• 兵庫県臨床心理士会

おやこのミカター子どもと向き合うときの『どうしてだろう』が『そうだったんだね』になるヒントがたくさん詰まったウェブサイトー

「おやこのミカター子どもと向き合うときの『どうしてだろう』が『そうだったんだね』になるヒントがたくさん詰まったウェブサイトー」公開のご案内

セーブ・ザ・チルドレンは、子どもの体やこころを傷つける罰のない社会を目指して「ポジティブな子育て」を普及する活動をしています。「ポジティブな子育て」とは子どもを一人の人間として尊重しながら関わっていくアプローチです。

私たちが実施する子育てワークショップでは、参加者の方から、「子どもがいうことを聞いてくれない」「また、今日もイライラしてしまった」と、子育てについて悩む声を耳にします。親、養育者の方にそうした子育ての不安があるなか、今年4月には、親などによる子どもへの体罰が法律で禁止されました。


子どもとの関わりに対する不安を少しでも減らしていただくため、セーブ・ザ・チルドレンは、子育てにおいて、子どもの視点をより理解し、子どもを尊重した子育てのサポートになるよう、ウェブサイト「おやこのミカタ」をつくりました。


ウェブサイト「おやこのミカタ子どもと向き合うときの『どうしてだろう』が『そうだったんだね』になるヒントがたくさん詰まったウェブサイトー」

https://www.savechildren.or.jp/oyakonomikata/


■ウェブサイトを紹介するブログ記事はこちら:

https://www.savechildren.or.jp/scjcms/sc_activity.php?d=3426

親、養育者の方を中心に、子どもや子育てに関わるみなさんが、子どもの「見方(みかた)」を知ることで、子どもの「味方(みかた)」になれるように。そして、セーブ・ザ・チルドレンが親子や、子ども・養育者の「味方(みかた)」になれたら。 そんな思いがたくさん詰まったウェブサイト「おやこのミカタ」です。


サイトでは、子どもの理解、子どもとのつき合い方のヒントなどについて、5つのカテゴリーに分けて紹介しています。専門家のインタビューや、無料でダウンロードして使える日常で役立つヒントを紹介したイラスト付きシートも各種用意しています。


子どもや子育てに関わっている方はぜひこのウェブサイトをご活用ください。

また、周りにそういった方がいる場合は拡散にぜひご協力ください!


また、ウェブサイト「おやこのミカタ」をご覧いただいた方は、ぜひこその感想をお寄せください。

ウェブサイトの今後の運営の参考にさせていただきます。

https://bit.ly/33xz2aP


■本件に関するお問い合わせ先:

公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 子ども虐待の予防事業担当

電話 :03-6859-6869 〈平日9:00-17:00〉

Email:japan.kosodate@savethechildren.org

【子どもの体やこころを傷つける罰のない社会に向けたセーブ・ザ・チルドレンの活動】

最新記事

すべて表示

精神分析臨床セミナー

2021年度精神分析臨床セミナー「基礎理論を学ぶ」 2021年度より、『精神分析臨床セミナー:基礎理論を学ぶ』(Ⅰ‐ⅰ)を開講します。本セミナーは3年間で精神分析の基礎理論を概観することを目的としています。 まず、初年度である本年度は、フロイトが創案した精神分析の初期の業績から、大枠その直系の精神分析に関して論じます。初回は精神分析を学ぶ意義などその歴史や学び方について、精神分析の全貌の見取り図を

こども思春期精神分析セミナー

こども思春期精神分析研究会 コロナ禍の中の精神分析 現在私たちは、世界規模で目に見えない脅威に晒されています。2020年1月頃中国から始まったCovid-19は、瞬く間に全世界に広がり、私たちの生活と取り巻く環境は否応なしに変化を強いられました。臨床実践に携わっている私たちにとっても、クライエントにとっても、様々な影響を及ぼすことになったと言えるでしょう。そして、今も尚、「コロナ禍」の中に私たちは

サリヴァン・フォーラム

サリヴァン・フォーラム 対人関係精神分析の基礎となる対人関係論を創始した、米国の精神科医ハリー・スタック・サリヴァン(1892-1949)の思想と臨床について語り合う広場を開催します。 はじめに、川畑が、スペイン風邪流行後の大恐慌時代の福祉に関するサリヴァンの思想を踏まえ、遠心的な心理支援のパラダイムについてお話しします。続いて、村澤は、中井久夫による仕事を参考にしつつ、生命と環境を結ぶエコロジカ

© 2021 兵庫県臨床心理士会