top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

エビデンス研修会 ~エビデンスに馴染みがない方々のための考え方・使い方・作り方~

研修主催団体: 一般社団法人CBT研究所

【内容】 エビデンス(根拠)に基づく事は重要ですが、対人援助には馴染まないと思われがちです。本企画では、小川雄右先生と坂田昌嗣先生をお招きして、エビデンスの考え方・使い方・作り方を紹介します。Q&Aライブでは皆様のご質問に講師がお答えします。


講座A:中学生でもわかる「エビデンスってなぁに?」

 坂田昌嗣(京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康増進・行動学分野/京都CBTセンター)


講座B:エビデンスにアクセスして、ベストな方針を見出そう

 小川雄右(京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康解析学講座医療疫学 准教授/琵琶湖病院)


講座C:ミニマムに自分のアウトカムを出してみよう

 西川公平(CBTセンター所長/一般社団法人CBT研究所 代表理事)

【日時】 録画配信 2022年8月上旬 Q&Aライブ 2022年10月上旬

【対象】 医療、保健福祉、産業、教育、司法の有職専門家、上記教育課程の大学院生(要推薦状)

【参加費】  個人申込:3講座  24,000 円 、 団体申込: 60,000 円(5名まで) (各種割引あり)

【会場】WEB

【主催】一般社団法人CBT研究所

【協賛】CBTセンター

【備考】臨床心理士ポイントを申請予定

【問い合わせ】labo@cbtcenter.jp

修正 evidence
.pdf
ダウンロード:PDF • 866KB


最新記事

すべて表示

ロールプレイで学ぶ、子供支援のコンサルテーション~必要な情報の聴き取りと、介入プランシートを活用した支援方法~

【セミナータイトル】 ロールプレイで学ぶ、子供支援のコンサルテーション~必要な情報の聴き取りと、介入プランシートを活用した支援方法~ 【概要】 本セミナーでは子供支援における保護者や教師へのコンサルテーションについて、大切な姿勢や聴き取りの流れをロールプレイでご覧頂く事で学んで頂けます。また、コンサルテーションで聞き取った情報を介入プランシートを活用した支援方法の方策の立て方を一緒に練習して頂ける

「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」

神戸学院大学心理臨床カウンセリングセンター主催フォーラムのご案内 テーマ「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」 テーマを「中長期的被災地支援について考える」とし、シンポジストに髙橋紀子先生 (臨床心理士・公認心理師)を迎えます。 髙橋先生は大学勤務を経て、臨床心理士として福島県で被災地支援活動を開始。 南相馬ひきこもり支援センター、非営利団体「桃の駅」を立ち

WISC-Ⅴオンライン研修会~ⅣからⅤの変更ポイントをおさえ、よりよい支援につなげよう~

研修主催団体: NPOフトゥーロ 研修内容: ●S.E.N.S更新2ポイント(Ⅵ 領域)対象研修 ●臨床心理士ポイント申請予定 臨床心理士のポイントについては臨床心理士教育・研修委員会規程別項 第2条(4)、およびオンライン研修にかかる運営要項(ガイドライン)に則って申請予定です。 *ただし、2024年6月現在、本オンライン研修が臨床心理士ポイント付与の要件を満たすかは明確ではないことをご了解いた

Comentários


bottom of page