• 兵庫県臨床心理士会

【案内】研修会「離婚紛争のある家庭の子どもの心理」

【本文】

2020年度第1回CCP懇話会を下記のとおり開催します。ふるってご参加ください。

 テ  ー  マ:離婚紛争のある家庭の子どもの心理

 講  師:田 髙  誠 (神戸家庭裁判所・家庭裁判所調査官)

 期  日:2020年10月10日(土) 午後1時30分~午後3時30分

 実施方法:オンライン(Zoom)

 定  員:80名

 参加 費:無 料

 申込方法:氏名、所属、連絡先(E-Mailアドレス)、参加資格(①~④のいずれか、または⑤)を明記の上、次のメールアドレスに連絡願います。

hcpccp@gmail.com

※ 件名を CCP関係(参加希望、問い合わせ、その他)としてください。

※ 申込のあった方には、前日までに、ZoomのURLをお知らせします。

参加資格:① 兵庫県臨床心理士会会員

② 他府県臨床心理士会会員

③ 日本心理臨床学会の正・準会員

④ 日本臨床​心理士資格認定協会が指定する大学院等において臨床心理学を  専攻する大学院生

⑤ その他、公認心理師、実務家等、本テーマに興味・関心ある方

 司法・法務・警察領域研修会(CCP懇話会)は、司法領域の実務者やこの領域に興味・関心がある方々が集まり、情報や意見を交換したり、語り合ったりする気さくな会です。

 これまで犯罪・非行関連をテーマに研修会を開催してきましたが、今回は、司法の場(家事事件)に現れる心理的支援を要する家族の問題をテーマにしました。

 家族のあり方は多様化しており、夫婦の離婚や別居は少なくなくなっています。夫婦の離婚や別居をめぐっては、その過程も含めて当事者である夫婦双方にとって心理的な負担をもたらしますし、生活自体にも変化を生じさせます。また、それは、子どもにとっても同様で、さらには、子どもの成長、発達にも影響を及ぼします。

 今回の研修会では、夫婦の離婚をめぐる当事者とその子どもの理解、そして、それぞれに対する心理的支援について学習していきます。

 講師は、家庭裁判所で、離婚やそれに伴う子どもの問題を担当されてきた家庭裁判所調査官の方です。実務に根ざした実践的なお話を期待できることと思います。

問合せ先 坂 野 剛 崇 (さかのよしたか、大阪経済大学)

連 絡 先 hcpccp@gmail.com

最新記事

すべて表示

大阪・京都こころの発達研究所 葉 研修会

1,自尊感情を支える・育む~自分との「つきあい方」の再考を促すアプローチ ~ クライアントが抱える問題は多岐に渡りますが,多くの方は共通して自尊感情が低いという問題,すなわち「自分をこのままでいいと思えない」状態を抱えて来訪します。そのため,セラピストはクライアントの主訴と向き合うことに加えて,自尊感情を高めるという視点も持つことができれば,より丁寧かつ前向きな心理支援が可能になります。 今回は認

研修会「児童思春期の摂食障害-基礎から臨床まで-」

「児童思春期の摂食障害-基礎から臨床まで-」 【会場参加】 2021年1月9日(土)、10日(日)10:00~16:30 ピアザ淡海207会議室 【録画視聴】 2021年1月30日(土)10:00~3月31日(水)20:00 【研修内容】 1日目:児童思春期の摂食障害の基礎知識 2日目:Family Based Treatmentの理論と実践 【講師】 井口 敏之(星ヶ丘マタニティ病院 副院長)

【専門職のための 産業メンタルヘルス通年セミナー】◆◇第8回セミナーのご案内◇◆【仕事と介護の両立に役立つ基礎知識】

総合力を高める!11のステップ 【専門職のための 産業メンタルヘルス通年セミナー】    ◆◇第8回セミナーのご案内◇◆ 【仕事と介護の両立に役立つ基礎知識】  働きながら介護をする労働者は急増し、家族の介護を理由とした離職者は年間 10 万人に及んでいます。 ご自身もお母様の介護をしながら全国を飛び回って介護離職防止を啓発する和氣先生をお迎えして、 「介護離職ゼロ」の現状と取り組みについて学び

© 2020 兵庫県臨床心理士会