• 兵庫県臨床心理士会

オンライン認知療法セミナー2022~Dr.Beckに還る~のご案内

【オンライン認知療法セミナー2022~Dr.Beckに還る~のご案内】  2021年11月1日の早朝、Aaron T. Beck, M.D. はアメリカ・ペンシルベニア州のご自宅で穏やかに100歳の長寿を全うされました 。衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。  認知療法研究所では、哲学心理研究所の共催を得て、認知療法・認知行動療法に関心をお持ちの保健・医療・福祉・教育・産業保健の専門職の方々を対象に、下記の要領で『オンライン認知療法セミナー2022〜Dr. Beck に還る〜』を開催いたします。  今回の『オンライン認知療法セミナー2022〜Dr. Beck に還る〜』は、Dr. Beck を偲び、認知療法の原点に立ち返り、2020−2021年度とは異なる、全く新しい内容でお届けいたします。  初心の方はもちろん、すでに認知療法・認知行動療法を実践しておられる方にも、治療の基礎から学ぶことができるよう、プログラムを作成してみました。  奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。  なお、以下のサイトからセミナーの案内動画をご覧いただけます。 https://youtu.be/z2umMH1l7-E 日程   視聴可能期間 2022年11月1日〜12月31日 (約5時間の動画) 講師   井上和臣(内海メンタルクリニック・認知療法研究所)   若井貴史(長岡病院心理課・哲学心理研究所・認知療法研究所) 内容「Dr. Beck に還る」   第1部 Dr. Beck を偲ぶ/Dr. Beck の著作に学ぶ(井上和臣)   第2部 共同的経験主義/ソクラテスの質問法/認知とは何か?(若井貴史) 参加費   録画視聴   10,000円 主催   認知療法研究所 共催   哲学心理研究所 お問い合わせ   認知療法研究所(担当:井上和臣) kazuomi0304@gmail.com 注1:定員となり次第、締め切らせていただきます。 注2:全ての受講で臨床心理士の研修ポイント(2P)を取得できます。なお、ポイント取得のために、受講後、受講確認としてレポートの提出を求める予定です。

お申し込み  ↓↓ https://forms.gle/pdLfii6mdz48CMSo7 〆切:12月11日(日) 追伸 認知療法研究所のブログから学会情報等をお知らせします。   第22回日本認知療法・認知行動療法学会    https://utsumi-mcl.com/cbt/lecture/1177.html   第4回近畿認知療法・認知行動療法学会    https://utsumi-mcl.com/cbt/lecture/1154.html   認知療法の30年    https://utsumi-mcl.com/cbt/%E8%AB%96%E6%96%87%E9%9B%86/918.html 【哲学心理研究所のご案内】 サイト:https://philosophy-psychology.com/ Twitter:https://twitter.com/Josef_Dietzgen YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC8QKkUuJiw5QoO2ho1t3LXg



最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒