• 兵庫県臨床心理士会

サポチル精神分析的心理療法研修プログラム

認定NPO法人子ども心理療法支援会(サポチル) 精神分析的心理療法研修プログラムの二次募集を致します。  精神分析的心理療法の理論と実践を、少人数で多角的に学ぶ研修プログラムです。 今年度は、会場参加を前提としない、「オンラインのみの参加枠」を設けます(一部のプログラムを除く)。そのため、遠方にお住いの皆様にも参加していただきやすくなりました。  いくつか抜粋してご案内いたします。

①文献講読Ⅰ(平井先生/御池)は、応募者多数につき、2クラス開講することにいたしました。 ②初学者向け子どもの心理療法セミナーは、子どもの精神分析的な心理療法に関心があり、実践し始めたばかりの大学院生や臨床経験5年目くらいまでの方を対象としています。理論と実践をつなげるセミナーです。 ③文献講読Ⅲは、アタッチメント理論、神経科学、異文化研究などの視点から、遺伝と環境、トラウマ、ネグレクト、レジリエンスなどの重要なトピックを、古典から最新までの様々な研究例とともに学ぶ講座です。 ④心理療法のアセスメント(成人)は、クライエントにとって、この時点において心理療法が役に立つのか、役に立ちそうなら、適切な頻度や設定、治療目標は何か、セラピストや治療構造の限界なども見極めつつ判断し,合意に至ろるプロセスを学びます。 【主催】認定NPO法人子どもの心理療法支援会(関西)

【募集要項】添付ファイルをご覧ください。

【申し込み方法】 添付ファイルの申込書に必要事項をご記入の上、サポチル事務局(info@sacp.jp)までE-mailかFAX075-600-3238でお申し込みください 【締め切り】3月25日 研修スタッフ一同、皆さまのご参加を心よりお待ちしております。何かご不明なことなどがありましたら、お気軽に、サポチル事務局(info@sacp.jp)までお問い合わせください。


2021-22研修P 二次募集案内
.pdf
Download PDF • 378KB
二次募集申込用紙2021-2022年
.docx
Download DOCX • 26KB

最新記事

すべて表示

リカバリ―全国フォーラム2021『今こそ考えるピアサポート ~人と人とが支え合うことの意味~』

●~●~●~●~●~●~●~●~●~● リカバリ―全国フォーラム2021 『今こそ考えるピアサポート ~人と人とが支え合うことの意味~』 2021年10月16日(土)& 17日(日) オンライン開催 ●~●~●~●~●~●~●~●~●~●  リカバリー全国フォーラムは、当事者・家族・精神保健医療福祉関係者・市民などが、 立場の違いを超えて全国から集い、活発な議論を行う場として定着しています。  近

第13回 松木邦裕セミナー on the Web「精神分析は憎しみ(Hate)をどう考え、向き合うのか?」

第13回 松木邦裕セミナー on the Web 「精神分析は憎しみ(Hate)をどう考え、向き合うのか?」 今年も引き続き松木先生に学ぶセミナーを企画しました。コロナ禍は終わる気配を見せず、見通しのきかない不安な生活が続いています。その影響の実態をまだ私たちは見極めることはできません。 昨年の第12回セミナーでは「精神分析はネガティブ(負)とどのように向き合うか?」と題してセミナーを行いました。

愛着の視点から子ども支援を学ぶ-迷わない支援を目指す研修会-

「支えている人を,じゃあ誰が支えたらいいんでしょうね」本研修会の打ち合わせで,樋口先生はこう語られました。 少子化社会での虐待数増加,保護者/支援者の心理的孤立化など,子ども支援現場の課題は尽きません。今回は概念が一人歩きしがちな愛着について,専門性のある正しい知識,そして,先駆者の知恵と工夫をテーマにし,これまで学ぶ機会の少なかった支援職の方々に広く届けることを目的としています。児童養護施設の現