• 兵庫県臨床心理士会

エビデンス研修会 ~エビデンスに馴染みがない方々のための考え方・使い方・作り方~

研修主催団体: 一般社団法人CBT研究所

【内容】 エビデンス(根拠)に基づく事は重要ですが、対人援助には馴染まないと思われがちです。本企画では、小川雄右先生と坂田昌嗣先生をお招きして、エビデンスの考え方・使い方・作り方を紹介します。Q&Aライブでは皆様のご質問に講師がお答えします。


講座A:中学生でもわかる「エビデンスってなぁに?」

 坂田昌嗣(京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康増進・行動学分野/京都CBTセンター)


講座B:エビデンスにアクセスして、ベストな方針を見出そう

 小川雄右(京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康解析学講座医療疫学 准教授/琵琶湖病院)


講座C:ミニマムに自分のアウトカムを出してみよう

 西川公平(CBTセンター所長/一般社団法人CBT研究所 代表理事)

【日時】 録画配信 2022年8月上旬 Q&Aライブ 2022年10月上旬

【対象】 医療、保健福祉、産業、教育、司法の有職専門家、上記教育課程の大学院生(要推薦状)

【参加費】  個人申込:3講座  24,000 円 、 団体申込: 60,000 円(5名まで) (各種割引あり)

【会場】WEB

【主催】一般社団法人CBT研究所

【協賛】CBTセンター

【詳細・申込】https://cbtcenter.jp/cms/?itemid=2851

【備考】臨床心理士ポイントを申請予定

【問い合わせ】labo@cbtcenter.jp

修正 evidence
.pdf
Download PDF • 866KB


最新記事

すべて表示

研修主催団体: KIPP(京都精神分析心理療法研究所) 研修内容: 「SNSカウンセリングの効果的な進め方と応答技法」 講師:宮田智基(帝塚山学院大学大学院教授) 日時:2022年11月27日(日) 10:00-16:00 会場:オンライン(Zoom) 受講料:一般5,000円、学生4,000円 定員:30名程度 内容: 「SNSカウンセリング」とは、SNSの中でも主にLINEを用いたカウンセリン

【セミナータイトル】 認知行動療法ロールプレイトレーニングワークショップ 【内容】 本ワークショップは、参加者様同士のローププレイを通して認知行動療法におけるケースフォーミュレーションと介入を体験的に学ぶ内容となっております。認知行動療法を書籍では学んでいるものの実践経験が限られている方におススメします。一緒に失敗しながら研鑽していきましょう。詳細は下記申し込みページをご参照ください。 【会場】

● ブレインスポッティング 公式Phase1トレーニング ● 【日時】 2022年8月6日(土)9:30~17:00 2022年8月7日(日)9:30~17:00 【参加資格】 医師・公認心理師※1・臨床心理士・心理系の大学院生※2 【参加形式】 ・オンライン(Zoom) ・会場での参加希望の方:名古屋都市センター(愛知県愛知県名古屋市中区金山町一丁目一番一号 金山南ビル内14F) 【定員】