• 兵庫県臨床心理士会

【案内】第2回CBTセミナー~マインドフルネスの臨床応用

【第2回CBTセミナー~マインドフルネスの臨床応用~のご案内】


 Zoomを使ったオンラインセミナーです。後日の録画視聴も可能です。テーマは、第1回のセミナーで希望が多かったマインドフルネスの臨床応用。講師が実際の臨床で、どのようにマインドフルネスを活用しているかを解説します。特に、認知再構成法(コラム法)との併用、曝露法(エクスポージャー)との併用については、詳細にお話する予定です。


 マインドフルネスの基礎をアバウトにでも理解していることが受講の前提になります。不安な方は、オプションで、マインドフルネスの基礎を解説した第1回CBTセミナーを事前に視聴していただけます。


日時:2020年7月19日(日) 15:00~17:00

場所:Zoom(オンライン会議ツール)

    あるいは、後日の録画視聴

料金:できるだけ当日参加していただきたいため、当日参加の料金を低く設定しています。

   (Zoom操作が不安な方のために、事前にリハーサルを行う予定です。)

   とはいえ、録画視聴は期間内ならいつでも、

    くり返し視聴できるというメリットがあります。

   ① 当日のZoomによる参加→3,000円(カメラ・マイク必須)

   ② 後日の録画視聴   →4,000円

   ③ ①と②の両方    →5,000円

 オプション

   ④ 第1回セミナーの録画視聴→+4,000円

    ※マインドフルネスの基礎を解説した第1回セミナー動画の事前視聴。

     入金確認後、できるだけ早く視聴用のURLをお送りします。

     第1回セミナーについては、以下のブログ記事も参考にしてください。

      https://philosophy-psychology.com/20200506-2

対象:保健・医療・教育・産業・福祉・司法などの対人援助職

   (大学院生も可)

講師:若井貴史

    哲学心理研究所 所長(哲学者)

    公認心理師/臨床心理士

    厚生労働省 認知療法・認知行動療法研修修了

    大阪経済大学・花園大学・立命館大学 非常勤講師


なお、講師の実績やプロフィールは、以下のサイトからご覧になれます。

https://philosophy-psychology.com/results

https://philosophy-psychology.com/profile


【哲学心理研究所のご案内】

サイト:https://philosophy-psychology.com/

Twitter:https://twitter.com/Josef_Dietzgen

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC8QKkUuJiw5QoO2ho1t3LXg

 (第1回CBTセミナーに寄せられた質問に答えている動画も公開しています。)


お問い合わせ:京都弁証法認識論研究会

   E-mail:kyoto.dialektik@gmail.com


お申し込み:https://forms.gle/pM2gzmMo7tekgBYi7


〆切:Zoomによる当日参加は定員に達ししだい締め切ります。

   第1回のセミナーでは2週間ほどで定員に達しましたのでご注意ください。

最新記事

すべて表示

2020年度第2回医療保健領域研修会について

表題の件について下記の通り開催を予定しております。 日時:2021年1月24日(日)10:00~16:30 参加資格:兵庫県臨床心理士会会員 詳細は、会員マイページの「イベント情報」に掲載しております。 お申し込みもマイページから可能となりますので、ぜひご覧ください。 https://hyorinsin.shikuminet.jp/events/9/ ※会員マイページのご利用には、ログインアカウン

心の健康ビデオセミナー

研修主催団体: 公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団 研修内容: 当財団は30年前に設立され、不安症・うつ等に対する精神療法の研究や普及活動への助成金交付、当事者向け・専門家向け無料セミナー、無料の電話・メール相談、無料カウンセリング、専門図書室運営など心の健康のための公益事業を行っております。 近年は各種セミナーを年間20開催ほど実施しておりましたが、COVID-19の影響で一堂に会するセミナ

大阪・京都こころの発達研究所 葉 研修会

1,自尊感情を支える・育む~自分との「つきあい方」の再考を促すアプローチ ~ クライアントが抱える問題は多岐に渡りますが,多くの方は共通して自尊感情が低いという問題,すなわち「自分をこのままでいいと思えない」状態を抱えて来訪します。そのため,セラピストはクライアントの主訴と向き合うことに加えて,自尊感情を高めるという視点も持つことができれば,より丁寧かつ前向きな心理支援が可能になります。 今回は認

© 2020 兵庫県臨床心理士会