• 兵庫県臨床心理士会

【案内】第8回不登校・ひきこもり支援者研修会 動画視聴講習について

【講演テーマ】

『レジリエンスを育む』

本研修では、今回出版された「レジリエンスを育む―ポリヴェーガル理論による発達性トラウマの治癒」の内容を元に、こころの不調と回復を神経系の調整からアプローチする視点を学んでいきます。日本におけるこの分野の臨床実践のパイオニアの一人でもある浅井咲子さんを講師にお招きし、神経系をどう導き、適切に癒しを進めていくのに必要である様々なコンセプトを挙げ、愛着との関連についてもわかりやすく説明していただきます。そして、発達性トラウマのみに限らず、ひきこもりや発達障がいや他の臨床にも応用できる「調整ベーストアプローチ」を紹介していただきます。 


【講師】

浅井 咲子

公認心理師、アート・オブ・セラピー代表、SEトレードマーク認定上級グループコンサルタント。

外務省在外公館派遣員としてロンドンにある日本国大使館に勤務。その後渡米し、カリフォルニア州のジョ ン F ケネディ大学院で、カウンセリング心理学修士号(身体心理学)取得。2005 年に米国でソマティック・エクスペリエンシングトレードマーク療法に出会い、現在に至るまで、このトラウマ療法の普及に尽力。帰国後教育センター、企業内で相談員として勤務。2008年から私設セラピストとしてアート・オブ・セラピーというカウンセリングルームを主宰し(http://www.aftoftherapy.net/)、 内的家族システム療法(IFS)、総括的リソースモデル(CRM)などの療法も取り入れ、神経系に働きかけて症状を改善することを目指している。 翻訳書に P.リヴァイン著「子どものトラウマ・セラピー」(雲母書房 2010年)、K.ケイン・S.テレール著「レジリエンスを育む」(岩崎学術出版社 2019年)、著書に「自律神経セルフメンテナンス」(非営利活動法人ratik 2014年)、 「100%魂のかたち」(ヒカルランド 2017年)、「今、ここ神経エクササイズ」(梨の木舎 2017年)がある。


【視聴期間】

2020年4月13日(月)~5月31日(日)22:00


【参加形式】

動画視聴


【対象】

臨床心理士、支援者、大学院生、大学生


【参加費】

15,000円


【お申込み・お問合せ】

メールの件名に「動画視聴受講申込」と記載し、メールの本文に①お名前、②所属先、③メールアドレス、④電話番号を記載の上、当団体事務局までお申込みください。


NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチ 事務局

MAIL: mentalcr@yahoo.co.jp

ホームページ:https://www.mcr-npo.com/

最新記事

すべて表示

研修:一般社団法人 読み書き配慮

【河野俊寛先生による URAWSSⅡ講習(3月開催)】 ■参加費:25,000円(テキスト代・検査キット・送料等含む) ■日程2日間(3月12日(土)10:00~16:00・3月13日(日) 10:00~16:00) ■お申込み:http://ptix.at/ilE8NI ■開催方法:オンライン開催(Zoomウェビナーによるライブ配信&後日アーカイブ配信) ■イベント詳細 読み書き困難の発生率は8

少人数制 実践型認知行動療法トレーニングワークショップ

少人数制 実践型認知行動療法トレーニングワークショップ 本ワークショップは、書籍などで認知行動療法(以下、CBT)を学んだが、実戦経験が乏しい支援者が実際にCBTの体験を通して実践力を養うWSです。CBTを上手くなるためには、まず自身で体験してみることが大切です!   少人数制のグループで、初回から終結までの流れを様々なワークを通じて身に着けていきます。CBT実施にあたりご不明な点等は、京都CBT

東京大学「職域・地域架橋型-価値に基づく支援者育成」第4回公開シンポジウム

■TICPOC 価値に基づく支援者育成第4回公開シンポジウム 「当事者中心の時代の専門性」 講演者:安田菜津紀/熊谷晋一郎/國分功一郎/東畑開人/富樫公一(敬称略) ■東京大学 医学のダイバーシティ教育研究センター キックオフシンポジウム 「医療と医学における構成員の当事者性と専門性」 講演者:綾屋紗月/白澤麻弓/宮本有紀/熊谷晋一郎/星加良司/柳下祥(敬称略) 詳細はこちらをご覧ください。 ht