• 兵庫県臨床心理士会

【案内】精神分析研究会・神戸 オンラインセミナー開催

精神分析研究会・神戸 オンラインセミナー開催についてのご案内


私があなたに感染させる,あるいはあなたが私に感染させるかもしれない状況にあって,どのように臨床的つながりを維持できるのでしょうか。また,臨床家として考え続けることができるのでしょうか。精神分析研究会・神戸は2020年度のセミナーをZoomによる全面オンライン,現地集合なしで開催して,これらのニーズにお応えしたいと思っています。

講義については,右端に現れる講師を見ながら,Zoomの画面で講師の作られたパワーポイントを見ることができます。また,印刷することもできます。ケース検討会もZoomで行います。症例のレジュメは画面に閲覧のみ可能な状態にして提示します。

今年度参加申込をされた方には,後日,研究会の方から「Zoom会議への招待URL」をメールで送ります。それをクリックしていただければ,ごく簡単に当日のセミナーに入れます。

今年度セミナーの申込期限を4月30日までに延長していますので,ホームページから申し込んでください。皆様とともに学ぶ場を維持できることを心から願っています。


また,何かご不明な点がございましたら,下記のアドレスまでご連絡ください。

bunseki-kobe@yacht.ocn.ne.jp

最新記事

すべて表示

こども思春期精神分析セミナー

こども思春期精神分析研究会 コロナ禍の中の精神分析 現在私たちは、世界規模で目に見えない脅威に晒されています。2020年1月頃中国から始まったCovid-19は、瞬く間に全世界に広がり、私たちの生活と取り巻く環境は否応なしに変化を強いられました。臨床実践に携わっている私たちにとっても、クライエントにとっても、様々な影響を及ぼすことになったと言えるでしょう。そして、今も尚、「コロナ禍」の中に私たちは

サリヴァン・フォーラム

サリヴァン・フォーラム 対人関係精神分析の基礎となる対人関係論を創始した、米国の精神科医ハリー・スタック・サリヴァン(1892-1949)の思想と臨床について語り合う広場を開催します。 はじめに、川畑が、スペイン風邪流行後の大恐慌時代の福祉に関するサリヴァンの思想を踏まえ、遠心的な心理支援のパラダイムについてお話しします。続いて、村澤は、中井久夫による仕事を参考にしつつ、生命と環境を結ぶエコロジカ

KIPPセミナー特別編「鑪幹八郎 『森有正との対話の試み(第二弾):アモルファス

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局です。 本年1月21日にオンライン開催しました、鑪幹八郎先生による2020年度KIPP対人関係精神分析セミナー「森有正との対話の試み」の第二弾を急遽開催する運びとなりました。今回は、前回のセミナーで十分に時間を割くことができなかったアモルファス自我構造と日本の精神分析を中心にお話しいただきます。指定討論は、KIPPの川畑直人先生が担当されます。指定討論の

© 2021 兵庫県臨床心理士会