• 兵庫県臨床心理士会

【案内】2020年度児童思春期心理療法オンラインセミナー

研修主催団体: 谷町こどもセンター・関西心理センター


2001年から始まった児童思春期心理療法セミナーも今年で20回を迎えることができました。今年はコロナ感染症予防のため、zoomによるオンラインでセミナーを行うことにしました。zoomのアクセスに不安な方は練習のためのテスト日を設けます。

 講義内容としては1回目は松木邦裕先生に、暴力や虐待・いじめ等を生み出すグループ病理やその力動と個人の発達について、2回目はこどもの心理療法を支える親面接の設定やポイント等についてご講義いただきます。両日とも後半は事例検討会を行います。皆さまのご参加をお待ちしております。


【日程・時間】

①令和2年9月21日(月・祝)12:30~17:30

②令和2年11月3日(火・祝)12:30~17:30


【講義内容】

①「個人の発達、危機とグループ」

②「子どもと青年の心理臨床における親との取り組み」


【講師】

①松木邦裕先生(精神分析オフィス/京都大学名誉教授)

②平井正三先生(御池心理療法センター/NPO法人子どもの心理療法支援会理事長)


【料金】 一般:全2回 12,000円 1回のみ8,000円 院生:全2回 8,000円  1回のみ6,000円

【申し込み方法】 当センターホームページ(https://http://www.kansai-kodomo.jp/seminar/)内のお申し込みフォームからお申込みください。詳しいご案内は同ホームページ内のセミナーのご案内資料をご参照ください。

最新記事

すべて表示

大阪・京都こころの発達研究所 葉 研修会

1,自尊感情を支える・育む~自分との「つきあい方」の再考を促すアプローチ ~ クライアントが抱える問題は多岐に渡りますが,多くの方は共通して自尊感情が低いという問題,すなわち「自分をこのままでいいと思えない」状態を抱えて来訪します。そのため,セラピストはクライアントの主訴と向き合うことに加えて,自尊感情を高めるという視点も持つことができれば,より丁寧かつ前向きな心理支援が可能になります。 今回は認

研修会「児童思春期の摂食障害-基礎から臨床まで-」

「児童思春期の摂食障害-基礎から臨床まで-」 【会場参加】 2021年1月9日(土)、10日(日)10:00~16:30 ピアザ淡海207会議室 【録画視聴】 2021年1月30日(土)10:00~3月31日(水)20:00 【研修内容】 1日目:児童思春期の摂食障害の基礎知識 2日目:Family Based Treatmentの理論と実践 【講師】 井口 敏之(星ヶ丘マタニティ病院 副院長)

【専門職のための 産業メンタルヘルス通年セミナー】◆◇第8回セミナーのご案内◇◆【仕事と介護の両立に役立つ基礎知識】

総合力を高める!11のステップ 【専門職のための 産業メンタルヘルス通年セミナー】    ◆◇第8回セミナーのご案内◇◆ 【仕事と介護の両立に役立つ基礎知識】  働きながら介護をする労働者は急増し、家族の介護を理由とした離職者は年間 10 万人に及んでいます。 ご自身もお母様の介護をしながら全国を飛び回って介護離職防止を啓発する和氣先生をお迎えして、 「介護離職ゼロ」の現状と取り組みについて学び

© 2020 兵庫県臨床心理士会