top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

アーカイブ視聴「産業心理臨床という仕事場」

アーカイブ視聴「産業心理臨床という仕事場」


■概要 心理臨床の実践としては、従来、医療臨床や教育臨床がよく知られてきました。 しかしながら、実は最も多くの対象者を対象とする臨床現場は、「働く人を支援する」産業心理臨床のフィールドです。心身の症状を抱えている人、健康に生活を送りつつもストレスを抱えている人、より充実して生きたい人など、さまざまな方々に関わることができます。近年、予防の重要性が浸透し、社会の中でメンタルヘルスの重要性が認知されるようになったこともあり、産業心理臨床に興味を持つ方が増えてきました。

 このセミナーでは、社会の状況や、産業心理臨床にまつわる国の施策についてお話しするとともに、ストレスチェック、EAP、リワークプログラム等の休復職支援、ポストベンション、ハラスメント対策など、実際の支援の方法や内容について、多くの事例を交えてご紹介します。更に産業心理臨床を目指す人が身につけておくことが望まれるスキルについて、採用に関わった立場からお知らせいたします。


■本セミナーで学べること・3つのケアやストレスチェックなど、産業心理臨床の鍵となる概念や支援の仕組みについて知ることができます・産業心理臨床に関係する国の法律や施策について概要を知ることができます・一次予防~三次予防にまたがる産業心理臨床の幅広い実践例を知ることができます・産業心理臨床を目指す人に求められるスキルや姿勢について知ることができます


■講師村上裕子先生 所属:東京海上日動メディカルサービス株式会社 資格:臨床心理士、公認心理師 学会:日本心理臨床学会、日本産業精神保健学会、多文化間精神医学会(事務局長)、日本渡航医学会、日本応用心理学会 専門領域や興味のある分野:産業精神保健、多文化間精神保健、災害支援 出身大学院:立教大学院文学研究科心理学専攻博士課程前期課程 経歴:学部で心理専攻→一般企業就職→職場のメンタルヘルスの問題を目の当たりにし、大学院進学→首都圏の精神科クリニック、カウンセリングルーム、東京都精神保健福祉センター等を経て、現職で約20年。現職では働く人やその家族のさまざまな悩みへの支援や休復職支援、海外赴任者支援等を行っている。社外活動として3.11後の岩手県沿岸部の長期支援等に携わっている(現在コロナ禍で現地直接支援はストップし遠隔支援中)


■アーカイブ視聴期間 2023年1月30日(月)まで


■視聴時間約5時間


■参加費 6,900円

・振り込み後のキャンセルは可能です。参加費の返金に応じます。

・システムの問題、急用、体調不良などで十分に視聴できない時でも返金します。


■アーカイブの視聴方法参加申し込みをし、振り込みのあった方には視聴方法の具体的な案内をメールいたします。視聴はVimeoのシステムを使用しています。標準的なパソコン、タブレット、モバイルで、以下のブラウザを使用すれば問題なく視聴可能です。 Chrome 30以降 Firefox 27以降 Internet Explorer 11 Microsoft Edge Safari 9以降


■参加資格 臨床心理士、公認心理師、医師、心理職、カウンセラー、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、看護師、保育士、教師などの資格をもつ対人援助の専門家、大学院生など。産業心理臨床や職場のメンタルヘルス、働く人のカウンセリングなどに興味を持っていればどなたでも参加可能です。


■参加方法参加希望者は以下の申し込みフォームから必要事項を記入して送信してください。 https://s-office-k.com/professional/seminars/pro-sem-contact


■臨床心理士更新ポイント臨床心理士の更新のためのポイントを2条(4)の項目(2ポイント)で申請する予定です。また、アーカイブ視聴でもポイント申請可能です。


■申し込み期日 2023年1月26日(木)まで

■主催心理オフィスK( https://s-office-k.com

最新記事

すべて表示

【認知行動療法実践者養成研修2024③】デモンストレーションで学ぶ、セルフ・コンパッションの臨床実践

【認知行動療法実践者養成研修2024③】デモンストレーションで学ぶ、セルフ・コンパッションの臨床実践 【内容】 セルフ・コンパッションをご存知ですか? 「自分自身に思いやりを向けること」を意味し、CFT(コンパッション・フォーカスト・セラピー)で用いられている手法です。うつ病、不安症、PTSD、双極性障害など幅広く効果が実証されています。 本セミナーではCFTの創始者であるポール・ギルバート博士か

Comments


bottom of page