• 兵庫県臨床心理士会

【案内】第8回不登校・ひきこもり支援者研修会 動画視聴講習について

【講演テーマ】

『レジリエンスを育む』

本研修では、今回出版された「レジリエンスを育む―ポリヴェーガル理論による発達性トラウマの治癒」の内容を元に、こころの不調と回復を神経系の調整からアプローチする視点を学んでいきます。日本におけるこの分野の臨床実践のパイオニアの一人でもある浅井咲子さんを講師にお招きし、神経系をどう導き、適切に癒しを進めていくのに必要である様々なコンセプトを挙げ、愛着との関連についてもわかりやすく説明していただきます。そして、発達性トラウマのみに限らず、ひきこもりや発達障がいや他の臨床にも応用できる「調整ベーストアプローチ」を紹介していただきます。 


【講師】

浅井 咲子

公認心理師、アート・オブ・セラピー代表、SEトレードマーク認定上級グループコンサルタント。

外務省在外公館派遣員としてロンドンにある日本国大使館に勤務。その後渡米し、カリフォルニア州のジョ ン F ケネディ大学院で、カウンセリング心理学修士号(身体心理学)取得。2005 年に米国でソマティック・エクスペリエンシングトレードマーク療法に出会い、現在に至るまで、このトラウマ療法の普及に尽力。帰国後教育センター、企業内で相談員として勤務。2008年から私設セラピストとしてアート・オブ・セラピーというカウンセリングルームを主宰し(http://www.aftoftherapy.net/)、 内的家族システム療法(IFS)、総括的リソースモデル(CRM)などの療法も取り入れ、神経系に働きかけて症状を改善することを目指している。 翻訳書に P.リヴァイン著「子どものトラウマ・セラピー」(雲母書房 2010年)、K.ケイン・S.テレール著「レジリエンスを育む」(岩崎学術出版社 2019年)、著書に「自律神経セルフメンテナンス」(非営利活動法人ratik 2014年)、 「100%魂のかたち」(ヒカルランド 2017年)、「今、ここ神経エクササイズ」(梨の木舎 2017年)がある。


【視聴期間】

2020年4月13日(月)~5月31日(日)22:00


【参加形式】

動画視聴


【対象】

臨床心理士、支援者、大学院生、大学生


【参加費】

15,000円


【お申込み・お問合せ】

メールの件名に「動画視聴受講申込」と記載し、メールの本文に①お名前、②所属先、③メールアドレス、④電話番号を記載の上、当団体事務局までお申込みください。


NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチ 事務局

MAIL: mentalcr@yahoo.co.jp

ホームページ:https://www.mcr-npo.com/

最新記事

すべて表示

2020年度第2回医療保健領域研修会について

表題の件について下記の通り開催を予定しております。 日時:2021年1月24日(日)10:00~16:30 参加資格:兵庫県臨床心理士会会員 詳細は、会員マイページの「イベント情報」に掲載しております。 お申し込みもマイページから可能となりますので、ぜひご覧ください。 https://hyorinsin.shikuminet.jp/events/9/ ※会員マイページのご利用には、ログインアカウン

大阪・京都こころの発達研究所 葉 研修会

1,自尊感情を支える・育む~自分との「つきあい方」の再考を促すアプローチ ~ クライアントが抱える問題は多岐に渡りますが,多くの方は共通して自尊感情が低いという問題,すなわち「自分をこのままでいいと思えない」状態を抱えて来訪します。そのため,セラピストはクライアントの主訴と向き合うことに加えて,自尊感情を高めるという視点も持つことができれば,より丁寧かつ前向きな心理支援が可能になります。 今回は認

研修会「児童思春期の摂食障害-基礎から臨床まで-」

「児童思春期の摂食障害-基礎から臨床まで-」 【会場参加】 2021年1月9日(土)、10日(日)10:00~16:30 ピアザ淡海207会議室 【録画視聴】 2021年1月30日(土)10:00~3月31日(水)20:00 【研修内容】 1日目:児童思春期の摂食障害の基礎知識 2日目:Family Based Treatmentの理論と実践 【講師】 井口 敏之(星ヶ丘マタニティ病院 副院長)

© 2020 兵庫県臨床心理士会