• 兵庫県臨床心理士会

【案内】 トラウマセラピー・神経自我統合アプローチを学ぶ

創立30周年記念イベント第二弾として、臨床心理士や公認心理師などトラウマ被害者の心理支援に携わる専門家向けのオンライン研修会を開催します。講師は一般向けZoom講演と同じく、浅井咲子先生です。

8月23日、10月18日の2日間を通して、浅井先生が開発されたトラウマセラピー「神経自我統合アプローチ」を学びます。


トラウマについて基礎から学びたい、トラウマの心理支援に役立てたい・・など、このテーマに関心のある専門家の皆様のご参加をお待ちしています。 ここで少し、浅井咲子先生のご紹介をさせていただきますと・・、 浅井先生は公認心理師、アート・オブ・セラピー代表、SE™認定上級グループコンサルタントを務めながら、SE™療法をはじめトラウマ療法の普及にご尽力されています。数々のトラウマ関連の翻訳書を出版、著書も精力的に執筆されています。


女性ライフサイクル研究所にも過去に講師としてお越しくださり、臨床家を対象に「解放のフィジオロジー講座」ベーシック&アドバンス(2016年)、スーパーアドバンス(2018年)、「SE紹介&ポリヴェーガル理論を学ぶワークショップ」(2017年)を開催、トラウマの神経生理学的な理解を深めながらソマティックなアプローチをご指導いただきました。参加者の皆様には大変好評を得ております。


今回、30周年記念イベントとして研修講師をご依頼したところ快く引き受けてくださり、「神経自我統合アプローチを学ぶ」講座を開催いただけることになりました。トラウマ神経系理論に精通し、内的家族システム療法など最新のアプローチも臨床に取り入れながら心身統合的なアプローチを実践されている先生から、安全に、トラウマの回復と癒しをサポートするエッセンスを学べる機会とスタッフ一同楽しみにしております。

**************************************

【講 師】浅井咲子氏

【日 程】 2020年 8月23日(日)10:00-16:00 2020年10月18日(日)10;00-16:00

【対 象】臨床心理士、公認心理師などトラウマ被害者の心理支援に携わる専門家

 ※グループ実習あり。 ※全日程参加可能な方。 ※臨床心理士資格更新ポイント申請予定

【参加費】入門・基礎編2日間で22,000円

【定 員】先着30名 【参加申込URL】https://forms.gle/ExcrB3hZLXGunLxPA

最新記事

すべて表示

大阪・京都こころの発達研究所 葉 研修会

1,自尊感情を支える・育む~自分との「つきあい方」の再考を促すアプローチ ~ クライアントが抱える問題は多岐に渡りますが,多くの方は共通して自尊感情が低いという問題,すなわち「自分をこのままでいいと思えない」状態を抱えて来訪します。そのため,セラピストはクライアントの主訴と向き合うことに加えて,自尊感情を高めるという視点も持つことができれば,より丁寧かつ前向きな心理支援が可能になります。 今回は認

研修会「児童思春期の摂食障害-基礎から臨床まで-」

「児童思春期の摂食障害-基礎から臨床まで-」 【会場参加】 2021年1月9日(土)、10日(日)10:00~16:30 ピアザ淡海207会議室 【録画視聴】 2021年1月30日(土)10:00~3月31日(水)20:00 【研修内容】 1日目:児童思春期の摂食障害の基礎知識 2日目:Family Based Treatmentの理論と実践 【講師】 井口 敏之(星ヶ丘マタニティ病院 副院長)

【専門職のための 産業メンタルヘルス通年セミナー】◆◇第8回セミナーのご案内◇◆【仕事と介護の両立に役立つ基礎知識】

総合力を高める!11のステップ 【専門職のための 産業メンタルヘルス通年セミナー】    ◆◇第8回セミナーのご案内◇◆ 【仕事と介護の両立に役立つ基礎知識】  働きながら介護をする労働者は急増し、家族の介護を理由とした離職者は年間 10 万人に及んでいます。 ご自身もお母様の介護をしながら全国を飛び回って介護離職防止を啓発する和氣先生をお迎えして、 「介護離職ゼロ」の現状と取り組みについて学び

© 2020 兵庫県臨床心理士会