• 兵庫県臨床心理士会

アバターを活用したオンラインカウンセリングの可能性

 いつも大変お世話になっております。一般社団法人パーマネント・クリエイティブマインドの研修担当の香川と申します。

 このたび、当法人では、「アバターを活用したオンラインカウンセリングの可能性」というテーマで、アバターを活用したオンラインカウンセリングサービス「メンケア」の紹介と「メンケア」でカウンセリングを行うための必要な資格や「メンケア」を活用してカウンセリングを行う場合の雇用形態等を紹介するセミナーを企画いたしました。

 2022年2月26日(土)の19時より、「メンケア」を運営されている飯野航平氏(株式会社Flint 代表取締役)・冨川裕紀氏(株式会社Flint 取締役COO)・大塚舞子氏(公認心理師/臨床心理士/キャリアコンサルタント)をスピーカーとしてお招きし、セミナーを開催いたします。モデレーターは、当法人代表の安東大起が務めます。

こちらのセミナーでは、

①通院・顔出し不要のアバターカウンセリング「メンケア」の紹介  

・なぜ「アバター」でカウンセリングをするのか?  

・オンラインカウンセリングの安全性  

・実際のカウンセリング風景  

・オンラインカウンセリングの課題②「メンケア」でカウンセリングを行うには  

・必要な資格  

・雇用形態の紹介 などの内容を含む予定です。

見逃し配信もございます。

※こちらのセミナーは、公認心理師有資格者(または、登録申請中の方)もしくは、臨床心理士有資格者の方を対象としています。有資格者(登録申請中の方)以外は受講いただけませんので、ご了承ください。

研修会についての詳細のご確認・お申し込みは下記のURLより、よろしくお願いいたします。

https://avatar-counseling.peatix.com/

一般社団法人パーマネント・クリエイティブマインド研修担当 香川 葉月

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒