top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

アーカイブ視聴「子どものためのトラウマフォーカスト認知行動療法(TF-CBT)概論講座 入門編」

研修主催団体: 心理オフィスK

研修内容: アーカイブ視聴「子どものためのトラウマフォーカスト認知行動療法(TF-CBT)概論講座 入門編」

■概要

 トラウマ・フォーカスト認知行動療法(TF-CBT)は、 トラウマやトラウマ性悲嘆を受けた子どもへの治療法として、コーエン博士らによって、四半世紀以上の臨床研究と実践現場での適用の試みを通してモデル化されたものです。TF-CBTは、信頼すべき理論的基盤を持ち、科学的に効果が実証された厳密な臨床家の養成システムに支えられているアプローチです。

 TF-CBTは、理論的基盤のもとに8段階の概念構成がなされており、治療の枠組みがわかりやすく、ひとつひとつの枠組み(セッション)のなかでの到達目標やゴールが具体的に設定されています。また、セラピストが獲得すべき治療スキルも明確に示されています。そして、ただつらく苦しいプログラムというわけではなく、子どもたちが養育者とともに楽しみながら回復していける治療法でもあります。

 こうした特徴をもつTF-CBTは、さまざまな治療対象や臨床現場で適用でき、学校や入所型治療施設などで、また発達に障害を有する子どもや複雑性トラウマを抱える若者に対しても、工夫し応用することが可能です。

 本研修会は、TF-CB概論研修であり、TF-CBTイントロダクトリー・トレーニングの前段階として位置づけられます。重篤なトラウマ体験を抱える子供たちに見られるトラウマ反応を理解し、それに対する支援者の対応について理解することを目標としています。本研修終了後、TF-CBTプログラムを実施することはできませんが、トラウマ・インフォームド・ケア(TIC)の枠組みで、本研修で学んだ知識とスキルを臨床実践に生かすことが可能です。

■本セミナーで学べること

・PTSDとトラウマ反応を理解する

・TF-CBTプログラムの概要と8段階の構成要素を学ぶ

・トラウマインフォームドケアの理解と実践について学ぶ 等々

■講師

新井陽子 先生

 所属:公益社団法人被害者支援都民センター、TF-CBTラーニング・コラボラティブ研究会運営委員

 資格:臨床心理士、公認心理師、犯罪被害相談員、TF-CBTリージョナル・トレーナー、PE療法スーパーバイザー

■収録時間

約5時間

■アーカイブ視聴期間

2023年8月28日(月)~2024年1月15日(月)

■参加費

6,900円

・振り込み後のキャンセルは可能です。参加費の返金に応じます。

・システムの問題、急用、体調不良などで十分に視聴できない時でも返金します。

・支払い方法は銀行振込とクレジットカード払いがあります。

■アーカイブの視聴方法

参加申し込みをし、振り込みのあった方には視聴方法の具体的な案内をメールいたします。視聴はVimeoのシステムを使用しています。標準的なパソコン、タブレット、モバイルで、以下のブラウザを使用すれば問題なく視聴可能です。

Chrome 30以降

Firefox 27以降

Internet Explorer 11

Microsoft Edge

Safari 9以降

■参加資格

 臨床心理士、公認心理師、医師、心理職、カウンセラー、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、看護師、保育士、教師などの資格をもつ対人援助の専門家、大学院生など。子どものトラウマやTF-CBTに興味を持っていればどなたでも参加可能です。

■参加方法

参加希望者は以下の申し込みフォームから必要事項を記入して送信してください。

■臨床心理士更新ポイント

臨床心理士の更新のためのポイントを2条(4)の項目(2ポイント)で申請する予定です。また、アーカイブ視聴でもポイント申請可能です。

■申し込み期日

2024年1月11日(木)まで

■主催

(株)心理オフィスK( https://s-office-k.com

■セミナーの詳細

最新記事

すべて表示

【認知行動療法実践者養成研修2024③】デモンストレーションで学ぶ、セルフ・コンパッションの臨床実践

【認知行動療法実践者養成研修2024③】デモンストレーションで学ぶ、セルフ・コンパッションの臨床実践 【内容】 セルフ・コンパッションをご存知ですか? 「自分自身に思いやりを向けること」を意味し、CFT(コンパッション・フォーカスト・セラピー)で用いられている手法です。うつ病、不安症、PTSD、双極性障害など幅広く効果が実証されています。 本セミナーではCFTの創始者であるポール・ギルバート博士か

Commentaires


bottom of page