• 兵庫県臨床心理士会

ゲーム障害予防教育講座

企画概要 

 カウセリングスペースやどりぎでは、2019年4月の開所時より「依存症」という視点からゲームが日常生活に支障をきたしている児童生徒~成人(本人及びご家族)を主な対象として相談支援を実施しております。また、依存症の一次予防の観点から保護者向けにゲーム障害予防教育プログラムを作成・実施し、2021年4月には家族会を発足いたしました。

 この度、夏休み中の保護者及び支援者を対象に、ゲームについてより多角的な視点での話題を提供し、夏休み期間中の家庭内でのゲームを巡る親子の緊張感低減を目的に、福岡市との共催により予防的観点をもった連続4回の「ゲーム障害予防教育講座」を企画いたしました。

 今回の企画では各講師に、それぞれの専門性から「ゲーム×各専門性」を通して1時間程度ご講演をいただき、事前に募集する質問や当日のチャット内容をもとに質疑応答タイムを設けたいと考えております。詳細は、添付しておりますファイルにてご確認ください。 

 尚、この企画はコロナの感染状況を鑑み、Zoomを利用したオンラインでのライブ配信・オンデマンド配信とさせていただきます。

【共催】福岡市・福岡市精神保健福祉センター

【会期】

R3年7月23日(金)、7月30日(金)、8月6日(金)、8月20日(金)

【会場】オンライン・オンデマンド配信有

【問い合わせ先】

カウンセリングスペースやどりぎ

福岡市博多区吉塚1-39-11-1F

yadorigi@japanmac.or.jp

担当 谷川・萬福



最新記事

すべて表示

発達障害児者の情動調整への支援ー社会性と情動の学習(SEL)プログラムー実践・研究

本研修では、発達障害児者への効果も研究されており、発達障害児者の心理的支援等に関わる専門職としては、知っておくべき知識・技法である認知行動療法について、複数回に渡ってさまざまな先生をお迎えし、研修を行っていただきます。 第4回は2021年8月21日(土)に開催させていただき、発達障害児者の情動調整への支援ー社会性と情動の学習(SEL)プログラムー実践・研究をテーマに、山根 隆宏先生(神戸大学大学院