• 兵庫県臨床心理士会

サポチル関東主催子どもの精神分析的心理療法・臨床セミナー In 関東2022【申込締切延長のお知らせ】

【申込締切延長のお知らせ】

サポチル関東主催子どもの精神分析的心理療法・臨床セミナー In 関東2022 ご好評により、締切り期間を延長いたします。ご関心のある多くの方にご参加いただければと思います。

 7年目となるサポチル関東の臨床セミナーは、「子どもの精神分析的心理療法・再考ー今だからこそ振り返り、問い直し、改めて考えてみよう!ー」がテーマです。

 コロナ禍をきっかけとした対面での支援の中断に象徴されるように、私たちは今あらゆる現場で、従来の設定や治療的関係の持ち方について再検討する必要に直面しています。

 これまで「当たり前」とされてきたことの問い直しを通じて、子どもの精神分析的心理療法実践について、また広く精神分析的あり方の意義について、再発見・再発掘を目指します。


第1回 2022年4月10日(日) 13時~17時

「設定・再考 ―コロナ禍における分析設定の維持と修正」

講師:平井正三先生 (御池心理療法センター)


第2回 2022年6月12日(日) 13時~17時

「技法・再考 ―子どもが自己分析するということ」

講師:松本拓真先生 (岐阜大学教育学部)


第3回 2022年8月28日(日) 13時~17時

「協働関係・再考 ―子どもの心を育むための多職種連携」

講師:鈴木誠先生 (くわな心理相談室)


第4回 2022年10月9日(日) 13時~17時

「身体性・再考 ―感染予防対策下での心の接触をめぐって」

講師:飛谷渉先生 (大阪教育大学保健センター)


第5回 2022年12月11日(日) 16時~20時※時差の関係上、通常と時間が異なります。

「ローカリティ・再考 ―子どもの心理療法におけるローカリティ」

講師:西村理晃先生 (19 Bloomsbury Square Psychoanalysis and Psychotherapy/ロンドン医療センター/Camden Psychotherapy Unit)

★第5回の講義部分に限り、希望者には録画視聴が可能です。


第6回 2023年3月5日(日) 13時~17時

「乳幼児観察・再考 ―コロナ禍における家庭訪問による観察の意義」

講師:脇谷順子先生 (杏林大学保健学部)


詳細は、サポチルホームページ(https://sacp.jp/2021/12/26/1373/)をご覧ください PDF


【対象】臨床心理士、公認心理師、医師、それに準ずる専門家、大学院生・研修生

【定員】80名

【受講料】40,000円(全6回)

【会場】web会議アプリ「Zoom」によるオンライン開催

【申込方法】https://forms.gle/udb6UsWvRrBXrBoAA

【申込締切】2022年3月20日(日)

【問い合わせ】info-kanto@sacp.jp

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒