• 兵庫県臨床心理士会

【研修名】2022年度東京支部主催研修「ひきこもりの8050問題とその支援」

【研修名】

2022年度東京支部主催研修「ひきこもりの8050問題とその支援」

【日時】

2022年10月15日(土) 10:00-12:00

【形式】

オンライン(Zoomを使用)

【講師】

馬場 佳子(不動産鑑定士、不動産カウンセラー、森林評価士、遺品整理アドバイザー)

・一般社団法人OSDよりそいネットワーク代表理事、よこはま都市未来研究所代表、横浜地方裁判所民事調停員、全国たすけあい共同企画理事。

・1987年3月慶應義塾大学経済学部卒業、1987年4月三菱信託銀行株式会社(現三菱UFJ信託銀行株式会社)入社、不動産本部土地信託部兼不動産開発部・不動産鑑定等各部に所属、不動産開発及びコンサルティング業務に従事、1991年10月独立(株式会社不動産鑑定ブレインズ本社、福岡支社等)、2016年2月よこはま都市未来研究所設立・代表就任、相続・事業承継を中心に不動産コンサル業、鑑定業を展開、2017年3月慶應義塾大学院、Exective-MBA経営管理研究科修士課程修了。

【司会】

齋藤 暢一朗(臨床心理士・公認心理師)

NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチ 理事長

【参加対象】

臨床心理士等の対人援助職、ひきこもり支援関係者、大学院生

【参加料金】

一般3,000円、学生1,000円

【定員】

95名

【お申込】

下記のURLからお申込ください。

https://mcr-seminar202210.peatix.com

【主催】

NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチ

ホームページ: https://www.mcr-npo.com

事務局 Mail: mentalcr@yahoo.co.jp



最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒