• 兵庫県臨床心理士会

【案内】第12回松木邦裕セミナー

研修会名:第12回松木邦裕セミナー

研修主催団体: あざみ野心理オフィス

研修内容: 私共は、神奈川県にある開業臨床心理オフィスです。当オフィスでは、毎年、精神分析家の松木邦裕先生に学ぶセミナーを企画しております。 今年はWEBでの開催となり、この機会に遠方の皆さまにも是非ご参加いただきたく、研修情報を掲載していただいた次第です。 以下、当オフィス共同主宰の岩倉拓より、セミナーのご案内となっております。ご覧いただき、多くの方にご参加いただければ幸いです。 第12回目となる今年の松木邦裕セミナーでは、松木先生の「ものの見方、とらえ方」自体に焦点を当てようと思います。現在の心理臨床における一つの趨勢として、実証性やわかりやすさ、アクセシビリティ、そしてポジティブさが求められています。これらは大切な観点です。一方、松木先生の臨床はこれらの傾向と反対の極を示している面があると言えましょう。そこには一貫して、自らの感覚に開かれていること、真実を見極めようとしする姿勢があり、「ネガティブ(負)」を見続けるという視点があります。 今年はコロナ禍という未曽有の事態が起こり、私たちの心理臨床、生活、そして人生も変化を余儀なくされています。そして、この先行きの見えない不安の中、負の感情が横溢していることを私たちは感じとっています。このパンデミックという事態そのもの、そして、コロナ下の臨床について松木先生は何を感じ、何を見ているのでしょうか?私たちはこの負の事態とどう向き合えばいいのでしょうか?今回は、このような問いを真正面からぶつけてみようと思います。 第1部では、松木先生に「精神分析からみたネガティブ(負)」の講義とコロナ禍におけるネガティブについての質疑応答を行いたいと思います。 第2部ではコンパクトな私たちの臨床ビネットを提示し、全体状況の変化の中で、ケースの負の感情をどのようにワークするのかについて検討します。 第3部の「臨床談義」では、参加者の皆様から松木先生に聞いてみたいことを受け付けます。臨床に限らず、さまざまな質問や疑問をぶつけてみましょう。どのような問いにも松木先生は真摯に率直に答えてくださいます。例年、思いもよらない話が聴ける機会となります。皆様からの予想外の質問を楽しみにしています。

 セミナーの詳細は、添付の案内をご覧ください。 皆様のご参加をお待ちしております。 また、関心がある方へお知らせいただけましたら幸いです。


令和2年8月吉日 あざみ野心理オフィス 主宰 岩倉 拓

---------------------

第12回松木邦裕セミナー

日時 2020年11月29日(日)10:30~15:30

場所 オンライン(ZOOM)

参加費 3,500円

参加資格 臨床心理士、公認心理師、医師、保健師、看護師、社会福祉士など、守秘義務の守れる医療・福祉・教育関係の有資格者。もしくは臨床心理学を専攻している大学院生・修了生。 (参加資格について確認させていただく場合があります)

[第1部] (10:00 -10:30 の間は接続確認時間とします)

10:30-10:40 はじめに 

10:40-11:40 講義「精神分析はネガティブ(負)とどう向き合うのか?)」

(5分休憩)

11:45―12:15 「ネガティブ」に関する質疑応答

昼休憩:12:15-13:00


[第2部]

13:00-14:20 ライブスーパービジョン「事例提供によるスーパービジョン」(構造変化をどのように考えるか)

(10分休憩)


[第3部] 14:30-15:30 臨床談義


お申し込み方法 PC、スマートフォン等で下記のURLから申し込みフォームにアクセスし、必要事項を記入の上、送信してください。

URL: https://forms.gle/b54Scc4XNnK4ooJ39

お申し込みいただいた方には、申し込み受領のお知らせと振り込み方法をご連絡します。 *********************************************

あざみ野心理オフィス セミナー事務局

225-0012 横浜市青葉区あざみ野南2-13-1 あざみ野心理オフィス内

メール seminar@azaminoshinri.net FAX 045-532-9894(FAX専用) *********************************************

最新記事

すべて表示

【案内】心と体でつながる「新しい」共感実践 ◆オンラインワークショップ

◇【心と体でつながる「新しい」共感実践 ◆オンラインワークショップ◆】のご案内◇ 今回、【心と体でつながる「新しい」共感実践】オンラインWSが10月25日(日)に開催されます。セラピストに必須の「共感」能力の飛躍的な向上に繫がる内容となっています。 講師は心理療法ブレインスポッティング(BSP)の国際トレーナー鈴木孝信氏です。 ブレインスポッティング(BSP)は、EMDRのエキスパートであったD.

【案内】第14回心理臨床ワークショップ~トラウマ治療の実際~

【第14回心理臨床ワークショップ~トラウマ治療の実際~のご案内】 今回は石島洋輔先生(刈谷病院)と道免逸子先生(関西国際大学)をお招きして、近年ニーズの高まっているトラウマ治療のさまざまなテクニックをご講義いただきます。具体的には、トラウマ反応を低減させる方法、あるいはトラウマと併発して生じることの多い解離性同一性障害への対応法として、ナラティブ・エクスポージャーやEMDR TS(=チャンスE

【案内】大阪・京都こころの発達研究所 葉 研修の案内

1,描画を読む 基礎力 向上 描画テストを解釈するとき、多くの臨床家や学生は、専門書を広げるのではないでしょうか。しかしながら、専門書のどこを読めば解釈ができるのか、複数の要素をどのようにまとめあげれば良いのかがわからず、「これで合っているのだろうか・・」と不安になることも多いでしょう。本研修では、描画を実施したことがない、あるいは実践し始めたばかりの初学者の方を対象に、バウムテストとHTPPにつ

© 2020 兵庫県臨床心理士会