• 兵庫県臨床心理士会

【案内】自閉スペクトラム症と知的障害で「私」の発達は異なるのか?~心理療法と発達研究の視点から~

自閉スペクトラム症と知的障害で「私」の発達は異なるのか?

~心理療法と発達研究の視点から~


発達心理学や脳神経科学の知見から、自己や「私」は他者との関係性に応じて生成されることが示されています。一方で、知的障害や発達障害のある人の中には、他者との関係性において「私」を捉えることが困難であったり、そのことで苦悩を感じる実態があります。

今回は知的障害や発達障害のある人に対する心理療法を実践・研究されてきたお二人の研究者をお招きし、「私」を巡る発達の差異や臨床的問題とその実践について話題提供をしていただきます。そして、発達心理学の立場から自閉症や自己の発達を研究されてきた浜田寿美男先生に指定討論者としてコメントいただきます。

障害のある人への心理療法的アプローチの可能性と課題や、障害のある人の「私」の生成を巡って、心理療法と発達研究等の学際的視点から議論をしたいと思います。心理職、大学院生、関連職種、どなたでもご参加下さい。


日時

 2020年12月6日(日) 13:00~15:00


実施形式

 ZOOMによるオンライン形式


内容

 〇話題提供1:

 「自閉スペクトラム症の受身性の文脈から」 

  松本 拓真(岐阜大学教育学部)

 〇話題提供2:

 「知的障害をもつ人の『私』とその心理療法について」

  中島 由宇(東海大学文化社会学部)

 〇指定討論:

 「発達心理学の立場から」

  浜田 寿美男(奈良女子大学)


参加方法

 下記メールアドレスまで、件名を「セミナー申込」としたうえで、①お名前、②ご所属をメールで12月3日までにお申込下さい。前日にZOOMの招待メールを送信します。

※お送りいただいた個人情報は、本イベントの運営の目的のみに使用いたします。


お問い合わせ先

 山根 隆宏 (神戸大学大学院人間発達環境学研究科)

 yamane@pearl.kobe-u.ac.jp


主催

 神戸大学大学院人間発達環境学研究科山根ゼミ

共催

 学術Weeks2020

学術weekポスター2020
.pdf
Download PDF • 286KB

最新記事

すべて表示

研修:一般社団法人 読み書き配慮

【河野俊寛先生による URAWSSⅡ講習(3月開催)】 ■参加費:25,000円(テキスト代・検査キット・送料等含む) ■日程2日間(3月12日(土)10:00~16:00・3月13日(日) 10:00~16:00) ■お申込み:http://ptix.at/ilE8NI ■開催方法:オンライン開催(Zoomウェビナーによるライブ配信&後日アーカイブ配信) ■イベント詳細 読み書き困難の発生率は8

少人数制 実践型認知行動療法トレーニングワークショップ

少人数制 実践型認知行動療法トレーニングワークショップ 本ワークショップは、書籍などで認知行動療法(以下、CBT)を学んだが、実戦経験が乏しい支援者が実際にCBTの体験を通して実践力を養うWSです。CBTを上手くなるためには、まず自身で体験してみることが大切です!   少人数制のグループで、初回から終結までの流れを様々なワークを通じて身に着けていきます。CBT実施にあたりご不明な点等は、京都CBT

東京大学「職域・地域架橋型-価値に基づく支援者育成」第4回公開シンポジウム

■TICPOC 価値に基づく支援者育成第4回公開シンポジウム 「当事者中心の時代の専門性」 講演者:安田菜津紀/熊谷晋一郎/國分功一郎/東畑開人/富樫公一(敬称略) ■東京大学 医学のダイバーシティ教育研究センター キックオフシンポジウム 「医療と医学における構成員の当事者性と専門性」 講演者:綾屋紗月/白澤麻弓/宮本有紀/熊谷晋一郎/星加良司/柳下祥(敬称略) 詳細はこちらをご覧ください。 ht