• 兵庫県臨床心理士会

アーカイブ視聴「子どもを支える親面接の実践」

研修主催団体: 心理オフィスK

研修内容: アーカイブ視聴「子どもを支える親面接の実践」


■概要

 このセミナーでは親面接についての実践について学ぶことを目的にしています。  子どもに関わる領域で活躍されている方は、日常的に保護者との面接を実施されていることでしょう。「本人面接」とは異なる「親面接」ならではの視点を持つことで子どもへの支援をより充実したものすることができます。

 本セミナーでは3つのことについてお話をさせて頂く予定です。

・親面接の全体像を概観し親面接の目的や考え方を取り上げます。

・親面接で出会う具体的な場面を各論として取り上げ、カウンセラーにどのような振る舞い方が求められているのかを考えます。親面接を行う上では避けては通れない子ども担当との協働についてもご紹介します。

・親面接を継続的に行うことによって生じる保護者の変化について、事例を追って考えていきます。

 前半は講義が中心で、後半は個人ワークも行います。また、質疑応答の時間を適時挟んでいく予定です。

 本セミナーでは、親面接を担当することになったばかりの方、親面接を続けているけど今ひとつ手応えを感じられずに悩んでいる方などのお申し込みを想定しています。また、親面接の考え方は多様ですので、他者の親面接の考え方を聞いてみたいという方のご参加もお待ちしております。

■本セミナーで学べること

・親面接の考え方

・親面接での振る舞い方

・親担当と子ども担当との協働の方法

・親面接の中での親の変化 ・親面接の実際的な工夫 等々

■講師 阿久津圭佑 先生

 現職:まちだカウンセリング 代表

 資格:臨床心理士、公認心理師

 学会:日本臨床心理士会、東京公認心理師協会、日本心理臨床学会、日本精神分析学会

 経歴:大学院を修了後、教育センターやスクールカウンセラーなど教育領域を中心に臨床活動を行う。現在は町田市で個人開業を営んでいる。

■収録時間 約3時間

■視聴可能な日時 2022年5月9日(月)まで

■アーカイブの視聴方法 参加申し込みをし、振り込みのあった方には視聴方法の具体的な案内をメールいたします。 視聴はVimeoのシステムを使用しています。標準的なパソコン、タブレット、モバイルであれば問題なく視聴可能です。

■参加費 4,300円

・振り込み後のキャンセルは可能です。参加費の返金に応じます。

・システムの問題、急用、体調不良などで十分に視聴できない時でも返金します。

■参加資格  臨床心理士、公認心理師、医師、精神保健福祉士、社会福祉士、介護福祉士、言語聴覚士、作業療法士、理学療法士、キャリアコンサルタント、看護師、教師、保育士、臨床心理士養成大学院の院生など。親面接に興味のある方ならどなたでも参加可能です。

■問い合わせ・申し込み 参加希望者は以下の申し込みフォームから必要事項を記入して送信してください。 https://s-office-k.com/professional/seminars/pro-sem-contact

■臨床心理士更新ポイント 臨床心理士の更新のために必要な要件を満たしてないので、ポイントは取得できません。

■申し込み期日 2022年5月5日(木)まで

■主催 心理オフィスK( https://s-office-k.com

■子どもを支える親面接の実践セミナーの詳細

https://s-office-k.com/professional/seminar/semi-parent-therapy


最新記事

すべて表示

研修主催団体: 一般社団法人京都精神分析心理療法研究所 2022年度KIPP対人関係精神分析セミナー 「精神分析的心理療法のこれから-継承と発展−」 1920年代後半から1930年代にかけて日本の精神分析運動が大きな盛り上がりをみせました。その後も多くの精神分析家がさまざまな理論を日本に紹介し、私たちの礎となっています。およそ百年経った今、私たちは先達から何を継承し、どのように精神分析を発展させて

研修主催団体: 母子愛育会 愛育相談所 【タイトル】 恩賜財団母子愛育会 愛育相談所オンライン研修セミナー動画再配信 【主催】母子愛育会 愛育相談所 【開催日時】動画配信:2022 .8.1 (月)~8.31 (水) 【会場】オンライン 【対象】対象者:心理士、小・中学校・幼稚園教職員、養護教諭、看護師、保健師、福祉士、保育士、支援員など子どもに関わる専門職の方。また、上記資格取得を目指している大

「心理学英語」読み取り塾PART2 深く、素早く、正確に I found myself finishing reading an English book in a week. 前回学んだ読み取りのコツ(例) 例1 単語は翻訳で覚えてはいけない。概念を体感して覚える。それは英英辞典でも学べないこと。 例2 群動詞(”feel for”など)は熟語として覚えるだけでは不十分。forが生み出す距