• 兵庫県臨床心理士会

【案内】2020年度児童思春期心理療法オンラインセミナー

研修主催団体: 谷町こどもセンター・関西心理センター


2001年から始まった児童思春期心理療法セミナーも今年で20回を迎えることができました。今年はコロナ感染症予防のため、zoomによるオンラインでセミナーを行うことにしました。zoomのアクセスに不安な方は練習のためのテスト日を設けます。

 講義内容としては1回目は松木邦裕先生に、暴力や虐待・いじめ等を生み出すグループ病理やその力動と個人の発達について、2回目はこどもの心理療法を支える親面接の設定やポイント等についてご講義いただきます。両日とも後半は事例検討会を行います。皆さまのご参加をお待ちしております。


【日程・時間】

①令和2年9月21日(月・祝)12:30~17:30

②令和2年11月3日(火・祝)12:30~17:30


【講義内容】

①「個人の発達、危機とグループ」

②「子どもと青年の心理臨床における親との取り組み」


【講師】

①松木邦裕先生(精神分析オフィス/京都大学名誉教授)

②平井正三先生(御池心理療法センター/NPO法人子どもの心理療法支援会理事長)


【料金】 一般:全2回 12,000円 1回のみ8,000円 院生:全2回 8,000円  1回のみ6,000円

【申し込み方法】 当センターホームページ(https://http://www.kansai-kodomo.jp/seminar/)内のお申し込みフォームからお申込みください。詳しいご案内は同ホームページ内のセミナーのご案内資料をご参照ください。

最新記事

すべて表示

【案内】第14回心理臨床ワークショップ~トラウマ治療の実際~

【第14回心理臨床ワークショップ~トラウマ治療の実際~のご案内】 今回は石島洋輔先生(刈谷病院)と道免逸子先生(関西国際大学)をお招きして、近年ニーズの高まっているトラウマ治療のさまざまなテクニックをご講義いただきます。具体的には、トラウマ反応を低減させる方法、あるいはトラウマと併発して生じることの多い解離性同一性障害への対応法として、ナラティブ・エクスポージャーやEMDR TS(=チャンスE

【案内】大阪・京都こころの発達研究所 葉 研修の案内

1,描画を読む 基礎力 向上 描画テストを解釈するとき、多くの臨床家や学生は、専門書を広げるのではないでしょうか。しかしながら、専門書のどこを読めば解釈ができるのか、複数の要素をどのようにまとめあげれば良いのかがわからず、「これで合っているのだろうか・・」と不安になることも多いでしょう。本研修では、描画を実施したことがない、あるいは実践し始めたばかりの初学者の方を対象に、バウムテストとHTPPにつ

【案内】『新型コロナウイルス感染症に際して、どのような心のケアが求められているか?』

兵庫県臨床心理士会 被害者支援専門研修(ひょうごHEART研修) 『新型コロナウイルス感染症に際して、どのような心のケアが求められているか?』 オンライン研修ですので、ご自宅や職場から、パソコンやスマホがあれば、だれでも参加できます(Wi-Fi環境での通信をお勧めします)。臨床心理士資格更新ポイントの申請を予定しており、長丁場となります。話題提供は40分間と短めに設定し、チャットによる質問の書き

© 2020 兵庫県臨床心理士会