• 兵庫県臨床心理士会

オンラインセミナー「対人援助職のための催眠入門」

オンラインセミナー「対人援助職のための催眠入門」

■概要 心理職、対人援助職を対象にした催眠・催眠療法についてのセミナーです。

 催眠は、その長い歴史の中で精神分析や認知行動療法など様々な心理療法が枝分かれしていきました。催眠は治療や療法としての活用だけでなく、様々な心理療法やカウンセリングと併用して支援に用いることで効果的な心理療法・カウンセリングの実践を可能にします。また、心理療法を実践する上で自らの取り組みを見直す枠組みを提供できる方法にもなります。

 さらに、催眠法は、心理療法として用いたり、実験研究で用いたりと幅広く活用が可能です。心理的・生理的な反応が引き起こされた状態である催眠状態を活用して、医学、教育、産業など幅広い分野・領域で活用されてきました。

 本セミナーでは、前半では催眠法の概要(用語、歴史、実施法など)について取り上げ、講義を中心に行います。この中で伝統的催眠からミルトン・エリクソンが始めたような現代催眠まで触れる予定です。後半は催眠の実演とその解説を行います。ただし、今回はオンラインという制約がありますので、自己催眠などの実習に留まり、他者催眠は行いません。代わりに催眠を実演した動画の解説を通じて実施の留意点について紹介する予定です。

 催眠について新たに学びたいという方は是非ご参加ください。

■本セミナーで学べること・催眠法の歴史と臨床心理学の展開・催眠法の基礎知識(用語や定義)・催眠法の手続き(自己催眠体験含む)・催眠法の臨床適用の基礎知識・催眠法の実演解説(視聴覚教材を題材)・催眠法の倫理などその他のトピック等々

■講師長谷川明弘先生 現職:東洋英和女学院大学人間科学部教授、吉祥寺・三鷹カウンセリングセンター(KiMiC)運営責任者 資格:臨床心理士、公認心理師、指導催眠士、認定催眠士、臨床動作士、等 所属学会・研究会:日本催眠医学心理学会(常任理事、編集委員長)、日本ブリーフサイコセラピー学会(理事、学術委員)、ブリーフセラピーネットワークジャパン(理事、事務局長)、日本臨床動作学会、日本心理臨床学会、日本心理学会、他 研究テーマ:世代を問わないで、ブリーフセラピー、催眠法、臨床動作法を統合的に同化して、短期で効果的な実践を目指すブリーフサイコセラピーや生きがい 経歴:愛知学院大学卒業。新潟大学大学院修了後、医療、福祉、教育、産業領域で実践活動を行いつつ、東京都立大学大学院で博士号(都市科学)を高齢者の生きがいの地域差で取得。金沢工業大学で学生相談と大学院にて臨床心理士養成に携わった後、2013年から東洋英和女学院大学に勤務。

■日時ライブ配信:2022年3月6日(日)10:00~12:30、13:30~16:00

 アーカイブ視聴:2022年3月7日(月)~2022年4月11日(月)

■オンライン開催Zoomをもちいたオンラインセミナーとなります。必要なものはパソコンもしくはスマートフォン、タブレット等です。

 スマートフォンとタブレットの場合にはあらかじめアプリをインストールしておく必要があります。ダウンロードは以下のアドレスから可能です。

 参加方法は非常に簡単で、事前にこちらから送るURLアドレスをクリックすれば、セミナーに入室することができます。 https://zoom.us/download

■アーカイブ視聴 セミナーの様子は録画します。回線状況などで部分的にセミナーを見ることができなかった方や、ご都合でお休みされた方は後日にアーカイブで視聴することができます。アーカイブを視聴できる人はセミナーに参加申し込みされた方に限ります。

 アーカイブ視聴のみのお申し込みも可能です。

 視聴方法は参加費の振り込みの後に案内いたします。

■参加費 8,700円

・振り込み後のキャンセルは可能です。参加費の返金に応じます。

・システムの問題、急用、体調不良などで当日十分に視聴できない時でも返金します。

■参加資格臨床心理士、公認心理師、医師、歯科医師、臨床心理士・公認心理師の養成大学院の院生。

■問い合わせ・申し込み参加希望者は以下の申し込みフォームから必要事項を記入して送信してください。 https://s-office-k.com/professional/seminar/contact

■臨床心理士更新ポイント臨床心理士の更新のためのポイントを2条(4)の項目で申請する予定です。

■申し込み期日ライブ配信に参加の方:2022年3月3日(木)までアーカイブ視聴を希望の方:2022年4月7日(木)まで

■主催心理オフィスK( https://s-office-k.com

■対人援助職のための催眠入門セミナーの詳細

https://s-office-k.com/professional/seminar/semi-hypnosis

■その他のオンラインセミナーの案内

・2022年度横浜精神分析研究会-攻撃性と破壊性-

・表現アートセラピーを学ぶ

・マインドフルネス認知療法の理論と実際

・子どもを支える親面接の実践

・対人援助職のための催眠入門

・カウンセリングで出会う3つの困難と対応:自死、思春期、面接の中断

・アタッチメントと発達特性から見る子どもの発達と行動

・抑うつに対する認知行動療法

・発達に課題のある子どものアセスメントと支援詳細は以下のURLからご覧ください

https://s-office-k.com/professional/seminar

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒