIS、バウム、BDI)』 講師:中村紀子

② 11/13(金) 21:00~23:00 『MMPI解釈、質疑応答』講師:スティーブン・E・フィン

③ 11/20(金) 21:00~23:00 『ロールシャッハ解釈、質疑応答』講師:中村紀子

④ 11/27(金) 21:00~23:00 『EMP(早期記憶回想法) 解釈、質疑応答』講師:フランチェスカ・ファンティーニ

⑤ 12/4(金) 21:00~23:00 『まとめ』講師:スティーブン・E・フィン、中村紀子

<詳細>

◆申し込み締切り:2020年10月16日(金)

◆対象者 :カウンセリング・心理療法を行なっている専門家であればどなたでも参加できます。

※【大学院生について】守秘義務を遵守できる心理アセスメントを学んでいる大学院生を指します。

(注)実際のケースを扱うオンライン講義となります。参加される方は家族など他者の出入りのない部屋で、イヤフォンを使用するなど参加者1人で視聴、受講できる環境であることを守秘義務誓約書にて誓約していただきます。

◆定員:50名程度

◆開催場所:Zoomを使ったリモート開催

◆費用

・早割: 9月18日(金)迄…¥28,000(一般)、¥15,000(院生)、¥26,000(TAIメンバー)

・通常:10月16日(金)迄…¥30,000(一般)、¥15,000(院生)、¥26,000(TAIメンバー)

(注)料金は全5回分のオンラインケースコンサステーション参加料、資料代が含まれており、参加回数にかかわらず一律料金であることをご了承ください。

◆申込方法 :HP上の「申し込みフォーム」https://www.asiancta.com/blank-1よりお申込み下さい。

© 2020 兵庫県臨床心理士会