• 兵庫県臨床心理士会

【案内】自閉スペクトラム症と知的障害で「私」の発達は異なるのか?~心理療法と発達研究の視点から~

自閉スペクトラム症と知的障害で「私」の発達は異なるのか?

~心理療法と発達研究の視点から~


発達心理学や脳神経科学の知見から、自己や「私」は他者との関係性に応じて生成されることが示されています。一方で、知的障害や発達障害のある人の中には、他者との関係性において「私」を捉えることが困難であったり、そのことで苦悩を感じる実態があります。

今回は知的障害や発達障害のある人に対する心理療法を実践・研究されてきたお二人の研究者をお招きし、「私」を巡る発達の差異や臨床的問題とその実践について話題提供をしていただきます。そして、発達心理学の立場から自閉症や自己の発達を研究されてきた浜田寿美男先生に指定討論者としてコメントいただきます。

障害のある人への心理療法的アプローチの可能性と課題や、障害のある人の「私」の生成を巡って、心理療法と発達研究等の学際的視点から議論をしたいと思います。心理職、大学院生、関連職種、どなたでもご参加下さい。


日時

 2020年12月6日(日) 13:00~15:00


実施形式

 ZOOMによるオンライン形式


内容

 〇話題提供1:

 「自閉スペクトラム症の受身性の文脈から」 

  松本 拓真(岐阜大学教育学部)

 〇話題提供2:

 「知的障害をもつ人の『私』とその心理療法について」

  中島 由宇(東海大学文化社会学部)

 〇指定討論:

 「発達心理学の立場から」

  浜田 寿美男(奈良女子大学)


参加方法

 下記メールアドレスまで、件名を「セミナー申込」としたうえで、①お名前、②ご所属をメールで12月3日までにお申込下さい。前日にZOOMの招待メールを送信します。

※お送りいただいた個人情報は、本イベントの運営の目的のみに使用いたします。


お問い合わせ先

 山根 隆宏 (神戸大学大学院人間発達環境学研究科)

 yamane@pearl.kobe-u.ac.jp


主催

 神戸大学大学院人間発達環境学研究科山根ゼミ

共催

 学術Weeks2020

学術weekポスター2020
.pdf
Download PDF • 286KB

最新記事

すべて表示

2020年度第2回医療保健領域研修会について

表題の件について下記の通り開催を予定しております。 日時:2021年1月24日(日)10:00~16:30 参加資格:兵庫県臨床心理士会会員 詳細は、会員マイページの「イベント情報」に掲載しております。 お申し込みもマイページから可能となりますので、ぜひご覧ください。 https://hyorinsin.shikuminet.jp/events/9/ ※会員マイページのご利用には、ログインアカウン

大阪・京都こころの発達研究所 葉 研修会

1,自尊感情を支える・育む~自分との「つきあい方」の再考を促すアプローチ ~ クライアントが抱える問題は多岐に渡りますが,多くの方は共通して自尊感情が低いという問題,すなわち「自分をこのままでいいと思えない」状態を抱えて来訪します。そのため,セラピストはクライアントの主訴と向き合うことに加えて,自尊感情を高めるという視点も持つことができれば,より丁寧かつ前向きな心理支援が可能になります。 今回は認

研修会「児童思春期の摂食障害-基礎から臨床まで-」

「児童思春期の摂食障害-基礎から臨床まで-」 【会場参加】 2021年1月9日(土)、10日(日)10:00~16:30 ピアザ淡海207会議室 【録画視聴】 2021年1月30日(土)10:00~3月31日(水)20:00 【研修内容】 1日目:児童思春期の摂食障害の基礎知識 2日目:Family Based Treatmentの理論と実践 【講師】 井口 敏之(星ヶ丘マタニティ病院 副院長)

© 2020 兵庫県臨床心理士会