• 兵庫県臨床心理士会

こども思春期精神分析セミナー

こども思春期精神分析研究会

コロナ禍の中の精神分析 現在私たちは、世界規模で目に見えない脅威に晒されています。2020年1月頃中国から始まったCovid-19は、瞬く間に全世界に広がり、私たちの生活と取り巻く環境は否応なしに変化を強いられました。臨床実践に携わっている私たちにとっても、クライエントにとっても、様々な影響を及ぼすことになったと言えるでしょう。そして、今も尚、「コロナ禍」の中に私たちは居ます。

 精神分析的臨床実践においては、クライエントの内的世界の理解を重視するとしても、現実的なこの状況の影響は当然無視できません。現実を踏まえつつも、それがどのようにクライエントの内的世界や、治療関係に影響を及ぼしているのかを考え続ける必要がありますが、これは決して簡単な作業ではないでしょう。

 また、緊急事態宣言による治療の中断と再会、オンライン面接の導入、消毒・マスク着用やアクリル板設置、プレイルームの玩具の取り扱い、といった様々な治療構造の工夫や変化も治療関係に影響を及ぼすことになっているでしょう。まだ、「コロナ禍」の渦中ではありますが、私たちの臨床実践を、精神分析的な観点から再検討しておく意義は大いにあるのではないしょうか。 本セミナーは、既に精神分析的な臨床実践を行っている臨床家のみならず、こどもや思春期の臨床に携わり、精神分析にご関心のある方を対象にしています。コロナ禍の中で私たち自身が生き残るためにも、精神分析的な視点で私たちの臨床実践をどのように捉えることができるのかを、共にディスカッションしていきましょう。

 今年も、会場とZ00Mのハイブリット開催をいたします。これまで参加できなかった関東以外の臨床家の方々のご参加も歓迎いたします。

主催:こども・思春期精神分析研究会 木部 則雄

◆日 程:2021年5月~2022年3月までの奇数月(全6回)

第2日曜日13時~16時45分

 ※受付開始は12時50分からとなります。

◆形 式:前半は講義,後半は症例検討 

◆会 場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター8F (9月のみ9F) 

◆対 象:こども・思春期を対象とした精神分析的セラピーに関心のある臨床心理士、公認心理師、医師、その他の対人援助職もしくは現在専門的にそれらを学んでいる大学院生等の学生。

◆定 員:80名 

※会場かZOOMでの参加。感染状況に応じて会場の人数は制限されることがあります。  

◆参加費:40,000円  

◆申込方法:こども・思春期精神分析研究会HPから

https://kodomo-psychoanalysis-sg.com/

◆申込期限:2021年3月31日

◆年間講義

・第1回 5月9日 講師:木部則雄  司会:脇谷順子 事例提示:中村俊一郎

・第2回 7月11日 講師:田中康裕  司会:木部則雄 事例提示:浅野美穂子

・第3回 9月12日 講師:奥寺 崇  司会:木部則雄 事例提示:戸田尭裕

・第4回 11月14日 講師:飛谷 渉  司会:木部則雄 事例提示:井元健太

・第5回 1月9日 講師:平井正三  司会:木部則雄 事例提示:塚瀬将之

・第6回 3月13日 講師:鈴木 龍  司会:木部則雄 事例提示:梶田紗妃

(敬称略)

◆講 師

奥寺 崇   クリニックおくでら

木部則雄    白百合女子大学文学部発達心理学科/こども・思春期メンタルクリニック

鈴木 龍   鈴木龍分析オフィス

田中康裕   京都大学大学院教育学研究科

飛谷 渉   大阪教育大学保健センター

平井正三   御池心理療法センター/認定NPO法人子どもの心理療法支援会 

脇谷順子   杏林大学保健学部/認定NPO法人子どもの心理療法支援会 

◆事例提示者 事例発表者

浅野美穂子  こども・思春期メンタルクリニック

井元 健太  こころのドア船橋/NPO法人 カウンセリングオフィスSARA

梶田 紗妃  こころのドア船橋/上智大学カウンセリングセンター/武蔵野大学心理臨床センター

塚瀬 将之  浦安ハートこどもクリニック

戸田 尭裕  聖オディリアホーム乳児院

中村俊一郎  慶應義塾大学小児科

◆こども・思春期精神分析研究会 事務局 

〒162-0844 新宿区市谷八幡町16 市谷見附ハイム609 

Mail:kodomopsycho@yahoo.co.jp

最新記事

すべて表示

リカバリ―全国フォーラム2021『今こそ考えるピアサポート ~人と人とが支え合うことの意味~』

●~●~●~●~●~●~●~●~●~● リカバリ―全国フォーラム2021 『今こそ考えるピアサポート ~人と人とが支え合うことの意味~』 2021年10月16日(土)& 17日(日) オンライン開催 ●~●~●~●~●~●~●~●~●~●  リカバリー全国フォーラムは、当事者・家族・精神保健医療福祉関係者・市民などが、 立場の違いを超えて全国から集い、活発な議論を行う場として定着しています。  近

第13回 松木邦裕セミナー on the Web「精神分析は憎しみ(Hate)をどう考え、向き合うのか?」

第13回 松木邦裕セミナー on the Web 「精神分析は憎しみ(Hate)をどう考え、向き合うのか?」 今年も引き続き松木先生に学ぶセミナーを企画しました。コロナ禍は終わる気配を見せず、見通しのきかない不安な生活が続いています。その影響の実態をまだ私たちは見極めることはできません。 昨年の第12回セミナーでは「精神分析はネガティブ(負)とどのように向き合うか?」と題してセミナーを行いました。

愛着の視点から子ども支援を学ぶ-迷わない支援を目指す研修会-

「支えている人を,じゃあ誰が支えたらいいんでしょうね」本研修会の打ち合わせで,樋口先生はこう語られました。 少子化社会での虐待数増加,保護者/支援者の心理的孤立化など,子ども支援現場の課題は尽きません。今回は概念が一人歩きしがちな愛着について,専門性のある正しい知識,そして,先駆者の知恵と工夫をテーマにし,これまで学ぶ機会の少なかった支援職の方々に広く届けることを目的としています。児童養護施設の現