• 兵庫県臨床心理士会

コメディカルが知っておきたい向精神薬の基礎を学ぶ

大阪・京都こころの発達研究所 葉 主催

研修名:コメディカルが知っておきたい向精神薬の基礎を学ぶ

 精神保健の現場では、精神科や心療内科を受診し、向精神薬を服薬する患者ないしクライアントと関わることになりますが、コメディカルは診察以外の場面で、薬にまつわる悩みや相談を聞くことが少なくありません。また、精神科や心療内科にかかっていない方でも、将来的に受診や投薬治療が望ましいと判断される方々もおり、そうした方々には、服薬治療の予備知識や安心感をもつことのできるような情報の提供が、その後の治療に役に立つ場合があるように思います。  薬の処方や調整をするのは精神科医ですが、コメディカルもどのように薬が人体に作用するのか、その効用について知っておくことで、より適切な支援が行えるのではないでしょうか。しかし薬について医師から直接学ぶ機会はあまりないかもしれません。本研修では、精神医療において豊かな経験をもっておられる岡野憲一郎先生にお越しいただき、向精神薬の基本知識や臨床現場での実践についてご講義いただきます。また、事前に質問を受け付け、フロアとのやりとりも予定しており、直接、聞きたいことを聞く時間もあります。この機会に、ぜひご参加ください。 日時:2022年10月16日(日) 10時~12時(2時間) 講師:本郷の森診療所院長 岡野 憲一郎 先生  (精神科医/日本精神神経学会認定 専門医・指導医) 内容:10時~11時30分 講義    ・向精神薬の基本的な知識やその種類    ・処方に関する医師の視点    ・現場でクライアントに、服薬を勧めたほうが良い場合    ・副作用について知っておいてほしいこと    11時30分~12時 質疑応答 会場:ZOOMによるオンライン参加   (リアルタイム+2カ月録画視聴あり or 2か月録画視聴のみ) 対象者:精神保健に携わるコメディカルにまつわる国家資格有資格者、臨床心理士 参加費:2000円(両参加形態とも) 参加人数:250名(リアルタイム+録画視聴のみ) ※臨床心理士資格更新ポイントはつきません。 詳細:https://kokoro-you.com/2022/08/11/kusuri/

お申込み方法:https://you-info.jimdofree.com/




最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒