• 兵庫県臨床心理士会

【案内】第6 回 近畿ブロック臨床心理士会 被害者支援合同研修 『トラウマの理解とケア~被災した⼤⼈と⼦どもたち~』

更新日:2020年9月29日

第6回 近畿ブロック臨床心理士会 被害者支援合同研修

 『トラウマの理解とケア~被災した⼤⼈と⼦どもたち~』  


今年度の研修会では、金吉晴先生を講師にお招きし、「トラウマの理解とケア:被災した大人と子どもたち」をテーマにご講義していただきます。

 被災した子ども(人)たち、特に急性ストレス反応や災害後のトラウマ反応などを示す子ども(人)の状態を理解し、必要なケア、特にトラウマのケアを中心に、現地で有効な被災した人に対する支援について学ぶ機会とします。

 みなさまのご参加お待ちしています。


[日時] 2020年11月1日(日) 10:00−16:00

[場所] オンライン開催(Zoomを使用します)

[講師]  金 吉晴 先生(国立精神・神経医療研究センター・精神保健研究所/所長、精神保健研究所 行動医学研究部/部長、同研究所ストレス・災害時こころの情報支援センター/センター長)

[プログラム]  

9:30 受付開始  

10:00 開会

    講義   

12:00 昼休憩  

13:00 講義

    質疑応答  

16:00 閉会

[参加資格] 臨床心理士(※定員100名まで)

[参加費] 2,000円

[申込方法] 10/15(木)までに、以下のGoogleフォームよりお申し込みください。定員となった時点で締め切らせていただきます。  

https://forms.gle/5YRg6sZbknJKUXT17





[その他]

・参加申し込み時のガイドラインに同意いただけない場合は受講できません。  

・申し込み後参加費の振り込み先をお知らせします。振り込み確認後ZoomのURLをお知らせします。  

・Zoomのダウンロード、通信環境や使用方法は各自にてご準備ください。  

・開始直前は承認作業のため混雑する可能性がありますので、余裕をもってご参加ください。  

・本研修会は臨床心理士資格更新ポイントの申請を予定しています。  

・30分以上の遅刻・早退をされた場合は、研修証明書の発行はできません。


[問い合わせ] kinki.jws2020@gmail.com

[主催] 近畿ブロック臨床心理士会

(2020.11
.01)第6回 近畿ブロック臨床心理士会 被害者・被災者支援合同
Download 01)第6回 近畿ブロック臨床心理士会 被害者・被災者支援合同 • 2.07MB

最新記事

すべて表示

日本ブリーフセラピー協会 第13回学術会議 変化と持続-変われば変わる程、同じこと-

日本ブリーフセラピー協会 第13回学術会議 変化と持続-変われば変わる程、同じこと- <大会概要>本大会は、現在の社会情勢を鑑み、対面開催とオンライン開催のハイブリッド形式で実施いたします。昨年度大会の先進的な取り組みを活かしつつ、ブリーフセラピーの原点を大切にするそんな大会を目指しています。今回の大会特別企画では、1度きりの面接でクライアントが解決に進んでいかれる方法であるシングルセッションセラ

リカバリ―全国フォーラム2021『今こそ考えるピアサポート ~人と人とが支え合うことの意味~』

●~●~●~●~●~●~●~●~●~● リカバリ―全国フォーラム2021 『今こそ考えるピアサポート ~人と人とが支え合うことの意味~』 2021年10月16日(土)& 17日(日) オンライン開催 ●~●~●~●~●~●~●~●~●~●  リカバリー全国フォーラムは、当事者・家族・精神保健医療福祉関係者・市民などが、 立場の違いを超えて全国から集い、活発な議論を行う場として定着しています。  近

第13回 松木邦裕セミナー on the Web「精神分析は憎しみ(Hate)をどう考え、向き合うのか?」

第13回 松木邦裕セミナー on the Web 「精神分析は憎しみ(Hate)をどう考え、向き合うのか?」 今年も引き続き松木先生に学ぶセミナーを企画しました。コロナ禍は終わる気配を見せず、見通しのきかない不安な生活が続いています。その影響の実態をまだ私たちは見極めることはできません。 昨年の第12回セミナーでは「精神分析はネガティブ(負)とどのように向き合うか?」と題してセミナーを行いました。