top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

オンラインセミナー「表現アートセラピーを体験しよう」

オンラインセミナー「表現アートセラピーを体験しよう」


■概要

 表現アートセラピーは様々な媒体(絵画、造形、ダンス、サウンド、ドラマ、ライティングなど)を用いる芸術療法で、1970年代のアメリカを中心に発展した新しい療法です。

 パーソンセンタード表現アートセラピーは、カール・ロジャーズの娘であるナタリー・ロジャーズがパーソンセンタード・アプローチの理論をベースに、1980年代に確立した芸術療法で表現そのものや表現プロセスにおける自己治癒力を重視しています。中でも特に身体性を大切にしています。また、様々な媒体を時間を置かずに併用し自身の深み(無意識、霊性)に触れていくプロセスはクリエイティブ・コネクションと呼ばれ、大変特徴的です。

 今回のセミナーではパーソンセンタード表現アートセラピーの基礎知識をお伝えします。そして、この療法がグループを対象に行うことがより効果的であることから、グループを促進するファシリテーター(セラピスト)のあり方や場の作り方、具体的なワークの進め方や注意点、エクササイズの内容、簡単なワークなどを実際に行い、グループでシェアリングしていただくという体験的な内容になっています。

 オンラインで表現アートセラピーの神髄をどこまでお伝えできるかわかりませんが、少しでもこの新しい芸術療法に関心をもっていただければと思います。 *セミナーではグループに分かれてディスカッションやワークを行います。基本的にはカメラとマイクはONにしてのご参加をお願いいたします。


■本セミナーで学べること

・パーソンセンタード表現アートセラピーの基礎知識

・ファシリテーターのあり方 ・ファシリテーターの場づくり

・グループワークの技法

・自由な表現による解放感

・自身の創造性(スピリテュアリティ、霊性)との出会い


■準備するもの

セミナー当日にワークを行います。そのために以下のものをご用意ください。100円ショップなどに売っているもので十分です。

・クレパス ・B4の画用紙3~4枚(A4コピー用紙でも代替可)

・いらなくなった雑誌数冊

・はさみ

・のり

・ご自分の写真(年代はいつのでもOK)


■講師 水間みどり 先生  

所属:“わたしに還る宿 古民家羅美” 代表、国立法人医療センター附属看護学校、私立中学高校スクールカウンセラー  

資格:臨床心理士、公認心理師、表現アートセラピスト  

学歴:龍谷大学大学院文学研究科〈臨床心理領域〉修了(教育学修士)  

所属学会:日本心理臨床学会、日本人間性心理学会、International Expressive Arts Therapy Association、京都府臨床心理士会  

経歴:2000年に表現アートセラピーに出会い、自身の変化を身をもって体験したため、本来の自分を取り戻すためのツールとして表現アートセラピーをより多くの人に知ってもらいたいことと、より多くの人が自分の潜在力に目覚め、気づいていってほしいとの思いから、現在は京都府北部の古民家で自然と触れ合いながら、アートセラピーを含む幅広い体験のできる宿の経営とともに、月一のサロンなどの活動もしています。


■日時

ライブ配信:2023年3月21日(火・祝)10:30~15:00(途中休憩1時間30分)

アーカイブ視聴期間:2023年3月22日(水)~2023年7月31日(月)


■参加費

3,400円

・振り込み後のキャンセルは可能です。参加費の返金に応じます。

・システムの問題、急用、体調不良などで当日十分に視聴できない時でも返金します。


■オンライン開催  

ライブ配信はZoomを用いておこないます。また、セミナーの様子は録画しますので、アーカイブで視聴できます。


■参加資格  

臨床心理士、公認心理師、医師、心理職、カウンセラー、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、看護師、保育士、教師などの資格をもつ対人援助の専門家、大学院生など。表現アートセラピーに興味を持っていればどなたでも参加可能です。


■参加方法

参加希望者は以下の申し込みフォームから必要事項を記入して送信してください。


■臨床心理士更新ポイント

臨床心理士の更新のために必要な要件を満たしてないので、ポイントは取得できません。


■申し込み期日

ライブ配信に参加の方:2023年3月19日(日)まで

アーカイブ視聴を希望の方:2023年7月27日(木)まで


■主催

心理オフィスK( https://s-office-k.com


■セミナーの詳細

最新記事

すべて表示

ロールプレイで学ぶ、子供支援のコンサルテーション~必要な情報の聴き取りと、介入プランシートを活用した支援方法~

【セミナータイトル】 ロールプレイで学ぶ、子供支援のコンサルテーション~必要な情報の聴き取りと、介入プランシートを活用した支援方法~ 【概要】 本セミナーでは子供支援における保護者や教師へのコンサルテーションについて、大切な姿勢や聴き取りの流れをロールプレイでご覧頂く事で学んで頂けます。また、コンサルテーションで聞き取った情報を介入プランシートを活用した支援方法の方策の立て方を一緒に練習して頂ける

「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」

神戸学院大学心理臨床カウンセリングセンター主催フォーラムのご案内 テーマ「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」 テーマを「中長期的被災地支援について考える」とし、シンポジストに髙橋紀子先生 (臨床心理士・公認心理師)を迎えます。 髙橋先生は大学勤務を経て、臨床心理士として福島県で被災地支援活動を開始。 南相馬ひきこもり支援センター、非営利団体「桃の駅」を立ち

WISC-Ⅴオンライン研修会~ⅣからⅤの変更ポイントをおさえ、よりよい支援につなげよう~

研修主催団体: NPOフトゥーロ 研修内容: ●S.E.N.S更新2ポイント(Ⅵ 領域)対象研修 ●臨床心理士ポイント申請予定 臨床心理士のポイントについては臨床心理士教育・研修委員会規程別項 第2条(4)、およびオンライン研修にかかる運営要項(ガイドライン)に則って申請予定です。 *ただし、2024年6月現在、本オンライン研修が臨床心理士ポイント付与の要件を満たすかは明確ではないことをご了解いた

Comments


bottom of page